弥生賞ディープインパクト記念2021予想・本命はダノンザキッド

こんにちは、はしくれです。

今週は中山競馬場にて弥生賞ディープインパクト記念2021が発走予定です。当レースの有力出走馬はホープフルステークスを優勝のダノンザキッドが控えていますが、同馬を除くと重賞を制した馬は皆無というメンバーです。

傾向的にも重賞経由馬が強い一戦ということもあり、無傷の3連勝を記録した同馬の優位は揺らがないでしょう。そこで今回は本命◎ダノンザキッド複勝600円で、同馬の応援に全力を尽くして参りたいと思います。

弥生賞ディープインパクト記念2021予想・印&買い目

本命◎ダノンザキッド

買い目◎複勝600円。

先週日曜中山記念◎▲〇3着以内独占&今週土曜チューリップ賞◎〇▲パーフェクト達成相馬師はしくれのオリジナルコンテンツ・パドック速報パドックロードは―

パドックロード(2021)3月度会員募集

弥生賞ディープインパクト記念2021も頑張ります。

弥生賞ディープインパクト記念2021予想

本命◎ダノンザキッド

本命◎はダノンザキッドです。

同馬は新馬戦でもヨレながら直線で豪脚を見せましたが、上り3ハロンのタイムでは3戦連続最速を記録です。このような走りができる裏には同馬の高い馬体の仕上がりや、柔軟性ある筋肉によって加速力が増すことにもよります。

そんな同馬は下腹が長く見え中距離が得意な体型ですし、弥生賞ディープインパクト記念はうってつけの舞台と言えましょう。またやや曲飛気味の飛節からもコーナーリングでの加速面から、コーナー4回の中山コースは得意にできる体型でしょう。

ダノンザキッドを管理する厩舎は安田隆行厩舎なのですが、同調教師は成長を待って馬体を作るのが上手いかたです。ちょうど先週の中山記念はケイデンスコールが2着でしたが、この馬も一旦の不振を脱却して再び仕上げてきました。これを踏まえればダノンザキッドも良い状態ではと予想されます。

このような言い分ができることははしくれがプロであるがゆえですが、会員様はご存知の通りに先週は3着以内独占でした。

◎1着(1人気)→▲2着(5人気)→〇3着(7人気)で3着以内を制圧でしたが、これをパドックのみで果たす予想家はそう多くないと思われます。はしくれは伊達に20年近く相馬眼を磨いているのでなく、その膨大な錬磨の成果による見解を記述しているのです。(パドック速報・はしくれの「パドックロード」開幕!

更に今週土曜日はチューリップ賞で◎1着→〇1着(同)→▲3着でパーフェクト予想を達成。信じられないかもしれませんが一切偽りない結果です。パドックだけで勝てる相馬眼があってお話しをしているのです。(チューリップ賞2021結果・優勝はメイケイエール&エリザベスタワー

このようにプロの相馬師が見ても納得のいく仕上がりにあるため、三番手評価に推したのですが僅差2着という結果でした。一度不振に陥った馬体を立て直して更に良くすることは、並大抵の厩舎力であれば不可能と言って良い大技です。

そしてこれを成し遂げる環境をダノンザキッドは持っているわけで、素質の高さを発揮するためのお膳立ては整っているのです。これはデータ的な数字面から語れる根拠ではありませんので、独自見解として声を大にしてお伝えしたいことと思います。

またこれらのことから言えることは安田厩舎の所属馬というのは、成長が持続しやすいという点が挙げられると思います。この時期の3歳馬は成長が急な季節でもあるわけですが、2歳王者になったあとそのまま衰えるようなこともないでしょう。(弥生賞ディープインパクト記念2021調教診断・上位3頭を選出

よく早熟説など聞かれますが同馬はむしろその厩舎力から、これからどれほど強くなるのかが注目されるほどの逸材です。この点がこれから語ることにもまた繋がってくる点となります。

予想の根拠①実績

今回のディープインパクト記念2021の予想の根拠ですが、これらの馬体面に加えて他にもいくつも優位点があります。その内のひとつが先にも述べた重賞経由馬が少ないことで、ライバルの戦績が比較すると差があるように思えてなりません。

特に過去10年の傾向でも重賞経由馬は22頭が、当レースで馬券内に入って安定感を披露していました。今年は登録馬中に重賞を経由した馬が僅か4頭、ダノンザキッドを除くと勝利で駒を進めてきた馬もいません。(弥生賞ディープインパクト記念2021過去10年の傾向まとめ

