ラジオNIKKEI賞2021過去10年の傾向とイチオシ

はしくれ

こんにちは、はしくれです

いよいよ夏競馬となりましたが、今週の福島競馬場ではラジオNIKKEI賞2021の発走が近づいております。

昨年はバビットが優勝して鮮やかな逃げ切りを見せましたが、開幕週の馬場を考えると今年もインの前が良さそうです。

現状登録馬のなかに3頭ほど逃げそうな馬が見えますが、この兼ね合いは枠順確定後、精査することが望ましいでしょう。

文末では過去の傾向からも最も注目するイチオシ馬を、ピックアップして参りますのでどうぞごゆっくりとご覧ください。

ラジオNIKKEI賞2021過去10年の傾向

ラジオNIKKEI賞2021・過去10年3着以内傾向

①最多好走枠2枠(黒)=7年9頭2勝(全30頭中)

➁苦戦枠(1頭以下):4枠(青)=0頭

前年3着以内リピーター:馬齢戦のためなし

④牝馬:1頭(0勝)

⑤3歳馬:限定戦

⑥人気:1番人気6頭・2番人気4頭・2番人気2頭・4番人気1頭・以下17頭

⑦好走騎手(3回以上):戸崎圭太騎手4回(2勝)

⑧ハンデ:52~56,5kg

⑨走破タイム:良=1分45秒9~1分47秒9、稍重=1分47秒3、不良=1分49秒8

⑩好走厩舎(3頭以上):上原博之厩舎3頭(0勝)

⑪最速上がり3ハロン計時馬8年9頭4勝

⑫馬体重:418~528kg

⑬4角5番手以内:18頭(7勝。うち逃げ馬は3頭1勝)

⑭好調種牡馬(3着以内入着回数:4頭以上):ディープインパクト7頭(3勝)

⑮好走ローテ(前走。リピーターも単年計算):重賞経由7頭(主な前走=NHKマイルC3頭、日本ダービー・オークス・青葉賞・京都新聞杯各1頭)、オープン8頭(プリンシパルS4頭、白百合S4頭)、2勝クラス3頭、1勝クラス12頭(早苗賞2頭2勝)

⑯前走後間隔中1週~3か月=30頭

前走人気:18番人気以内

⑱前走最低着順馬:2015マルターズアポジー3着=プリンシパルS17着

⑲ペース:ハイ2、ミドル7、スロー1

枠順確定前のイチオシ

ラジオNIKKEI賞2021過去10年の傾向から、枠順確定前のイチオシは…

プレイイットサム

今回のラジオNIKKEI賞では逃げ先行馬の存在が多く、開幕馬場であることも踏まえて、前は流れると考えられます。こうなると単に行くだけではなく、控えて行けるセンスが必要で、前走でそれをクリアして見せた同馬なら不安は少ないでしょう。

4角でまくって行ける理想の脚質も持ち合わせている上に、デビュー3戦で上がり最速が2回で他も2位の成績です。デビューからまだ半年のキャリアでこれだけの走りができていますし、大柄な馬体からも十分な力を感じられる素質馬です。

過去の勝ち馬に500kg超えの馬も2頭出ているレースですし、母父ディープインパクトでもあり、血統面からも優勢でしょう。ミルコ・デムーロ騎手の騎乗による連戦も好感が持てますから、右回り勝利後の余勢を駆り、一気の制覇も夢じゃないでしょう。

*ラジオNIKKEI賞2021の予想はラジオNIKKEI賞2021予想・本命はボーデン

いよいよ7月が開幕ですが、はしくれさんは宝塚記念を本命1着でまわりましたね

のりしお

◎1着→〇3着→☆5着→▲8着

はしくれ

嬉しかったし、ほっとした
色々修正をかけて自信を持って臨んだ一戦だったとか

のりしお

はしくれ

うん。でもとにかくクロノジェネシスは仕上がりが凄く良かったからね
この一戦も未来へと繋がる活躍馬に出会いたいところです

のりしお

はしくれ

そうだね、とても楽しみにしてる

以上ラジオNIKKEI賞2021の過去傾向とイチオシでした。あとは枠順が確定してから精査することをおすすめします。またラジオNIKKEI賞2021のパドックロードも配信します。プロの相馬師による診断にもご注目下されば幸いです。

はしくれ

それでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です