ジャパンカップ2020調教診断・上位3頭を選出

 

こんにちは、はしくれです。

 

今週は豪華メンバーが集う

ジャパンカップ開催となりますが

水曜追いは雨も影響して

調教タイムもややばらつき気味。

 

1週前からの上昇度から

馬体面の仕上がりを見てみても

全体的に比較が難しい

調教になったと感じています。

 

そんな今回の当コラムですが

先週グランアレグリア指名で

1位選出馬的中ですので

奮い立って臨みたいところです。

 

そのため今週も気合いを入れて

上位馬を決めて参りましたので

どうぞお楽しみいただけますよう

よろしくお願い申し上げます。

 

それでは早速ご覧いただきましょう。

 

 

ジャパンカップ2020調教1位:アーモンドアイ

(美浦 南W やや重 67.9-52.1-38.1-12.8 ほぼ馬なり)

 

今回1位に選出したのは

8冠馬アーモンドアイですが

同馬は今回引退レースと

月半ばで報道がされました。

 

それだけに天皇賞を使って

どのように調整されてくるのか

大変注目して待ちましたが

特段変わりない追い切りでした。

 

前走時はまだ馬体に余裕が

見られるのもあり最後が強めも

今回は全くブレずそのまま

馬なりという調整できました。

 

直前は馬場も湿っていたので

タイムは伸びてきたと見ていますし

軽々と好タイムで駆けたので

仕上がったと見て良いと思います。

 

 

ジャパンカップ2020調教2位:ウェイトゥパリス

(白井 ダート 良 65.8-49.7-36.7-11.7 一杯)

 

同馬は外国馬で他馬と比べ

1日早い火曜日追いですが

競馬学校の馬場を豪快に

駆け抜けた姿は圧巻でした。

 

前年出走馬の不在だった

外国馬なだけにデータ的にも

厳しい戦いになりそうですが

追い切りの動きは充実でした。

 

馬体も仕上がって走るフォームも

伸びやかでスピード感満載で

凱旋門賞にも出走した

レベルの高さを感じられました。

 

タダで帰る気はなさそうにも見え

既に府中に入っていますから

今後の調整が上手くいくなら

侮れない存在となるでしょう。

 

 

ジャパンカップ2020調教3位:キセキ

(栗東 坂路 良 52.5-37.5-24.6-12.4 馬なり)

 

同馬は1週前の調教も

坂路で調整をされたのですが

このときとコンマ1秒遅れの

800mでの走破でした。

 

今週の栗東坂路を見ると

各馬かなり時計がかかっており

それを思うに同馬の真っすぐな

走りからのタイムは好感です。

 

天皇賞秋は5着でしたが

鞍上も手応えを感じていて

直線ではキセキが起きるかもと

思ったとコメントも聞かれました。

 

この前走よりも馬なりのまま

馬場が悪い中タイムも上がって

上昇気配が感じられるので

3番手評価は同馬とします。

 

ということで・・・

 

てっきり調教も3強による

しのぎ合いかと思っていましたが

唯一の外国馬の選出や

古豪の好ムードを選びました。

 

今の東京はインが今一で

このあたり乱戦ムードですので

アーモンドアイはもとよりその他の

出走馬にもチャンスはあるでしょう。

 

あとはこれがパドックで実際に

どれくらい仕上がってくるかですが

「さあ来い」といわんばかりの気持ちで

当日を待ちたいと思います。

 

*秋GⅠ本命◎5-0-1-0。ジャパンカップもプロの相馬で―

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です