競馬小説「アーサーの奇跡」第2話 初馬券

前回までのあらすじ

 

初めての競馬場、初めての佐賀競馬。

匠の目を最初に捉えたのは、凛とした美しい女性でした。

その奥に不思議な雰囲気を持つ「アーサー」という名の馬に惹かれて

夢中で写真撮影していると、女性の面影は消えていました。

馬場へ出ていく馬たちを見送り、父の元へと向かう匠ですが…

競馬小説「アーサーの奇跡」第1話 夏のひかり

競馬小説「アーサーの奇跡」第2話

第2話 初馬券

 

匠は二十歳になったばかりだ。

馬券は一度も買ったことがない。

父・善男(よしお)との合流を果たすと、すぐに馬券の買い方を尋ねた。

 

「ねえ、父さん。馬券の買い方って…?買ってみたい馬がいるんだ。」

「おおそうか。ついにお前も、馬券を買いたいなんて言う日が来たか。どれ、どの馬だ?」

善男は少し目を見開いて、嬉しそうな口調で匠を見た。

 

匠は善男の手に広げられた競馬新聞に視線を落とすと

「これ」

と言って「アーサー」と名前の書かれている欄内を指差した。

 

「ほお。アーサーね…。ま、悪くはないか。生産は武内牧場…地元九州の牧場だな。能力検査はカーテンアップに大差で敗れて2着…。ま、相手が強かったってとこか。それならカーテンアップはどうよ。こっちの方が走るんじゃないか?ま、実戦向きの馬ってのもいるがな…。」

 

善男があれこれと話すあいだに

「間もなく発売を締め切ります」

とアナウンスが流れてくる。

 

匠は焦って善男に問い質し

善男も「すまん分かった」と言いながら

ポケットからマークシートを出して、千円札ごと匠に渡した。

 

「レース番号と買い目の式別、番号と金額を記入しろ。お前は何せ初心者だから、単勝にしておけ。まあ、勝つのは山本の馬だろうが、レースが見やすくなっていい。ほら、千円やるから、金額はそれで記入しろ。」

匠は言われるがままにマークシートの枠内をペンでなぞると、善男と連れ立ってスタンドにある発券機へと急いで駆けつけた。

 

そうして馬券を買い終えてすぐに、締め切りのベルが響き渡ると

善男の進むままにいざなわれて、ゴール板前へと歩み出ていた。

 

「やっぱゴール前は良いなあ、匠!」

興奮気味の善男に向かい

「父さんはどの馬を買ったの?」

と匠が尋ね返した。

「うん?そういうことは軽々しく教えるようなものじゃないんだ。何せ勝負の世界だからな。親子といえども馬券を手にする者はライバル同士でもある。何せお前の単勝馬券が、ゴールを過ぎたら紙切れになって、父さんの買った馬券の利益に還元されるかも知れないからな!」

善男が言うと

「嫌なこと、言わないでくれよ。おれ初めて馬券買ったんだから。まあ負けても父さんの金だから…ぶつぶつ…」

匠がうつむきながら言った。

「んん?最後の方が特に、何言ってるのかよく聞こえなかったぞ。負けても何だって?」

問い質す善男に苦笑しながら、手の中の馬券を見つめていると

平穏を破るように出走のファンファーレが大きく鳴り響いた。

 

「おお、始まるぞ!」

 

善男はさっとコースに向き直り、匠もいよいよかと顔を上げた。

スターターがトラックの荷台から赤い旗を挙げて台上に立つ。

ファンファーレが鳴り終わると各馬が一頭ずつゲートへ吸い込まれた。

 

「(緊張する)」

匠は思った。

 

次回予告

 

ついにスタートを切ったアーサー。

いきなりから波乱の展開!?

 

次回競馬小説「アーサーの奇跡」第3話 デビュー戦

前回:競馬小説「アーサーの奇跡」第1話 夏のひかり

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です