ダービー卿チャレンジトロフィー2021結果&馬体診断・優勝はテルツェット

小兵。

4年連続520kgを超える馬が勝利を重ねていた、ダービー卿チャレンジトロフィーを制したのは牝馬のテルツェットでした。同馬は僅か418kgと小さな馬格をしていますが、その鋭い切れ味を発揮して一気に重賞を勝ち取りました。

マイナス8kgとあって小さな馬体がより小さく見えましたが、そんな懸念を吹き飛ばす走りでデムーロ騎手を背に駆け抜けました。そんな結果となったダービー卿チャレンジトロフィー2021の、馬体診断とレースの回顧を行って参りたいと思います。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

ダービー卿チャレンジトロフィー2021着順

優勝馬テルツェット

2着馬カテドラル

3着馬ボンセルヴィーソ

ダービー卿チャレンジトロフィー2021予想&予想結果

本命◎スマイルカナ

対抗〇カテドラル

単穴▲ボンセルヴィーソ

特注☆ウインカーネリアン

買い目=ワイドボックス各100円、計600円。

予想結果=的中:ワイド810円+☆ハ行回避により300円回収

ダービー卿チャレンジトロフィー2021予想・本命はスマイルカナ

パドックロード配信結果

◎2着→〇3着→☆6着→▲12着でした。

パドックロード(2021)4月度会員募集&前月度実績

はしくれ

本線2頭が馬券内で嬉しいです
ワイドも中々つきましたね。お祝いにわたしを

のりしお

はしくれ

結構です

それではまず馬体診断から行って参りましょう。

ダービー卿チャレンジトロフィー2021結果・馬体診断

優勝馬テルツェット

まず優勝馬テルツェットです。

同馬はマイナス6kgとあって馬体減が懸念されたのですが、ディープインパクト産駒そのものという小柄な牝馬の馬体でした。当レースはあまり小さい馬が好走しない傾向にあるため、この点を多少気にはしましたが、仕上がりは良かったと思われます。

選出にも迷うほどの仕上げで前走以上にも思えましたが、他馬との比較で馬体の幅から選出には至りませんでした。それでも体幹が真っすぐですし、無駄な肉が一切ないばかりか、充実してトモも丸みを帯びた張りのある全体をしています。

瞬発力タイプで展開にもハンデにも恵まれたところですが、これで6戦5勝と優秀で重賞制覇まで成し遂げました。オジュウチョウサンの管理をしている和田正一郎調教師ですし、まだ4歳馬でこれからどんどん活躍してくれると期待します。

2着馬カテドラル

2着馬はカテドラルです。

同馬は予想時も伝えた通り馬体面の充実がうかがえて、前走と変わりなく張りがあってボリューム感のある仕上がりでした。やや腹袋があることも加え中山向きだと思いましたから、配信では本命◎の評価を下すことにもなりました。

元々バランスはこれまでも良く走らなかったのが不思議なほどで、毎回しつこく追ってきましたが現在かなり好調にあります。配信ではコメントを入れようか迷うほどの仕上がりにあったので、今が旬といえる状態ではと、はしくれは感じているところです。

東京新聞杯でも毛ヅヤがフワフワに目立つ仕上がりでしたが、今回も同様のツヤにあって筋肉の質は変わっていません。現在5歳を迎えたのですが今年こそは更に上を目指して、調整をしていけるとも思われ、次走以降も注目の馬です。

3着馬ボンセルヴィーソ

3着馬はボンセルヴィーソです。

同馬はご覧の通りバランスが非常に優れた馬体をしており、皮膚も張っていてツヤもピカピカの好仕上がりにある状態でした。馬場やコースを選ばないタイプで急坂も苦にしない馬体ですが、どちらかと言えば平坦コースも向く馬体なのではと思われます。

そうした中で今回対抗にパドックでは評価を上げましたが、正直かなり本命と迷って対抗評価に抑えたほどです。結果的に優勝は無印のテルツェットが輝いていましたが、順列が正確に選べたのはコース適性を読めたからでしょう。

現在7歳を迎えましたが全く衰える気配も見せず、むしろ上昇を感じる仕上げで今が旬と言える仕上がりでした。京都改修で4大場では全て坂があるコースなのですが、これからも仕上がりが良好なら狙っていきたいと思っています。

