ダービー卿チャレンジトロフィー2021予想・本命はスマイルカナ

得意舞台。

今回本命に推したスマイルカナは中山のマイル3勝で、当該舞台は3-1-0-0、重賞2勝の得意舞台です。持ち時計は速くはありませんが急坂を得意としている馬で、小柄ながら持続力に優れた走りを毎回披露しています。

この馬格のなさは傾向的に決してプラスにはならないのですが、幸いにして最大の馬格を誇るカラテが回避となりました。これによりペースも多少落とせる展開に持ち込めそうな気配の、ダービー卿チャレンジトロフィー2021を予想していきます。

はしくれ

それでは早速まずは予想印と買い目から公開をしましょう。

ダービー卿チャレンジトロフィー2021予想・印&買い目

本命◎スマイルカナ

対抗〇カテドラル

単穴▲ボンセルヴィーソ

特注☆ウインカーネリアン

買い目=ワイドボックス各100円、計600円。

*GⅠ高松宮記念本線ワンツー。

相馬師はしくれのオリジナルコンテンツ・パドック速報パドックロードは―

ダービー卿チャレンジトロフィー2021予想

本命◎スマイルカナ

本命◎はスマイルカナです。

同馬は先述の通り中山マイルを大得意にしていますが、3-1-0-0で重賞2勝、全連対は立派な結果です。柴田大知騎手とのコンビもよく、毎回主戦として騎乗をして、完璧に手の内に入れていると感じられる走りを見せています。

これまで同馬は3歳牝馬の軽量を活かしてきたわけですが、秋以降は徐々にハンデも上がり今回も55kgになります。これは桜花賞以来となるため多少不安も残るところですが、その桜花賞も強敵相手に3着なら問題はないでしょう。

小柄で道悪も問題にせずスタミナが豊富なタイプでもあり、多少のペースアップや荒れ馬場も苦にしない馬だと見受けられます。オークスはさすがに長距離ですが1ハロンくらいの距離延長も、こなせておかしくない馬体面も魅力的に映る存在でしょう。

またターコイズステークス以来の実戦となる今回なのですが、このローテからは2019年、プリモシーンが2着に来ています。前走ローテ優勢傾向があまり顕著ではない一戦ですが、前走マイル戦使用の馬が優勢であることは確かです。

展開的にもカラテが不在でトーラスジェミニの出方次第では、番手を保って進めそうなのも追い風になりそうな今回です。これらに加えて調教評価も高評価できる追い切りでしたし、人気を背負っても十分好走可能な存在だと思われます。

対抗〇カテドラル

対抗〇にはカテドラルです。

同馬は前走東京新聞杯2着という成績でしたが、元々マイルを得意としていて侮れない存在と言えました。そのうえパドックで仕上がっていて厚い印を打ったところですが、これが吉と出てワンツーを確保、質の高い配信となりました。

このとき同馬は12番人気という低評価にあったのですが、はしくれは相馬眼から読み切り対抗〇評価を打っています。カラテとの馬連は万馬券でほっとした一戦となりましたが、このように決してフロックではなく状態も良い仕上げにありました。

またダービー卿チャレンジトロフィーは大型馬台頭の舞台で、4年連続520kg超の大型馬が勝ち切っています。そのため今回期待馬体にはカラテを選出したところですが、爪の不安から回避が決まって残念な気持ちにもなりました。ダービー卿チャレンジトロフィー2021・今週の期待馬体

しかしこうなると前走僅かに及ばなかったライバルが不在で、最も重賞取りに近いのも同馬と言っても過言ありません。しかもカラテが不在になったため大型馬をピックアップするなら、同馬も500kg近い馬体で上位にランクインしてくるのです。

展開的にはカラテの不在でペースが多少落ち着いてくるのは、あまり本意ではないところですが切れ味は武器になる存在です。スマイルカナが逃げることになればライバルの目は前に向きますから、同馬の末脚炸裂に備え対抗評価は必要でしょう。

単穴▲ボンセルヴィーソ

単穴▲はボンセルヴィーソです。

同馬は年々馬体が充実してきた晩成の一頭ですが、現在7歳を迎えたことで安定感を発揮できています。前走も57kgを背負い2着に入着してきたのですが、昨年当レース2着以降は当該コース全馬券内です。

人気も二桁人気が2回と低評価になってはしまいますが、それに反発するように走って充実したところを見せています。実際京成杯オータムハンデでも配信で☆を打っていて、13番人気ながら3着好走と気を吐いてもくれました。

この時は本命◎のトロワゼトワルが見事優勝し、スマイルカナを退けたのですがワイドオッズは25倍でした。年齢を重ねていると大体人気は落ちやすいものなのですが、同馬は今が旬の馬体なので見極められれば妙味があります。

