NHKマイルカップ2021結果&馬体診断・優勝はシュネルマイスター

接戦。

桜花賞15着から臨んで先頭に出たソングライン目がけ、一心不乱に馬体を併せたシュネルマイスターとルメール騎手。

3歳クラシック路線を捨てて照準を絞った執念すらも、全てぶつける走りで堂々のハナ差で優勝をもぎ取りました。

外国産馬でドイツ生産のノーザンファーム産の同馬ですが、名前通り「スピードの名人」の走りを回顧したいと思います。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

NHKマイルカップ2021着順

優勝馬シュネルマイスター

2着馬ソングライン

3着馬グレナディアガーズ

NHKマイルカップ2021予想&予想結果

本命◎バスラットレオン

対抗〇シュネルマイスター

単穴▲タイムトゥヘヴン

買い目=単勝◎〇▲各100円、馬連ボックス各100円、計600円。

予想結果=的中・単勝370円(トリガミ)

NHKマイルカップ2021予想・本命はバスラットレオン

パドックロード配信結果

☆1着→〇3着→▲7着→◎中止でした。

パドックロード(2021)5月度会員募集&前月度実績

はしくれさん…まさかのスタート直後の落馬とは残念ですね…元気出してください

のりしお

はしくれ

過呼吸で死ぬかと思った…こんなんなるとは
トリガミですけど地味に単勝もかろうじて当たってるじゃないですか

のりしお

はしくれ

はあ、はあ、み、水
すみません、今ポテチしかないです…

のりしお

はしくれ

ぐはっ

NHKマイルカップ2021結果・馬体診断

優勝馬シュネルマイスター

まず優勝馬シュネルマイスターです。

同馬は前走と状態的に変わらない仕上がりにありましたが、相変わらず腹目がポコッと出た腹袋の目立つ仕上がりでした。柔軟で良質な筋肉から無印にはできないところですし、全体的なボリュームがあるのでやはりマイルの距離が合っています。

外国産馬でノーザンファームの生産馬とはいえ馬体的には、やはりやや見慣れない馬体にあり、縦の比較に頼るところでした。基本的に横の比較が常に重要視されるパドックにおいて、こうした「引き出し」に頼ったことは経験が必要なところでした。

それだけ本命に推したバスラットレオンが良いと思われましたし、パドックの真価の確かめようがない一戦となってしまいました。ただ同馬はまだ若い馬ですし、それでGⅠを勝ったこともあり、やはりかなり非凡なものを持った能力のある馬だと思います。

2着馬ソングライン

2着馬はソングラインです。

同馬は前走の桜花賞時にパドックで印を回しましたが、それくらい良く見えながら15着の結果が頭をよぎりました。シュネルマイスターの判断からも前走の比較を考えたので、より上昇が顕著に見えていたアナザーリリックを指名しました。

このあたり揺さぶりが大きかったパドックでの評価となりましたが、仕上がり自体は桜花賞の際、良いと思った通りのものでした。やはりかなり素質の高い馬で牝馬らしく腹目が絞れていて、非常に瞬発力を思わせる可動域の広い仕上がりでした。

トモも張って毛ヅヤも光っており、充実した仕上げにありましたが、東京の長い直線は特に適性の高い馬体にあります。前走阪神の外回りでは不完全燃焼となりましたが、見事な巻き返しは驚けない結果になったなと思っています。

3着馬グレナディアガーズ

3着馬はグレナディアガーズです。

同馬は今回前走時よりも張りが良くなり上昇しましたが、本命に推すにはまだ緩いかと判断して対抗評価でした。これが的中して輪乗りの際は白い汗も目立つところでしたし、これで3着ですから相当に地力は高い馬だと思います。

ノーザンファームらしいバランスから中内田調教師の腕により、すっきりと馬体を見せているのも非常に好感も持てるものです。同馬の父フランケル産駒には厚ぼったくなる馬が多いので、こうした軽さを出せる管理者がいることは追い風になるでしょう。

あと望むべくは同馬の馬体が全体的にまだ小さいために、どうしても馬格のある筋肉の多い馬に狙われてしまいます。人気を背負ってからの連敗にはこのあたりの影響もありますし、もう一段の成長を遂げれば秋も楽しみはある馬でしょう。

ところではしくれさん、シュネルマイスターの奥の手、もうご覧になりました?

のりしお

はしくれ

ぶつぶつ…落馬が…落馬が…
これでも見て元気出してください

のりしお

はしくれ

…こ…これは…!
これぞGⅠのための「奥の手」。これを見抜く高みを目指すんでしょ?

