桜花賞2021調教診断・上位3頭を選出

はしくれ

こんにちは、はしくれです

今週はついに牝馬の1冠桜花賞が発走となりますが、非常に楽しみなメンバーによる豪華なGⅠ戦となりました。

阪神ジュベナイルフィリーズ優勝馬ソダシと2着サトノレイナス、チューリップ賞勝ちのメイケイエールにエリザベスタワーも出走します。更にフィリーズレビューを優勝のシゲルピンクルビーも顔を揃え、その他の前哨戦からも勝ち馬が離脱せずに集結しました。

有力馬が一斉に頂上を目指す一戦となった今回の、桜花賞2021の調教診断を公開致しましょう。

桜花賞2021調教診断・上位3頭を選出

調教1位:ソダシ

<栗東 坂路 良 54.5-39.1-25.4-12.5 馬なり>

今回1位に選出したのは2歳女王のソダシです。

同馬は前回の阪神ジュベナイルフィリーズの際も1週前、強めに追われて最終追いでは馬なりの調教内容でした。しっかり負荷をかけたあとはテンションを上げ過ぎないように調整し、実戦で結果を出すスタイルはなかなか狙って上手くいきません。

それを同馬は前走時に既に完璧にやって見せただけでなく、間隔の開いた今回にしても素晴らしい内容をこなしました。特に1週前の調教では壁をつくって折り合いをつけると、外に持ち出され追い出してくるとあっという間に前を交わしました。

タイムも坂路52秒4で優秀なタイムをマークしており、今週は馬なりで前走より速いタイムを記録してきました。順調な調整過程に映り休み明けを感じない態勢で、2歳女王の真価をここでも発揮できる追い切りと言えましょう。

調教2位:メイケイエール

<栗東 CW 稍重 51.2-37.4-12.1 馬なり>

調教2位はメイケイエールです。

同馬は前走のチューリップ賞ではその難しい気性を出して、暴れるような調教内容で不安を感じさせる走りでした。それでも素質が高いこともあり末脚の切れる内容でしたが、今回はまるで別馬のように落ち着きを感じる調教でした。

少々行きたがる素振りも見せるところはあった道中の走りも、ぐっと我慢して鞍上の指示に従いながら末を伸ばしました。1週前に栗東CW良を49秒2で走り、ラスト12秒5を馬なりなら十分好内容の時計です。

それを追い切りでは更に我慢し大外を回り51秒2、ラストも稍重で12秒1なら好調は間違いないでしょう。上手く調教でも走れなかった同馬の我慢の利いた走りには、感動を与えてもらいましたし、実戦でも楽しみなところです。

調教3位:サトノレイナス

<美浦 南W 良 68.6-53.5-39.9-13.0 馬なり>

最後は順調に調整されたサトノレイナスを指名致します。

同馬は1週前の調教で同じ美浦の南Wを追い、4ハロン49秒9でラストは11秒7を計時。多少インを回った点もあって時計は速めに出た感じですが、やや強め程度の追われ方でのこの時計なら文句なしでしょう。

そして今週の追い切りの際は馬なりで流す調教過程で、力強く前脚を掻き込んで推進力を見せる走りでした。国枝調教師らしく馬には無理をさせない調教内容で、それでいて馬も並ばれてからは抜かせるような隙をつくりません。

美浦所属で遠征になりますが既に2着に来たコースでもあり、順調に調整され馬体にも太め感は感じないところです。実力を発揮できる状態と映る最終追い切りと感じて、最後の3位指名は同馬で当欄を締め括ろうと思います。

桜花賞2021調教診断・おわりに

毎度有料化を検討しつつ公開中の当コラムでしたが、パドックロード会員様向けにもう1レース公開します。GⅡニュージーランドトロフィーを配信させていただきますので、ご登録された方は診断をぜひ改めてご確認下さい。

先週ダービー卿チャレンジトロフィーの際は2~3位評価した、カテドラル・ボンセルヴィーソが4→5番人気で2~3着入線です。馬体面も見て判断できることがはしくれの強みでもあるので、この点を更に活かしてこれからも取り組んでいきたいと思います。

それでは今週の桜花賞でもあなたに幸運がありますように。パドックロードも頑張りますのでよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です