阪神ジュベナイルフィリーズ2020過去10年の傾向まとめ

 

こんにちは、はしくれです。

 

京都競馬場の改修により

阪神の日数が増えましたが

今週は昨年と同じ舞台の

ジュベナイルフィリーズが開催です。

 

昨年はレコード勝利を見せた

レシステンシアに驚きましたが

昨今の牝馬は強力なので

益々注目が必要でしょう。

 

白毛馬ソダシの登録もあって

見どころが更に増えてきましたが

そんな阪神ジュベナイルフィリーズ

過去10年のデータを紹介します。

 

それでは早速参りましょう。

 

☆阪神ジュベナイルフィリーズ2020・過去10年3着以内傾向

 

①好走枠:6枠=6頭(全30頭中・2勝)

➁苦戦枠:3枠(赤)=1頭(2013フォーエバーモア3着のみ)

前年3着以内リピーター:2歳限定戦のため無し

④牝馬:限定戦

⑤3歳馬:2歳戦のため無し

⑥人気:1番人気6頭・2番人気4頭・3番人気4頭・4番人気6頭・以下10頭

⑦好走騎手:福永祐一騎手3回(2勝)・戸崎圭太騎手3回(1勝)

⑧ハンデ:定量

⑨走破タイム:全て良=1分32秒7~1分35秒7

⑩好走厩舎:手塚貴久厩舎3年(3頭0勝)

⑪最速上がり3ハロン計時馬:8年8頭

⑫馬体重:418~494kg

⑬4角5番手以内:11頭(3勝。逃げ馬は昨年優勝レシステンシアのみ)

⑭好調種牡馬:ディープインパクト6頭(計3勝)

⑮好走ローテ(前走。リピーターも単年計算):重賞経由21頭。主な前走:アルテミスステークス7頭(1勝)、ファンタジーステークス6頭(3勝)。新馬戦経由は2頭(1勝)。

⑯前走後間隔:中1週~4か月。3か月以上の休み明けは2013年1着レッドリヴェール&2着ハープスターで、共に前走重賞勝ちあり。

前走人気:9番人気以内

⑱前走最低着順馬:2015ウインファビラス=アルテミスステークス5着

⑲ペース:スロー3、ミドル4、ハイ3、スロー時も最大1秒3差で極端なスローにはなりにくい

 

チャンピオンズ2020過去10年の傾向から

枠順確定前の最上位馬は…

 

 

ソダシ

 

前走優勢のアルテミスステークス優勝というローテであり、スローの中2番手から上がり33秒9の末脚発揮。過去3戦で上がり2位以内が2回という戦績から見ても、ポジション取り次第で上がり最速計時の可能性も持つ馬。

2走前の札幌2歳ステークスでは中距離で優勝したが、このときはハイペースでタフな展開を上がり2位で勝利している。ペースへの対応力に加えて末脚も切れるタイプなだけに、穴のない人気馬になりそうな一頭と見られる有力馬だ。

 

2位は…

 

 

メイケイエール

 

前走データ次位にあたるファンタジーステークス優勝の同馬。上りも常に3位以内で阪神競馬場で勝ち鞍あり。気性面で抑えが利くかどうか爆弾を抱えているところだが、そのスピードに疑いの余地なく上位争いできる素質がある。

ハイペースに強く前が流れれば距離延長も前進可能で、阪神向きの前肢の筋肉の発達した体型からも期待できる。ソダシと双璧の有力馬でスローになりにくいレース傾向からも。

 

以上、阪神ジュベナイルフィリーズ2020過去10年の傾向まとめでした。枠順発表前ですので、その点は確定後に精査しましょう。

各馬順調に仕上がってくることに期待したいですね(^^)

 

*3週連続重賞3着以内独占継続中

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です