函館記念2021調教診断・上位3頭を選出

はしくれ

こんにちは、はしくれです

今週の函館競馬場では函館記念が開催されますが、滞在競馬で各馬追い切りは競馬場での消化となりました。

馬場によっては傷みもあるためにタイム比較は厳しいものですが、代わりに馬体の比重を高くし診断を行って参ります。

荒れる重賞の総本山的名物重賞となっていますが、そんな函館記念2021の調教を診断しましょう。

函館記念2021調教診断・上位3頭を選出

調教1位:カフェファラオ

<函館 芝 良 66.4-50.2-37.1-11.9 ほぼ馬なり>

今回1位に選出したのはカフェファラオと致しました。

同馬は今年最初のGⅠのフェブラリーステークスの勝ち馬で、芝の重賞参戦は電撃情報として伝わってきました。確かに戦績を見ても芝では一度も走っていない馬ですし、まして右回りではデビュー戦の勝利以外勝ち鞍がありません。

それでも1週前に稍重のウッドをしっかり追ってきましたし、今週型通りの良化を見せ、状態はむしろ良いと思います。前走かしわ記念敗戦後にまさかの芝とはなってはいますが、筋肉も柔らかい馬ですので適性は問題がなさそうです。

さらに追い切りでほぼ馬なりから4ハロン50秒2で駆けつつ、ラストも伸ばして11秒台計時という点も良く思えます。トモの張りも素晴らしく、出るからは勝利を目指していると見えますし、ただの賑やかしの参戦などと調教では思えないものでした。

調教2位:バイオスパーク

<函館 W 良 67.6-52.9-39.1-12.9 やや強め>

調教2位はバイオスパークです。

同馬は昨年初重賞での舞台が当レースとなりましたが、堂々3着に入り充実を感じさせる好内容でした。当レースはリピーターがそんなに活躍していない傾向ですが、これは枠順の良し悪しも有って一概には言えないところでしょう。

そんな同馬は軽快な走りで4ハロン52秒9からの、ラスト12秒9でキビキビと好感を得られる調教でした。特に全体のバランスに加え、かなりトモの張りが良く見えたので、これは当日パドックで見るのが非常に楽しみになってきました。

前年と違い重賞馬ですしハンデも2kg重くはなりますが、57kgという重さ自体、問題というわけではありません。ツヤも良く全体もきれいですし、走るフォームも崩れていないので、実績通り走れれば十分今年も通用してくれるでしょう。

調教3位:サトノエルドール

<函館 W 良 68.9-52.4-39.0-12.9 やや強め>

最後はサトノエルドールです。

同馬は前走時ルメール騎手が騎乗して優勝をしていますが、この巴賞勝ち馬は例年やや苦戦する傾向にあります。まして今回は電撃参戦、カフェファラオに鞍上を譲るなど、決して同馬にとっては追い風が吹いている状況ではありません。

しかしながら馬体面を見るならメンバー中トップクラスのトモで、張り良くツヤ良く、「はまり」も良く見せ、完成してきた馬体に見えます。実際は当日パドックの際、見極める必要があるのですが、走っているフォームを見る限りはここで挙げないわけには行きません。

ウッドコースで追い切られましたがタイムも水準にはあると見えて、4ハロン52秒4ならば上々の時計だと思われます。あとは中距離巧者の育成を大得意にする国枝厩舎が、どれほどの仕上げで臨んでくるか期待して待ちたいなと思います。

函館記念2021調教診断・おわりに

ダートGⅠ馬にリピーターとは…傾向的には追い風なしです

のりしお

はしくれ

そのうえ巴賞勝ち馬だしね
しかしそういった波乱の要素が必要な重賞でもありますね

のりしお

はしくれ

荒れるレースというのはすべからく、大勢とは違う結果だからね
とはいえカフェファラオはさすがに人気に推されるのではないでしょうか

のりしお

はしくれ

そうだね、人気は割れそうだけどね…

*函館記念2021のパドックロードも配信致します。プロの相馬師による相馬眼に今週もぜひご注目ください

また函館記念2021の関連記事はこちらから―

函館記念2021予想・本命はワールドウインズ

函館記念2021・今週の期待馬体

函館記念2021過去10年の傾向とイチオシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です