スプリングステークス2021結果&馬体診断・優勝はヴィクティファルス

兄弟制覇。

スプリングステークス2021はヴィクティファルスが勝ちましたが、池添謙一騎手は池添学調教師の兄でもあります。人馬の絆が非常に強いことを感じられた一戦でしたが、こういった形の兄弟重賞制覇は初めてのレースでした。

先週の不良馬場にも近づく重馬場でのレースとなりましたが、気持ちの面でも試されることの多い一戦だったと思います。雨にも負けず風にも負けず一気に進出した直線でしたが、坂を力強く駆ける姿は先の期待を感じるものでした。

そんなスプリングステークス2021の結果を振り返って、皐月賞へ向けてより盤石な予想基盤を築いていきましょう。

スプリングステークス2021着順

優勝馬ヴィクティファルス

2着馬アサマノイタズラ

3着馬ボーデン

スプリングステークス2021予想&予想結果

本命◎ランドオブリバティ

対抗〇ボーデン

単穴▲ヴィクティファルス

特注☆ロードトゥフェイム

買い目=ワイドボックス各100円、計600円

予想結果=的中・ワイド390円

スプリングステークス2021予想・本命はランドオブリバティ

パドックロード配信結果

▲1着→◎3着→☆7着→〇8着でした。

パドックロード(2021)3月度会員募集

それではまず馬体診断から行って参りましょう。

スプリングステークス2021結果・馬体診断

優勝馬ヴィクティファルス

まず優勝馬ヴィクティファルスです。

同馬は新馬戦から垢抜けた馬体を披露していた馬ですが、前走時には選出に至らず非常に悔しい思いをしました。そして迎えた今回のレースは一目見て良いと感じられたため、安心して選出まで至った上昇を感じる仕上がりでした。

特に前走ではまだ全体が緩いところを感じたものですが、皮膚が張ってかなり引き締まってくるのと同時に幅も増やしました。腹袋のある体型のために中山は合うとは思いましたが、レースを見ると想像以上にパワーがあるところを見せてきました。

距離適性に幅も感じられるゆとりのある胴体を持っており、菊花賞となると未知数ですがダービーはまず適性内でしょう。これから更に垢抜けた馬体に変わってきても不思議ありませんし、大きいところでも活躍できる下地は十分あると思います。

2着馬アサマノイタズラ

2着馬はアサマノイタズラです。

同馬はその名前から珍名馬に分類できる馬でありますが、そのネーミングからは想像できないしっかりした馬体にあります。中距離体型で筋肉質なパワータイプの骨格をしていて、父ヴィクトワールピサという点も納得できる馬体と言えました。

この前肢が父より未発達でそれだけに上昇の余地も残り、腹周りもきっちりしていますが、もう少しすっきり絞れそうです。ただこういうタイプを仕上げるのが抜群に上手い手塚厩舎なら、今回くらい仕上がれば十分と考えた可能性もあります。

人気こそ7番人気でしたが優勝にあと一歩の内容で、重馬場もこなしてくる競馬から将来性は高いと見ています。この馬の仕上がりはもしかすると今日くらいがベストの可能性も、感じられる仕上がりにあったのでこれからを楽しみにしています。

3着馬ボーデン

3着馬はボーデンです。

同馬は前走も仕上がりが良くうっとりする仕上げにありましたが、今回もまた素晴らしい素質を感じさせる仕上がりにありました。木村調教師の腕はさすがの一言といったところなのですが、こういうふっくらした馬をつくらせたら日本屈指と言えましょう。

非常にボリュームのある全体で皮膚も薄くフワフワに張っていて、いかにも走るハービンジャー産駒の特長をよく表しています。重馬場なのでこの点が少々割引材料とはなりましたが、良馬場ならコメントを入れるほど馬券内は堅いと思いました。

一見ずんぐり体型のために距離に上限が有りそうに見えて、実際は2000m以上も絞ればこなせて不思議はないです。今日のところは重馬場に加えて荒れ馬場を通った分もあるので、出走権確保により本番は巻き返して不思議はないでしょう。

ということで・・・

今回の一戦は複数頭馬券圏内を確保しましたが、データ予想と全く同じ4頭選出という珍事でした。どちらにせよ選出馬が変わらずハイレベルに思えた結果ですが、それだけに嶋田騎手の騎乗したアサマノイタズラは強かったです。