更に重賞経由4頭中1頭はタイトルホルダーですが、2度敗れているダノンザキッドを上回るのは難しいものです。残りの2頭は京成杯からの参戦という経緯なのですが、ここでの走破タイムはかなり遅く感じる2分3秒台です。

今の中山の馬場を踏まえるとこのタイムの価値は大きくはなく、むしろ重賞経由であることを過大評価できないところでしょう。それに比べるとダノンザキッドが東スポ杯を勝ったときは既に、前日の同距離の古馬2勝クラスより1秒8も速いです。

こうした時計面の比較からも優位は揺らぎそうにありませんし、時計面が大切になることが予想されるのが一因なのです。その予想の根拠の二つ目となるクッション値についても述べましょう。

予想の根拠②馬場状態

ディープインパクト記念2021が速い時計になりそうなのは、先週中山で発表されたクッション値から見て推し計れます。

クッション値が発表されるようになってから数か月経ちましたが、12.2という「硬い」数値を確認できたのは初めてです。阪神の芝が良い時でさえも見たことのない数値が出ましたし、中山記念が速くなることはこの点からも想像できました。

そして案の定ヒシイグアスが差し切った中山記念のタイムは、レースレコードを記録するほどの破格の時計ともなったわけです。この点逃げたバビットがとりわけ速い持ちタイムがなかったことは、同馬の大敗に繋がった一因ともなっていると思われます。

ですから現時点ではありますが速い時計が出せる下地があり、そういう競馬でも脚を使える競馬ができることが理想です。そしてこういう高速の馬場では前に行ける馬が強いですから、先行脚質であるダノンザキッドにはより追い風になることでしょう。

そしてまた同馬には気性的に折り合いを欠く不安があることや、それによって自滅する可能性についても噂されるところです。これについてははしくれは全く違った見解を持っていますし、その点について予想の根拠の三つ目も伝えたいと思います。

予想の根拠③気性面

若い内はこのようにパドックで入れ込む馬も多くいるのですが、巷で言われているほど入れ込みの見極めは容易ではありません。これをパドック初心者に向かって「使える」というのは憚られます。(入れ込みがキツイと競馬にならない?

先述の通りパドックのプロであるはしくれにとって気性面は、とてもデリケートで扱いづらく、重要度も高いとは言えません。それは馬の個性を表す内面の見極めが不可能に近く、馬券を買う立場からは安易に予想ファクターにできないからです。

目に見える現実が大事なのでダノンザキッドの気性面にしろ、それで結果を出している以上は大丈夫と見るのが筋なのです。これについては厩舎サイドからも不安要素とコメントされますが、それには人気を背負う馬ならではの事情がつきまとうところです。

その事情というのはつまり「万が一負けてしまったときの保険」で、元々伝えていたことだからとダメージを軽減するためでしょう。人気馬がビッグレースに挑むときのプレッシャーは特別なもので、天皇賞秋でルメール騎手が涙したことからも頷けます。

このときルメール騎手ほどのかたが「彼女に乗る時はいつも重い…」と、アーモンドアイに乗るプレッシャーを吐露したことは最近のことです。つまりはこういうコメントの裏を読むのならそれは期待が大きく、先々を見据えている馬だからこそ出てくるコメントと言えるでしょう。

ただし同馬に関しては実際新馬戦でも大きくヨレるなど、実際にやんちゃな面があるので敗因になっておかしくないです。それでもそのうえで上がり最速、果てはGⅠまで勝っていますし、それを含めても切る要素として強い根拠とは成り得ないでしょう。

更にそこにつけて現在の中山競馬場は硬い馬場なので、弥生賞ディープインパクト記念でも時計の出やすい馬場になるでしょう。これはスローでスピードの出にくい我慢が要求される馬場よりも、ポンと出てさっさと回って帰りたい気性の馬には追い風です。

そうつまりダノンザキッドにとって最大の不安点となっている、気性面の問題が解決しやすい予想が成立するのです。ホープフルステークスと同舞台の弥生賞ディープインパクト記念。これより更に流れが速いなら、むしろ好都合とさえ思えます。

予想の根拠④生産牧場

あまり多くを話し過ぎることもないかと思われるところですが、予想の根拠として最後にもうひとつ伝えるべき点がこれです。それは出走予定馬の半数が社台・ノーザン系の馬であり、あまりダノンザキッドに競りかけるような予想はしにくいと言えます。

