マリーンステークス2021結果&馬体診断・優勝はスワーヴアラミス

激戦。

前走からハンデ減で臨んだ3番人気スワーヴアラミスが、オメガレインボーをハナ差退け優勝したマリーンステークス。

前走からの微妙なハンデ差が如実に表れた格好ですが、重賞馬の底力を発揮し1年半ぶりに勝利しました。

馬体面も素晴らしく状態は間違いなく良かった同馬ですが、そんなマリーンステークス2021の結果をお伝えしましょう。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

マリーンステークス2021着順

優勝馬スワーヴアラミス

2着馬オメガレインボー

3着馬ダンツキャッスル

マリーンステークス2021予想&予想結果

本命◎ローザノワール

対抗〇スワーヴアラミス

単穴▲オメガレインボー

買い目=単勝&複勝◎〇▲各100円、計600円。

予想結果=的中・単勝740円、複勝240円・260円

マリーンステークス2021予想・本命はローザノワール

パドックロード配信結果

◎1着→▲2着→〇12着→☆13着ワンツー選出となりました

パドックロード(2021)7月度会員募集&前月度実績

本命馬が見事優勝でした。パドックで精度が上がりましたね

のりしお

はしくれ

状態面がモノを言った
ブログ予想でもスワーヴアラミスの馬体の良さに触れていましたが

のりしお

はしくれ

案の定バランスは抜けていたね。この部分がこの馬の良さだしね
早速診断をお願いします

のりしお

はしくれ

うん!

*昨年の七夕賞は〇☆◎で3着以内独占

マリーンステークス2021結果・馬体診断

優勝馬スワーヴアラミス

まず優勝馬スワーヴアラミスです。

同馬は持ち前のバランスの良さ、骨格の確かさが秀でていて、無駄な肉もなく前走時からも上昇を感じた仕上がりでした。間隔が空いているレースよりも詰まっている方が走るタイプで、馬体面も型通りに良化し、本命抜擢と相成りました。

トモの面積も広く輪郭もはっきりとした好調を現し、腰もパンとして胴回りからは内臓の充実も感じました。伸びやかな馬体の馬でカーブのきつい函館は少々不安も、前肢が発達して舵を切れる操縦性も感じる馬体です。

落ち着きもあって指示に的確に従う状態にありましたから、折り合い面から見ても期待度は高い一頭と思っていました。ハンデも前走より減りましたしこの点は接戦にも影響し、力を出し切れる総合的な好調にあったと見て良いでしょう。

2着馬オメガレインボー

2着馬はオメガレインボーです。

同馬は無駄の無い馬体面からすぐに好感を持った馬ですが、前走時より更に締まっていて肉付きも良くなったと思います。バランスも優れた馬で今後も活躍してきそうな馬ですから、ここでしっかり把握できたことは財産になるのではないでしょうか。

特に背腰の張りが顕著であり、真っすぐな体幹を持った馬で、トモも外郭がしっかりしておりかなり瞬発力がありそうです。こうしたタイプはどんなコースでも一定以上走ってきますから、函館に限らず他のコースでも楽しみが広がる存在でしょう。

気性的にも従順で折り合うタイプと感じる周回でしたし、馬自身が出す自信たっぷりな落ち着きにも好感を持ちました。スラリとしたタイプでこれくらいの馬体重がピッタリな馬ですし、成長としては現在旬にも感じられる仕上がりに思えます。

3着馬ダンツキャッスル

3着馬はダンツキャッスルです。

今回最も悔しかったのは同馬を非選出に決めたことで、3着入線でやはりこちらを上位に見ていればと思いました。中継角度が悪く判別に支障がある状態だったために、迂闊に手を出すことはできないと判断した影響となりました。

しかしながら馬体面は前走優勝時とほとんど遜色なく、バランスに秀でた好仕上がりで肉付きも良く旬の状態です。コロンとした丸みからはこうした小回りコースが向いていますから、北海道シリーズは同馬には走りやすい舞台とも言えましょう。

トモも張りがあり中身が詰まって濃さを感じられる状態ですし、アウトラインがはっきりとしていて丸くツヤツヤに光っていました。この状況さえ維持していければ十分次走も走りそうなので、あとはハンデとの兼ね合い次第で結果は動いてくると思います。

ワンツーフィニッシュはお見事でした

のりしお

はしくれ

ありがとう。また狙っていくからね

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。更に上位を埋め尽くせるように、これからも挑戦して参ります

マリーンステークス2021結果・回顧

レース後の感想

今回は前半500m29秒6のハイラップで、全くデータ予想時は想定していなかった結果となりました。正直かなりスワーヴアラミスの状態面が良かった今回は、差してきたオメガレインボーにとり、大きな障壁になったはずです。

また外枠から1番人気のタイムフライヤーが2番手につけ、まさかのローザノワール封印の一手を打ったのも驚きでした。馬体は仕上がりが良かったですし、差しても問題ないはずですから、ルメール騎手がどうしてあのような行動に出たのかは分かりません。

パドックは見抜けていれど、データ予想としてはかなり運の成果で、的中しながらも気持ち的には不思議な思いをするレースでした。

単勝買っといて良かったですね

のりしお

はしくれ

うん。まったくその一事に尽きる

マリーンステークス2021結果データ

勝ちタイム=1分43秒7(良)

前半800m通過=47秒5(推定)

ペース=ハイペース(2秒7差・800m比較:推定)

勝ち馬上がり3ハロン=37秒9

レース上がり3ハロン=38秒1

4角通過順=3→3→6番手

おわりに

今回は上半期回収率50%と低かったので、得意の単複に戻し様子を見ようと思ったのが当たりました。攻める姿勢を残しつつ夏場は特にオッズも妙味があるために、単複での的中は十分に成績向上に寄与するでしょう。

やはりなんというか自分自身が扱いなれている馬券種からは、こういった結果が出やすいのだと改めて感じられた次第です。あまり的中がないと楽しみも半減してしまうところですので、これからは少し単複多めに切り替えてみようかなと思います。

またパドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。明日も真剣勝負でお楽しみいただけるよう頑張っていきます。

はしくれ

これからもよろしくお願い申し上げます
よろしくお願い申し上げます

のりしお

*明日の2重賞予想は

七夕賞2021予想・本命はクレッシェンドラヴ

プロキオンステークス2021予想・本命はウェスタールンド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です