はしくれを信じご支援下さる会員様に感謝を申し上げ、更なる相馬体験と成るよう奮迅していきたいと思います。

来たる高松宮記念に向けて、ご一緒に的中する感動を、変わらずお届けしていけるように全力で配信を頑張ります。

スプリングステークス2021結果・回顧

レース動画

レース後の感想

今回は馬券は当たりましたがトリガミという結果になったため、嬉しさ半分、悔しさ半分と言ったレース結果となりました。ただ、馬場を考慮してトリガミでもワイドで行こうと判断したため、この点は1・3着の結果で読み切れていたかなと思います。

このところ人気馬が勝ち切れずに混沌ムードも感じられますが、ボーデン自体は非常に素質を感じる素晴らしい競走馬です。今回の3着で多少なりと人気が落ちてくることを思えば、本番の皐月賞でも狙える一頭になるのではないでしょうか。

川田騎手も色々錯誤しつつ騎乗しているように見えましたし、出走権確保で取り敢えずの走りはできたように思われます。明らかに良馬場が良い馬体で時計も速い方が良いタイプで、それだけに今後中山の馬場の推移を見守りたいと思います。

騎手のコメント

1着池添謙一騎手・・・「スタートはいいスタートを切ってくれて、あとは折り合いを大事にしていきたいなと、返し馬の感じから思ったので、まずはそこを頭に入れて進めて行きました。いい形で馬の後ろを取ることができて、悪い馬場だったんですけど、リズムよく走ってくれてたと思います。追い出してからしっかり反応してくれましたし、こういう馬場でしたけど、よく踏ん張って伸びてくれたと思います。まだまだ成長してほしい部分っていうのはあるんですけど、高いポテンシャルを持ってると思いますし、これからもっと強くなっていってくれるんじゃないかなと思います。(池添学調教師との初重賞制覇について)凄く嬉しいですし、もっと一緒に勝ちたいと思います。

1着池添学調教師・・・「最後のコーナーで外に振られましたが、かえって馬場のいいところを走れました。最後も勝負強いところを見せて差し切ってくれました。まだまだ奥があり、先々が楽しみだと思っていたなか、3戦ともに結果を出してくれました。競馬に真面目で操作性も良く折り合い面でも我慢が利きます。今日はタフな馬場での競馬でしたし、馬の状態を見て相談して次走を決めたいと思います。トライアルがいい勝ち方でしたから、いい状態で使えるようにしたいですね。」

2着嶋田純次騎手・・・「もう一度オーナーと先生が乗せて下さって、厩舎スタッフの方もしっかりと仕上げてくれて前回よりも状態は良かったです。馬場はこなせると思っていましたし、終いまでしっかり走ってくれました。先生からは強気に乗ってと言われていましたが、結果的にもう少しだけ待っても良かったかもしれません。乗せていただいたチャンスを活かしたかっただけに悔しいです。」

3着川田将雅騎手・・・「この馬に向かない馬場でもここまで頑張ってくれて、能力の高さを示してくれました。今日はこの馬場が得意な馬に優位に働きました。いい走りをしてくれました。」

スプリングステークス021結果データ

勝ちタイム=1分52秒0(重・過去10年で最も遅いタイム)

前半1000m通過=62秒5

ペース=スローペース(0秒7差・1000m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=36秒1(1位)

レース上がり3ハロン=37秒0

4角通過順=9→2→5番手

当日のクッション値(午前7時)=9.7(標準)

おわりに

3月は重賞が多く組まれている一か月となるわけですが、中山記念から当該コースは重賞が立て続けに有ります。中山記念、中山牝馬ステークス、フラワーカップ、そして当レースと馬場の推移を見るとやはり内がかなり荒れてきたように思います。

今週はガミってしまいましたが、この4重賞は全て的中、現在中山芝1800mの鬼と化していましたが、ここから先はもうこのコースでの重賞がないことが残念です。同じ舞台で行われることは馬場傾向を読みやすくするので、これも一つの予想知識としてお役立て下されば幸いです。

あとは皐月賞当日までには芝が伸びてインがカバーされつつ、好天が続いてくれるようにと願いつつ楽しみにしています。造園課の方々の尽力と競馬開催に感謝を忘れず、ご覧下さる皆様のためにも的中を目指したいと思います。

そしてパドックロード会員様、今ご覧下さっているあなたへ、心よりの感謝を申し上げてお別れ致したいと思います。

今週も当予想にご来訪、誠にありがとうございました。また来週の週中コラムからお会いできることを祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です