弥生賞ディープインパクト記念2021調教診断・上位3頭を選出

 

こんにちは、はしくれです。

 

今週で開幕2週目となる

中山競馬場のメインレース

弥生賞ディープインパクト記念が

刻一刻と迫ってきています。

 

2歳王者ダノンザキッドがおり

人気集中の予感もしますが

この王者以外にも調教から

選出したい存在があります。

 

当ブログは今週既に予想を

挙げてからの診断となりますが

ダノンザキッドに迫る存在は

果たして現れることでしょうか。

 

クラシックレース出走をかけて

集う各馬の追い切りを見極め

調教診断を致しますので

どうぞじっくりとご覧ください。

弥生賞ディープインパクト記念2021調教診断・上位3頭を選出

調教1位:ダノンザキッド

 

 

栗東 CW 不良 84.2-67.6-53.0-38.9-11.7 馬なり

 

今回1位に選出したのは

ダノンザキッドと致しましたが

同馬は2週連続でウッドを

軽快にこなし好時計でした。

 

1週前の同コースで追って

馬なりでラスト11秒7

今週は不良馬場のなかでさえ

11秒7を記録しました。

 

全体のタイムも6ハロンでは

84秒2としていますし

4ハロン53秒0なら

十分良いタイムと言えるでしょう。

 

筋肉が張ってボリューム感ある

ツヤの良い馬体を見せていますし

併せ調教に思えないくらい

相手を突き放して好調です。

 

調教2位:シュネルマイスター

 

 

美浦 南W 重 67.3-51.6-37.9-12.3 G前やや強め

 

今回2位に指名する馬には

シュネルマイスターを選びましたが

打倒ダノンザキッドが目標と

思えるくらい良い追い切りでした。

 

スピード感にあふれる走りから

切れのある馬体も見られましたが

矢のように鋭く差し込んでくる

仕掛け後の走りは特筆でした。

 

当レースは無敗の王者以外

無敗馬はこの馬だけなのですが

この馬も高い素質を保持して

期待を背負っているのを感じます。

 

ゴール前伸ばす仕掛けにしたのも

最後の勝負を見据えてでしょうし

鞍上の指示に応えてタイムも

前週より伸ばし好気配です。

 

調教3位:ゴールデンシロップ

 

 

美浦 南W 重 69.0-53.7-38.9-11.9 ほぼ馬なり

 

最後は3頭併せ敢行の

ゴールデンシロップを指名ですが

同馬は激しく追うこともなしに

あっさりと先着を果たしました。

 

外国産で大柄な馬体が

非常に目立つ馬格に見せるほか

大きいだけでなく加速力にも

目を引くものがあると感じました。

 

並んでからも相手がしごくなか

平然としている反応ですし

きっちりと末を伸ばす調教で

11秒9でまとめています。

 

折り合いがついて指示もすんなりと

受け付ける気の良いタイプな上に

切れ味を持つスピード馬ですので

善戦以上も期待が持てます。

 

ということで・・・

 

毎度有料化を検討しつつ

公開中の当コラムでしたが

パドックロード会員様向けに

もう1レース公開しています。

 

GⅡチューリップ賞を今週

公開レースに選びましたから

ご登録された方は診断を

ぜひ改めてご確認下さい。

 

それでは今週の重賞戦も

観戦のお役に立てますように

パドックロードも頑張りますので

よろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です