プロキオンステークス2021結果&馬体診断・優勝はメイショウカズサ

雷鳴。

突然の土砂降りに馬場も湿り、高速化した小倉のダートでは、雷鳴響く中でレコードでの決着になったGⅢ戦。

例年と距離・舞台も変化した難解な一戦になりましたが、前に行く馬たちで決着したプロキオンステークスとなりました。

3連単も190万を超える高配当になりましたが、そんなプロキオンステークス2021の結果を回顧します。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

プロキオンステークス2021着順

優勝馬メイショウカズサ

2着馬トップウイナー

3着馬メイショウウズマサ

プロキオンステークス2021予想&予想結果

本命◎ウェスタールンド

対抗〇ダノンスプレンダー

単穴▲ナムラカメタロー

買い目=単勝各100円&ワイドボックス各100円、計600円。

予想結果=不的中

プロキオンステークス2021予想・本命はウェスタールンド

パドックロード配信結果

▲3着→〇4着→◎7着→☆14着でした

パドックロード(2021)7月度会員募集&前月度実績

12番人気の▲メイショウウズマサは見抜けたのですが…

のりしお

はしくれ

他が来なくて残念だったね…

〇1着→▲2着→☆3着→◎15着

函館メイン五稜郭Sでは3着以内独占

プロキオンステークス2021結果・馬体診断

優勝馬メイショウカズサ

まず優勝馬メイショウカズサです。

今回のパドックでは仕上がりが平均的に高いこともあって、同馬は非選出としたのですが、仕上がり自体は好仕上げでした。ご覧の通り腹周りも絞れ、トモもパンとして幅がありますし、前肢も筋肉が付いてバランスもかなり良好な状態でした。

同馬に関しては3番枠も良い方に出ていたと思いますが、外のメイショウウズマサが行き切り、上手くペースもはまった感じです。湿った馬場も追い風に変えられ、近走結果は一息でしたが、松山弘平騎手も上手く乗り、素晴らしい初重賞勝ちでした。

2着馬トップウイナー

2着馬はトップウイナーです。

同馬は今回馬体が絞れて無駄肉なく引き締まった馬体で、スピード勝負にも対応できる下地を感じさせる仕上げでした。先行馬ですが胴が切れ長で瞬発力も感じさせる馬で、やや線が細く見えること以外、悪い点は見当たりませんでした。

結果的にこの部分も全く問題にならない結果でしたし、母父テイエムオペラオーに似たスレンダーな栗毛が好感です。馬場が締まったこともこの馬には確実に良いと思われますから、スピード優勢な馬体面から穴を開けたことも納得でしょう。

3着馬メイショウウズマサ

3着馬はメイショウウズマサです。

今回はメイショウ3頭出しでどうなるのかと思っていましたが、その3頭中で仕上がりからは最も同馬が良いと見えました。幅もあり特に絞れたお腹が非常にスッキリとして好感で、この点から選出馬の中には必ず入れたいと思わせました。

毛ヅヤもフワフワで雨を弾いてうっとりするような仕上げでしたし、齋藤騎手が外からしっかりと出て行ったことも奏功しました。おそらくこの点はチームプレーも加わってのことかと思いますが、安田厩舎らしい仕上がりにあり、3着も納得のつくりでした。

この中では特にメイショウウズマサの仕上がりが良く見えたんですね

のりしお

はしくれ

うん。これくらいなら次も走る

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。更に上を目指していけるように、全力で配信して参ります

プロキオンステークス2021結果・回顧

レース動画


レース後の感想

当レースは例年とは違って千四ではなく千七でしたし、開催も小倉になるなどとなり、傾向は無視して予想しました。改めて思うことは降雨量、これがかなり多めになったことと、直前で思い切り降ったことが予想の難度を更に上げました。

超高速馬場の前残りではセオリー通りの結果と思われ、これを推測できたらある程度「メイショウ」を買っていけたことでしょう。天気を読み切るのは至難ですが有り得ない結果でもありませんし、またひとつこれを糧に上昇を果たしていければなと思います。

はしくれさん、実はメイショウウズマサの単勝馬券を買いました

のりしお

はしくれ

外れたけどね。複勝で1000円か…

騎手のコメント

1着松山弘平騎手・・・「ここ3走ほど力を発揮できていなかったので、ようやくこの馬らしさを見せることができて良かったと思います。こういった馬場は合うと思いましたし、スタートは速い馬が居ましたので、行かせてそこで手応えよく、集中力を切らさず良く走ってくれたと思います。気持ちが切れてしまうことがあるので、それを切らさないように気をつけました。小倉の馬場の相性も良いですし、それを信じて乗りました。レコードですし、これから先も楽しみですね」

プロキオンステークス2021結果データ

勝ちタイム=1分40秒9(重・レコード)

前半800m通過=47秒4(推定)

ペース=ミドルペース(0秒1差・800m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=35秒5

レース上がり3ハロン=35秒9

4角通過順=1→6→8番手

おわりに

前半500m通過28秒9は想定より速く、中間タイムの落差は殆どないなど淀みのない流れでした。最後も上りがかからないために差し馬に出番はなかったですし、こうなると先行の固め打ちが正解になるという結果でした。

レコード決着になっていますし力量も問われるところでしたが、雷鳴轟く雨の降り方も結果に影響したと思います。直前まで稍重馬場でしたし、後続は泥を被っていたので、天候にかなり影響を受けたそんなプロキオンステークスでした。

またパドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。今一歩上昇を成し得るよう頑張って参りたいと思います。

はしくれ

ご声援ありがとうございました
ありがとうございました

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です