天皇賞春2021過去10年の傾向とイチオシ

はしくれ

こんにちは、はしくれです

5月最初の日曜日は無観客での開催が既に決まった、天皇賞春2021が阪神競馬で行われます。

当レースの前哨戦・阪神大賞典では不動の評価の、アリストテレスが7着に敗れ混戦ムードが高まっています。

1994年以来実に27年ぶりとなる、阪神開催のこの一戦も傾向を確認していきましょう。

文末では傾向的に最も注目されるイチオシ馬も、ピックアップして参りますのでどうぞごゆっくりとご覧ください。

天皇賞春2021過去10年の傾向

天皇賞春2021・過去10年3着以内傾向

*過去10年は全て京都競馬場での開催です

①最多好走枠:1枠(白)=5年6頭4勝(全30頭中)注:近4年馬券内なし

➁苦戦枠(1頭以下):5枠(黄)=2019グローリーヴェイズ2着のみ

前年3着以内リピーター:5頭

④牝馬:0頭

⑤3歳馬:4歳以上

⑥人気:1番人気4頭・2番人気6頭・3番人気5頭・4番人気4頭・以下11頭

⑦好走騎手:武豊騎手4回(2勝)

⑧ハンデ:定量

⑨走破タイム:良=3分12秒5~3分16秒5、稍重=3分20秒6(2011のみ)

⑩好走厩舎(3頭以上):藤原英昭厩舎3頭

⑪最速上がり3ハロン計時馬:7年7頭3勝

⑫馬体重:446~536kg

⑬4角5番手以内:21頭(7勝。うち逃げ馬は1頭1勝=2016キタサンブラック)

⑭好調種牡馬(3着以内入着回数):ステイゴールド5頭(3勝)

⑮好走ローテ(前走。リピーターも単年計算):全馬重賞経由(主な前走=阪神大賞典10頭、日経賞7頭、大阪杯6頭、京都記念2頭、JC・有馬記念・ドバイWC・AJCC・ダイヤモンドS各1頭)

⑯前走後間隔:中2週~3か月=27頭、4か月以上=3頭(有馬記念・日経新春杯)

前走人気:11番人気以内

⑱前走最低着順馬:2018年2着シュヴァルグラン=大阪杯13着

⑲ペース:ハイ3、ミドル2、スロー5

枠順確定前最注目馬

天皇賞春2021過去10年の傾向から、枠順確定前の最注目馬は…

ワールドプレミア

前哨戦に2番目に優位な日経賞を3着としていて、そこで上がり最速をマークして勝ち馬とコンマ1秒圏内。ハンデ差を4kg与えたことを考えれば勝ちに等しいもので、4角5番手の競馬もクリア、坂も苦にしないパワーがあります。

本来であれば武豊騎手が騎乗するはずだったことに加え、シュヴァルグランで3年連続好走の友道厩舎所属です。過去10年で3勝としている菊花賞馬であるという点から、長距離適性の高い馬体も追い風になる舞台と言えましょう。

また上記データにはありませんが、5歳馬は5勝と勝率5割で、ディープインパクト産駒も4頭馬券内を出し一歩リードです。福永騎手を予定していますが、コントレイルの出走がないため、実現されたコンビの結成で「天春」初制覇へ前進です。

はしくれさんとワールドプレミアと言えばこのレースを思い出します

のりしお

☆1着→▲2着→◎3着→〇9着

はしくれ

菊花賞だね。順列的にはもう少しだけど、3着以内独占ができたよ
2着サトノルークスはこのときに8番人気と低評価でした

のりしお

はしくれ

ちゃんと拾えて嬉しかったよ、長距離仕様の仕上げだったしね。ところでさ…

のりしお

はしくれ

この頃まだ、のりしおって居ないよね?思い出すってどういうこと…?

のりしお

はしくれ

忘れて下さい

のりしお

はしくれ

逆に気になる

以上天皇賞春2021の過去傾向とイチオシでした。あとは枠順が確定してから精査することをおすすめします。また天皇賞春2021のパドックロードも配信しますプロの相馬師による診断にもご注目下されば幸いです。

はしくれ

それでは!

*天皇賞春2021関連記事は

天皇賞春2021予想・本命はアリストテレス

天皇賞春2021調教診断・上位3頭を選出

天皇賞春2021・今週の期待馬体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です