エプソムカップ2021予想・本命はアルジャンナ

Cコース。

春のGⅠ開催が終わって今週は名物重賞であるエプソムカップ2021が東京競馬場で開催です。

ダービーから6日間使われたCコースも最後の使用となり、既にインを開けて使われていることから更に内は荒れそうです。

馬群が膨らむことも考慮して予想を展開したところですが、そんなエプソムカップ2021の予想を公開致しましょう。

はしくれ

ミドルスローからの差し合いと見た
スパートのタイミングが鍵ですね

のりしお

エプソムカップ2021予想・印&買い目

本命◎アルジャンナ

対抗〇ファルコニア

単穴▲ヤシャマル

特注☆マイラプソディ

買い目=ワイドボックス各100円、計600円。

◎2着→☆3着→〇4着→▲10着

*安田記念も馬券内2頭。新馬戦も好調配信

エプソムカップ2021予想

本命◎アルジャンナ

本命◎はアルジャンナです。

まず今回の一戦の予想は先団から中団の隊列が、凝縮してごった返す団子状の隊列さえ想定されます。速いペースで逃げる馬もおらず、好位差しの脚質が多いので、序盤はどうしても位置争いが激しくなるのではと思われます。

またこれにCコースも6日目でインを避けて通る傾向からも、外枠馬にとり距離ロスの多い競馬になることも予想されます。馬群凝縮でロスが多いのは最後の切れの鈍りになりますし、溜めて弾ける競馬と見るならば外枠馬は避けたい心境です。

そこで週中コラムでも取り上げ、末脚が武器にできるキャラである、ほど良い中枠を引き当ててきたアルジャンナを本命に据えました。同馬を管理する池江泰寿調教師は過去10年で見ても、4頭の馬券内馬を輩出、得意にしている舞台であります。エプソムカップ2021過去10年の傾向とイチオシ

調整としては同馬は今週、ほぼ馬なりで好タイムを出して、調教診断でも首位評価をしたほど状態も良く見えました。ここにきて馬体面の充実もさることながらルメール騎手ですし、人馬一体が可能になるのは想像に難くない存在です。エプソムカップ2021調教診断・上位3頭を選出

対抗〇ファルコニア

対抗〇にはファルコニアです。

同馬はこれまで重賞勝利は一度もない馬ではあるのですが、その高い素質で京都新聞杯3着の実績があります。前に行っても一脚が使えてギアチェンジにも対応が可能で、騎手も川田騎手が騎乗するなど鞍上面も強力な馬です。

特にこの川田騎手の騎乗には、ダービー3着の経験があるヴェロックスよりもこちらを選んだ選択の妙は捨てがたいでしょう。同じようにダービーで6着のガロアクリークもいるわけですし、ファルコニアに懸ける期待のほどは推して知るべしと言ったところです。

川田騎手のこうした判断には先週のダノンキングリー然り、しっかり上位確率が高いと踏んだ馬が優勢と見られます。リーディング上位の騎手はこうした選択ミスは殆んどしませんし、ましてテン乗りでさえ間違わずにGⅠを獲れた好判断です。上手い騎手とは何か

運も味方しているところですし、枠もアルジャンナの隣に入り、他馬を見ながら位置を取って行ける絶好のポジションだと思います。好位脚質が多数でレースの動き出しが多少早くなっても、それなりに長く脚を使うので対抗評価に抜擢します。

単穴▲ヤシャマル

単穴▲はヤシャマルです。

同馬はここまで3戦連続勝利で勢いを駆っていますが、そのどれもが東京競馬場で現在6連対としています。東京の1800mは2-1-1-0の得意舞台で、この点でライバルたちを退け戴冠する下地はありそうです。

これまでの戦績を確かめると半数が上がり2位以内であり、ペースアップに対応することは可能という数字が見て取れます。そしてこの結果からも末脚が切れるタイプなのかと思いますが、実際のレースでは多少なりと騎手が促さねばならぬようです。

前走の府中ステークスにしろ、後半800m地点で、既に騎手が押し上げても直線エンジンがかかりきりませんでした。代わりに後方から更に切れた2着馬にいざ並ばれるとなると、長く良い脚を使ってバテずに最後も差を広げる走りでした。

スローペースも問題ないですが今回のようにごった返しての、競り合いになれば前走のような走りが活きるのではと思います。鞍上も変わらずの木幡騎手でこうした馬は得意な騎手なので、得意舞台で勢いもあるなら無印にはできない存在です。

特注☆マイラプソディ

特注☆はマイラプソディです。

同馬はデビューから3連勝で非常に注目された馬ですが、その後は勝ち星を挙げることなく現在まで至った戦績です。しかし前走ではついに2着と復活の兆しも見られましたし、ここでは最内枠の1枠で馬番2番からのスタートです。

今回の馬場は先述の通りCコース6日目の馬場ですから、基本的にはインを避けて通る展開が予想されるところです。それでも敢えてここに選んだのは、膨れやすい外枠の馬よりも、インで脚を溜めて差し込んでくるイメージが描ける馬だからです。

こうした騎乗には馬を把握し勝負所まで我慢していける、武騎手のような経験からくる高度な判断が求められます。更に馬自身にギアチェンジの対応力も必要になるので、上がり上位の脚を弾き出せる素質の高さも求められましょう。

その2点をクリアしていることや、騎手の目が内目には向かないこと、凝縮スローのヨーイドンならばロスの無いことも有利になります。多少動き出しが早まることも内が開いていれば追い出せるので、重賞を獲った叩き3戦目のローテにも期待するところです。

エプソムカップ2021買い目

今回は人気も割れそうですし、堅軸と言える馬もいないので、ワイドボックスで重複を狙い的中重視で購入します。

ワイドボックスの各100円で、計600円で買っていきます。

エプソムカップ2021当日のパドック予想

はしくれさんはもうひとつの重賞、函館スプリントステークスでは連続で複数頭が来ていますね

のりしお

◎1着→▲3着→〇6着→☆7着

▲1着→〇2着→◎3着→☆5着

はしくれ

ダイアトニックは素晴らしかったね。タワーオブロンドンも良かったしね
実はおととしは3着独占、結構得意なレースなんですね

のりしお

はしくれ

ここも良績を挙げていきたいし、エプソムカップでも狙っていく

エプソムカップ2021は6月13日(日曜日)、東京競馬場第11レース15時45分発走です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です