そして今週の追い切りにしても切れのある動きが見られましたし、別段衰えてきた兆候もなくむしろ充実感があります。そんななか今回55kgと前走よりハンデも2kg軽く、昨年と同じローテで臨める理想的な臨戦過程です。

前年2着のリピーターですし前もそう速くならなそうなので、手の合う木幡巧也騎手であれば鞍上も期待できることでしょう。ダイワメジャー産駒優勢である傾向から血統も後押しで、馬体面が更に充実すれば悲願の重賞も夢じゃないです。

特注☆ウインカーネリアン

特注☆はウインカーネリアンです。

同馬は今週の追い切りの際美浦の南ウッドで4ハロンを、57秒3というタイムでかなりセーブして追い切られました。これが吉と出るか凶と出るかは結果から判断するべきですが、はしくれとしては正直あんまり加味できるものと思いません。

それというのも馬なり調教は特段馬の調子が良いときに、好タイムが出やすいと言えますがそれ以外は個性が強く出ます。追われないのなら無理に頑張って走ろうとしない馬もいますから、それで良いという調整であれば悪い調教とならないからです。

そこで実績を重視しましたが同馬は前走3勝クラスの、幕張ステークスを好タイムで制して駒を進めてきたのです。このローテからはキャンベルジュニアが4年前に2着に来ていますし、優に当レースのVタイムすら突破できるレベルの時計でした。

中山マイルで1分31秒8は速い時計ですし、騎手は連続三浦騎手騎乗で2kg減とハンデも恵量です。中山で強いウイン所有馬で天気予報も晴れと出ているので、思った以上に硬めの馬場ならもう一丁も不思議はありません。

2走前はカラテと走っていてコンマ5秒差に入っていますし、中山マイルは今回含めて3戦連続となる舞台です。相手は強化されてくるのですが同馬も充実を見せていますし、胸を借りるチャレンジャー精神で強豪撃破にも警戒します。

買い目

当レースは人気も割れ加減でワイドでもそこそこ付きそうなので、的中の重複も狙いながらボックスで買いたいと思います。やはり3着が許されることは最後まで望みがあることからも、競馬を楽しむうえで良いことと常々はしくれは感じています。ワイド馬券は難しい?儲からない?

回収率の上昇を踏まえて取り組んでいきたいと思いますし、ただ当てるだけでなく楽しみつつ当てに行けたらとも思っています。そんな気持ちに寄り添う買い方がワイドボックスという馬券なので、お馴染みの馬券ではあるのですが今回も選びたいと思います。

過去の予想結果

またこちらからはダービー卿チャレンジトロフィーの過去の結果を掲載して参ります。ご必要な方はリンクから結果をどうぞご覧になって下さい。

2020年優勝馬クルーガー

過去記事なし

2019年優勝馬フィアーノロマーノ

過去記事なし

2018年優勝馬ヒーズインラブ

ダービー卿チャレンジトロフィー2018結果・優勝馬はヒーズインラブ

当日のパドック予想

ついに始まったGⅠ戦線に期待の持てる結果を提示し、4月度へと駆け上がる勢いの先週の高松宮記念。本線ワンツーを相馬眼にてピシャリと判断できていることは、その力に偽りがないことを証明できたのではと思います。

これまでも同業を騙る人やパドックは無意味だという人など、様々な妨害を受けましたがはしくれは決して挫けはしません。パドックこそ予想家の技ですし競馬の華の一つなのであって、脅威だからこそやめさせようとする人たちに抵抗してきました。

その甲斐あって配信の最中に本命◎の選出馬が、重賞で8連勝をするなど結果をきちんと残してもいます。こういう結果が挙げられたことははしくれをご支持下さっている、会員の皆様のあたたかな思いに応えようとすればこそです。

当ブログは数ある競馬ブログのなかでも異質な存在ですし、それははしくれがプロの予想家で尚且つ相馬眼があるからです。プロの看板とその自負を背負い公言して結果を出し続ける。プロであれば普通のはずのことができているブログは少数でしょう。

パドックだけで予想ができるのは、はしくれにとっては当たり前です。そしてそういった武器がないならば予想家としては厳しいでしょう。もちろん時には良績が出せず悲しみに暮れることもありますが、はしくれは更に相馬を磨いて次の感動を求めていきます。

ダービー卿チャレンジトロフィーは2021は4月3日(土曜日)、中山競馬場第11レース15時45分発走予定です。

2 COMMENTS

うらたろ

今日初めて拝見しました!パドック勉強していきたいと思ってるので、よろしくお願いします!

返信する
はしくれ

うらたろさん、初めまして。当ブログにお越し下さりありがとうございます。
パドックは奥が深くとても楽しいものです、こちらこそよろしくお願い申し上げます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です