函館スプリントステークス2021調教診断・上位3頭を選出

はしくれ

こんにちは、はしくれです

今週日曜はダブル重賞、札幌競馬場は開幕戦、函館スプリントステークス2021が発走となります。

北海道開催の重賞は現地入りが基本となりますから、多くの馬が札幌競馬場を使い調教を行いました。

トレセンと違い調教コースも限られるなかでの調整ですが、函館スプリントステークスの調教診断を実施致します。

函館スプリントステークス2021調教診断・上位3頭を選出

調教1位:カレンモエ

<札幌 芝 良 53.4-37.7-11.9 ほぼ馬なり>

今回1位に選出したのはカレンモエと致しました。

同馬はオーシャンステークス以来3か月ぶりとなるレースですが、これまで休み明けの3戦でも0-2-1-0と気を吐きました。前に行ってスピードを持続する能力に非常に長けたタイプで、今回も人気が想定される馬券外も一度きりの馬です。

1週前の調教が栗東坂路で52秒3を出して、ゴール前一杯に追ったことと、好タイム両面が好感です。かなり強い負荷が掛けられたうえ今週も馬体は細く感じず、柔軟な馬体を保ったままの調教ができていると思います。

その今週は札幌の芝での追い切りを消化した同馬ですが、ほぼ馬なりでラストも伸びてきて11秒9を計時しました。芝コースといえ12秒を切る切れ味が自然と発揮できれば、状態面はかなり良いと見ても問題ない調教に思えます。

調教2位:ジャスティン

<札幌 芝 良 56.7-40.3-11.8 馬なり>

調教2位はジャスティンです。

同馬は前走ゴールデンシャヒーンで意欲的に海外挑戦、結果は11着とは言っても、強敵相手によく走りました。カペラステークスで58kgハンデを背負いながら先行しつつ、しっかり重賞を勝った馬体は今回も衰えは見られません。

前走から2か月以上開いたローテーションも悪くはないですし、1週前の調教から見ても、帰国後の問題はなさそうです。その1週前は栗東坂路52秒2という好タイムを、ほぼ馬なりで出し隣の馬をあおるほどの勢いを見せました。

この調教を消化した今週、札幌に入り芝を確かめて、ラスト11秒8のタイムを馬なりであっさりマークしました。先週きちんと追い切られていて理想的な調整過程ですし、戦績がダート集中と言えど侮れない一頭と言えましょう。

調教3位:シゲルピンクルビー

<函館 W 良 69.4-54.6-40.4-12.4 馬なり>

最後はシゲルピンクルビーです。

同馬は前走の桜花賞では16着に終わっているものの、一つ上の15着に敗れたソングラインはGⅠ2着です。このNHKマイルカップではシュネルマイスターが優勝をして、安田記念でも3着するなど対戦比較からも優勢です。

勝つか負けるかがはっきりしている戦績は距離が原因と思え、詰まった胴と肉付きの良さから短距離の方がより走るでしょう。同馬は追い切りはウッドを走り、函館でこなした内容ですが、馬なりでやや抑える手応えで好調を感じる調教でした。

阪神競馬場以外一度も走ったことがないのは不安でも、状態面に不安が無いことは今度の追い切りからも察せます。右回りですしカーブも大きく函館よりは慣れやすくも思え、仕上がりの良さそうな馬体からも3位評価に抜擢致します。

函館スプリントステークス2021調教診断・おわりに

はしくれ

カレンモエは久々もここにきて、非常に好調を感じさせる
夏は牝馬の格言もあります

のりしお

はしくれ

これは結構生きた理論だよね
なぜそのようになると思いますか

のりしお

はしくれ

馬体の仕上げやすさではないかな。牡馬よりは小柄な馬も多いし
はしくれさんも夏バテなさらなぬよう

のりしお

はしくれ

既に暑い日はうだってるけどね…

*函館スプリントステークス2021のパドックロードも配信致します。プロの相馬師による相馬眼に今週もぜひご注目ください

また函館スプリントステークス2021の関連記事はこちらから―

函館スプリントステークス2021予想・本命はカレンモエ

函館スプリントステークス2021・今週の期待馬体

函館スプリントステークス2021過去10年の傾向とイチオシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です