これは様々に言われていますがはしくれはこれが現代競馬で、ひとつの予想ファクターとなるためむしろ面白いと思っています。画像のテンバガーの出身地もノーザンファームという故郷ですが、馬づくりに懸けられる情熱はほとばしるものがあると思います。

それははしくれのような相馬眼を武器にする予想家の目で見ても、バランスの良い筋肉の質の良い馬づくりが見て取れるからです。

はしくれが心の名馬と刻み牧場まで会いに行った名馬の、テイエムオペラオーの出生地は浦河の杵臼牧場でした。ですから日高の馬も好きですし、様々な馬を見たいものですが、やはりノーザンファームや社台ファームの生産馬は質が高いです。(名馬とは―テイエムオペラオーに捧ぐ

競走においても使い分けたり、預ける調教師に無理をさせず、外厩なども素晴らしい施設で名馬を送り出し続けています。その看板を今年背負う馬がダノンザキッドでもあるわけですから、他馬が無意味に競りかける予想は成り立ちにくいことと言えるでしょう。

買い目の根拠

今回の予想から買い目につきどうすべきかと悩むところですが、単勝ももしかすると相当な低オッズになりそうな気配です。そうなると最早「複勝だけで良かったのでは?」という結果もあって、リスクをとって単勝一点にすべきことではないかと思います。

また当ブログは先週中山記念でも複勝で的中して、こういうときこそ謙虚な姿勢を保つべきだろうとも思われます。そこでケンをせずに買っていくなら「プラス10」で配当まで見込める、トリガミもない一点集中の複勝600円を選びます。(中山記念2021結果・優勝はヒシイグアス

馬券というのは何も無理くりに買って当てに行かなくても良いので、こうして予想を公開する立場でないのならケンも有効です。資金はとっておけば他のときにその分突っ込むこともできるので、少しだけ買って潰しておくとか、臨機応変に買えば良いでしょう。(ケンはするべき?しないべき?

特に弥生賞ディープインパクト記念では1強と言われるほど、ダノンザキッドは勝利に近い存在であることが予想されます。それならむしろ他馬に散らしはせず、当ブログ予想の1レース満額600円を献上します。1,1倍が的中すれば「うまい棒」が6本も買えることでしょう。

過去の予想結果

またこちらからは弥生賞ディープインパクト記念の予想結果と、過去のリンクを掲載しますのでご必要でしたらご覧ください。

2020年優勝馬サトノフラッグ

弥生賞ディープインパクト記念2020結果・優勝馬はサトノフラッグ

2019年優勝馬メイショウテンゲン

弥生賞2019結果・優勝馬はメイショウテンゲン

2018年優勝馬ダノンプレミアム

ダノンプレミアム快勝!弥生賞2018結果

当日のパドック予想

ご覧のとおり中山記念では3着を制圧したわけですが、はしくれの予想のピークはレース前の30分に訪れます。画像の赤枠だけがない状態のものが配信されるのですが、この一戦に限らず2月度は重賞で4度ワンツーしました。

4頭選出で固定しており馬単4万馬券ともなった、東京新聞杯の一戦も〇▲でワンツーと致しました。

このレースは本命が4着であと少し足りない結果でしたが、上位3頭での結果ですから中々ではないかなと思います。更に昨年の弥生賞ディープインパクト記念も独占であり、この時期の仕上がりについては自身得意分野だと思っています。

◎1着→〇2着→▲3着→☆5着としていますね。

更に土曜日チューリップ賞ではパーフェクト予想を達成です。

◎1着→〇1着(同)→▲3着→☆4着4頭で上位パーフェクトでした。

はしくれはパドックのプロとしての誇りを持って取り組んでいますし、ゴールに最も近い情報をお届けしていきたいと思います。そしてご一緒に笑い合えたならこれ以上の幸せはありません。

弥生賞ディープインパクト記念2021の予想結果は、パドックロードにて配信致しますのでこちらもご覧ください。パドックロード(2021)3月度会員募集

それではあなたがこの週末、笑顔になれるよう心から祈って。新たな時代を担う名馬の走りをご一緒に応援しましょう。

*弥生賞ディープインパクト記念2021は3月7日(日曜日)中山競馬場第11レース15時45分発走予定です

*結果はこちらから

弥生賞ディープインパクト記念2021結果・優勝はタイトルホルダー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です