毎日杯2021調教診断・上位3頭を選出

こんにちは、はしくれです。

今週土曜は阪神競馬場で毎日杯が出走予定で、このレースには期待馬グレートマジシャンが出走予定であります。毎日杯2021・今週の期待馬体

しかし調教から判断すると多少不安点の残るところで、終いの切れが今一な事から今回は4番手としています。そのため今回の追い切りからは人気馬のいない診断結果も、いつも通り3位評価馬までを掲載致したいと思います。

現在有料化も検討中のこの調教診断なのですが、このところご覧下さる読者の方が着実に増えてきています。それだけに一層技術を磨き上を目指したいと思いますので、これからもお楽しみいただければこれ以上ない幸いです。

それでは毎日杯2021の調教診断に参りましょう。

毎日杯2021調教診断・上位3頭を選出

調教1位:レヴェッツァ

<栗東 CW 良 65.5-50.7-37.0-12.2 やや強め>

今回1位に選出したのはレヴェッツァと致しました。

同馬は今回4ハロンタイム50秒7を計時しましたが、いかに今週の栗東CWが速いとしても良い時計です。素軽い動きで馬場を颯爽と風を切って駆ける姿を見れば、無駄がなく引き締まった全体で馬体面も充実して見えます。

反応も鋭く多少しごいて直線を駆け抜けた同馬ですが、低重心なフォームでラスト1ハロンも12秒2としています。終いに向かって着実に切れる末脚を持つことが分かりますし、前走こそ5着になりましたが、マイナス体重も逆境でした。

しかし今回はそんなこともなく、気分良く追い切りを終えましたし、一直線に追われた内容は他馬と比べても優勢でしょう。馬体・タイム・走法この3つが高い次元にある調教なので、毎日杯2021では同馬を調教1位とします。

調教2位:ルペルカーリア

<栗東 CW 良 80.7-65.5-51.6-38.3-12.6 ほぼ馬なり>

調教2位はルペルカーリアです。

同馬は1週前の調教も6ハロンから時計を記録して、やや強めに追われながら最後も12秒6のタイムが出ました。この時は多少腹袋のある体型が目についたところですが、今週はそれも多少は絞れてシャープさが増したように思います。

幅のある馬でパワータイプだと一目で分かるような馬体ですが、前走中京で3馬身差の圧勝も頷けるところです。重厚感ある馬体をしながら切れる脚も見せた調教ですし、スケール感があるので実戦により向いているタイプに思えます。

更に追い切りでは上昇をしてほぼ馬なりで80秒7として、4ハロン51秒6としラスト12秒6は同じです。内容を軽くしながらタイムが伸びてラストも切れの鈍りがなく、体型的に中距離も合うので期待の大きい一頭でしょう。

調教3位:ダディーズビビット

<栗東 CW 良 85.8-68.8-53.1-38.7-12.0 馬なり>

最後は軽めの調教になったダディーズビビットを抜擢します。

同馬は今週タイムの出ている栗東CWで追いましたが、軽快な走りで相手を交わし去る勢いで抑えて駆けました。レース自体スローが予想されて溜める競馬になりそうなところで、こうした壮行感を見せたのはプラスと捉えて良いと思います。

きちんと自制も効いていましたしラストも手綱を絞られてからは、グイと勢いよく前に出ていく操縦性の良さが好感です。全体タイムは速くないですが、より実践を意識した仕上げで、終いが馬なりで12秒0ならかなり状態は良いはずです。

相手は強化されるところですが自分の走りはできると思われ、ダメージ皆無の追い切りを見ても一発があって不思議ないでしょう。距離も1ハロンの延長ですが、別段問題ないと思います。

毎日杯2021調教診断・おわりに

毎度有料化を検討しつつ公開中の当コラムでしたが、パドックロード会員様向けにもう1レース公開しています。GⅢマーチステークスを現在公開中ですから、ご登録された方は診断をぜひ改めてご確認下さい。

先々週GⅢ中山牝馬ステークスでは1位に選出した、ランブリングアレーが見事7番人気で優勝を果たしました。馬体面も見て判断できることがはしくれの強みでもあるので、この点を更に活かしてこれからも取り組んでいきたいと思います。

それでは今週の重賞戦もあなたに幸運がありますように。パドックロードも頑張りますのでよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です