京成杯2021予想・本命はグラティアス

 

走破時計。

 

京成杯は毎年のタイムが

2分2秒くらいの走破ですが

今年は前日の未勝利戦も

2分1秒台計時の芝生。

 

こうなると重賞の当レースは

もう少しタイムが伸びそうですが

出走馬の多くは持ちタイムを

大きく詰める必要があります。

 

この点調教の動きも踏まえ

上昇度をはかりたいものですが

京成杯2021予想の

印と買い目から公開します。

 

<京成杯2021予想・印&買い目>

本命◎・・・グラティアス

対抗○・・・プラチナトレジャー

単穴▲・・・ラカン

買い目・・・馬連&ワイドボックス各100円、計600円。

 

本命◎はグラティアスです。

 

同馬は前走の新馬戦では

直線で一旦並ばれながら

力強く差し返す根性を

披露して優勝を果たしました。

 

今回のメンバーは逃げと決めた

脚質と言える馬がいないので

先行馬自体は多いとしても

ペースはあまり上がらないでしょう。

 

こういう難しいレース運びを

得意としている騎手を探すなら

C.ルメール騎手になるのは

当然の結果というところです。

 

ただ同騎手が人気を背負う以上

的にされることも有り得ますから

動き出しは多少早まると見て

馬券内確保の予想とします。

 

対抗○にはプラチナトレジャーです。

 

同馬は今回追い切りの際に

直前一杯に追っていますが

体型的に太目が残るので

これが吉と出る予感もあります。

 

前走時は鞍上を任された

田辺騎手もまだ脚を余したと

コメントするほどの余力もあって

疲れはあまりないと思われます。

 

京成杯は上がりで最速を

計時する馬が強い一戦で

前がごちゃつきそうな展開から

まくりが決まる下地はあるでしょう。

 

基本的に外が伸びていますし

直線急坂が待つ形態も

同馬に向きそうに思えますので

対抗評価に抜擢します。

 

最後単穴▲はラカンです。

 

同馬は出走馬中唯一の

芝2000m2分1秒台を

未勝利戦の前走で記録し

直線一気の差しを見せました。

 

軽量の菅原騎手の騎乗が

影響したことも否めませんが

坂のあるコース形態も近い

福島での記録は追い風です。

 

調教ではダートでの追い切りで

素軽い動きを見せていましたし

馬体もシャープに映っていたので

走れる状態にはありそうです。

 

プラチナトレジャーと一緒になって

後方から脚を伸ばして来れば

併せ馬で加速する状況も

あるのではと見て狙っていきます。

 

ということで・・・

 

京成杯2021は

1月17日(日曜日)

中山競馬場第11レース

15時45分発走予定です。

 

*土曜GⅢ愛知杯でも1ー2着馬をきっちり選出

*その、はしくれの相馬眼の秘密は―

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です