ということで・・・

今回はブログ予想本命の1番人気のスマイルカナには、無印評価を下したのですが馬券内に2頭が入りました。人気やデータ予想無関係にパドックでは馬を選びますので、会員様にはご安心のうえお楽しみくだされば幸いです。

はしくれを信じご支援下さる会員様に感謝を申し上げ、更なる相馬体験と成るよう奮迅していきたいと思います。

そして明日の大阪杯に向けて、ご一緒に的中する感動を、変わらずお届けしていけるように全力で配信を頑張ります。

ダービー卿チャレンジトロフィー2021結果・回顧

レース動画


レース後の感想

今回は前に行く馬が多くペースは上がると思ったのですが、マイスタイルがハナを奪い切って1秒4差のハイペースでした。これを踏まえてもスマイルカナには悪くない流れに思えましたが、何分揉まれると弱いところが出た結果になったかと思います。

そういう意味では差し脚の生きる展開のなか差してきた2頭は、セオリー通り競馬をしたことで結果がついてきたとも思います。あとは勝率が素晴らしく高いテルツェットをの素質を評価すれば、もう一歩データ予想も上昇し得る結果だったかと思います。

超大型馬が強い一戦も制したのは小柄な馬でしたし、やはりパドックで状態面から判断した方が高精度です。とはいえどちらも複数頭での馬券内入着となりましたし、これからも予想力を高めつつ的中を狙いたいと思います。

はしくれ

スマイルカナの柴田大知騎手は「これだけ休んだことがなかったので、休み明けが敗因です」とコメントを残しています
わたしのことも開封したら直ちに食べて下さい

のりしお

はしくれ

はいはい

騎手のコメント

1着M.デムーロ騎手・・・「とっても気持ちいいです。本当に前の競走を勉強していました。初めて乗りましたが凄く良い動きをしていて、最後の直線でもずっと信じていました。思った通り本当にいい瞬発力でした。能力十分ありますね。

1着和田正一郎調教師・・・「しっかり伸びてくれましたね。競馬の前のテンションがどうかと思いましたが、ジョッキーが上手く宥めてくれて、落ち着いて競馬に臨めたのが良かったです。しっかりハミを取っていましたし、ゴーサインに反応してジョッキーもスムーズにレースを飛ばして行ってくれました。本質的にはこれくらいの距離が一番いいのかなと思います。このあとは馬の状態を見てから、ヴィクトリアマイルも視野に入ってくると思います。

2着田辺裕信騎手・・・「器用な馬ではないので、中山は展開に左右されると思っていました。ただ前も引っ張ってくれて、今日は理想的な形になってくれました。勝ち馬は斤量も軽かったし、仕方ないです。」

3着木幡巧也騎手・・・「内枠を活かして上手く運ぶことができました。馬混みも気にせず良く走ってくれました。

ダービー卿チャレンジトロフィー2021結果データ

勝ちタイム=1分32秒6(良・過去10年で5番目)

前半800m通過=45秒6

ペース=ハイペース(1秒4差・800m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=34秒7(2位)

レース上がり3ハロン=35秒5

4角通過順=8→11→5番手

当日のクッション値(午前7時)=9.6(標準)

おわりに

当レースは過去の傾向通りカテドラルが上位に来たのですが、同馬は唯一枠が近10年で苦戦の6枠になりました。それでも前に行く馬が多数でペースは上がると踏んでいたために、どの枠に入ったとしても最後は差しやすいだろうと思いました。ダービー卿チャレンジトロフィー2021過去10年の傾向とイチオシ

結果的に4番人気ですがウインカーネリアンの回避により、ひとつ人気も上がった今回でしっかりと力を見せつけました。やはり前走もフロックではなく馬体が好仕上がりにあったので、期待してはいたのですが今度も本命にするほどの仕上げでした。

スマイルカナは休み明けのためにより力も出せなかったのですが、こうしてカテドラルも復活して非常に見ごたえあるレースでした。これからも予想の精度を上げて的中を目指したいところですし、予想の楽しみを当ブログから発信していけたらと思います。

そしてパドックロード会員様、今ご覧下さっているあなたへ、心よりの感謝を申し上げてお別れ致したいと思います。

今週も当予想にご来訪、誠にありがとうございました。また明日の予想結果の欄でもお会いできることを祈っています。

はしくれ

ご覧下さり、ありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です