のりしお

はしくれ

う…うん…?で、できるかな…。とにかくこの馬…ただ者じゃない…!

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。これからも皆様とご一緒に感動を追い求めて参ります。

NHKマイルカップ2021結果・回顧

レース動画


レース後の感想

今回はブログ予想もパドック予想もバスラットレオン本命で、スタート直後に殆んどのことが終わってしまう事態になりました。非常に悲しいですしガックリと肩を落とす結果となりましたが、シュネルマイスターの勝利自体は今後の糧にもできるものでした。

2着に来たソングラインにしても最後内にささったようにも見え、このあたりが前走右回りで敗れた原因かもしれません。タイム自体も馬場が良いですから、やはり速いタイムになりましたが、着差をつけた2頭の走りには拍手を送りたいなと思います。

ソングラインも強かったですね

のりしお

はしくれ

速い時計も出していたからね

騎手のコメント

1着C.ルメール騎手・・・「勝つことができて嬉しいです。馬にプレッシャーをかけたくなかったので、流れに合わせました。スタートも良かったし、呼吸も良かったです。エンジンかかるまでに時間がかかりましたが、前に池添さんの馬がいたので丁度いい目標になりました。その2着馬が最後ちょっともたれたので、勝つことができました。まだ子供っぽいですが能力は絶対ありますので、もっとパワーアップしたらハイレベルな勝ち方ができるはずです」

1着手塚貴久調教師・・・「ほっとしました。チャレンジでしたから、結果が出て良かったです。馬体重は変わりませんでしたが、体が締まっている印象はありました。レースはルメール騎手にお任せでしたので、レース前には何も話はしていません。スタートはまずまず出てくれました。道中は考えた通りの位置でしたが、レースのペースが速く、手応えに少し余裕がないのかなと思いました。それでも騎手のアクションに応えてくれる馬なので、最後は伸びてくれるだろうと思っていました。ソングラインの2着かなとも思いましたが、最後の一完歩で届いてくれたと思います。ドイツ産で日本にない血統の馬ですが、GⅠを勝てたことは、この馬の未来にとって明るいことです。このレースが春の最大の目標だったので、今後はオーナーと相談して決めますが、まだ完成されていない体つきで、少しゲートの中でチャカついていたくらいで、大人になり切れていないところも有るので、将来に向けて楽しみは大きいと思っています」

2着池添謙一騎手・・・「返し馬の感じはフットワークがキビキビしていて、牧場から厩舎でしっかりケアしてくれたのが伝わってきました。いい状態でレースに向かえました。レースでもいいポジションを取れましたし、3コーナーで外に振られるロス以外は上手くいきました。最後の直線で一旦は抜け出しましたが、最後の最後に左手前に戻してそこから苦しくなりました。ハナ差だけに悔しいですが、この馬は力のあるところは見せられました」

2着林徹調教師・・・「桜花賞の結果15着は結果として、今日はこれだけワクワクできる競馬をしてもらって、池添騎手に感謝しかありません。この結果でこれから責任重大になると思いますが、頑張っていきたいです」

3着川田将雅騎手・・・「馬場を選んで走らせるプランでした。いい状態で競馬を迎えることができてレースでもよく辛抱して走ってくれました。よく1600mでも頑張ってくれました」

NHKマイルカップ2021結果データ

勝ちタイム=1分31秒6(良)

前半800m通過=45秒3

ペース=ハイペース(1秒0差・800m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=34秒0(2位)

レース上がり3ハロン=34秒7

4角通過順=9→7→2番手

当日のクッション値(午前7時)=9.2(標準)

おわりに

今回は新潟大賞典でパドックの本命の馬券内が、重賞で連続6戦となり、楽しみにしていた一戦でした。バスラットレオンは仕上がりも良く、本来スタートも上手ですから、どれだけ前で粘り込めるかなと思っていただけに残念でした。

とはいえかろうじて馬券も当たり、パドックでも上位3位以内に、2頭がきちんと入着していてこれ自体はほっとするところです。ドイツ産馬であるシュネルマイスターの今後に注目したいですし、どの時点で緩さが抜けてくるか、きっちり見極めたいと思います。

いつもはしくれを信じて下さり、配信を心待ちにしてくれる、パドックロードの会員様には改めて感謝を申し上げます。天災に近い敗戦でしたが、めげずに自分を貫きますので、今後もご一緒にパドック道を歩んでいただければ幸いです。

そして今ご覧下さるあなたが、ワクワクする週末にできるよう、ブログ予想も全力投球で挑戦していきたいと思います。

はしくれ

ブログをご覧の皆様へ、心より感謝申し上げます
ありがとうございました

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です