神戸新聞杯2020結果・優勝馬はコントレイル

 

無敗。

 

好スタートから先団で進み

狭いところを出たコントレイルが

ダービー以来の一戦を制し

父と変わらずに無敗を継続。

 

ライバルを寄せ付けない快走で

菊花賞へ向かう優駿ですが

ゴール前でも流して見せるほど

圧倒的な勝利となりました。

 

いよいよ無敗の3冠制覇に

リーチがかかった今回でしたが

そんな神戸新聞杯2020の

結果を振り返って参ります。

 

<神戸新聞杯2020結果

優勝馬・・・コントレイル

2着馬・・・ヴェルトライゼンデ

3着馬・・・ロバートソンキー

 

<神戸新聞杯2020予想・印&買い目>

本命◎・・・コントレイル

対抗〇・・・ディープボンド

単穴▲・・・ヴェルトライゼンデ

買い目・・・単勝100円、3連複100円、計200円

(予想結果=的中:単勝110円)

神戸新聞杯2020予想・本命はコントレイル

 

勝ちタイム=2分12秒5(晴れ・良)

前半1000m通過=59秒9

ペース=ミドルスローペース(0秒4差)

勝ち馬上がり3F=35秒2(2位)

レース上がり3F=36秒2

クッション値(当日午前6時半)=9,6

 

☆レース後のまとめ

・優勝馬コントレイルは重賞5勝目(6戦全勝)

・福永祐一騎手は当重賞2勝目(2013年エピファネイア)

・矢作芳人調教師は当重賞初勝利

・福永祐一騎手のコメント「勝ててほっとしています。休み明けとはいえ落とすわけにはいかないなという中で、内枠で難しいレースになるなと思ってたんですけど、余裕を持って勝つことができました。いかにストレスなく走って行けるかということだったんで、進路を探しながら走ってたんですけど、強いコントレイルをお見せすることができました。(菊花賞でも)応援していただければと思います。」

・矢作芳人調教師のコメント「負けていない馬なので結果を出さないとと思っていました。折り合いはついていましたし、前哨戦としては満点と言って良いと思います。馬体は増えないですね。昨日は468kgあったのですが、もっと良くなるのは来年だと思います。3冠を達成したいですね」

・コントレイルの生産は(株)ノースヒルズ

・優勝馬コントレイルは道中先団中ほどを追走し、直線では進路が開いてからあっさり抜け出し2馬身差快勝

・走破タイムは2分12秒5で、コントレイルは早目抜け出しでレース上がりを1秒上回る上がりタイム。最速は2着のヴェルトライゼンデ(35秒4)

・優勝馬コントレイルの父はディープインパクトで、無敗での当レース親子制覇達成

・前走ダービー組のコントレイル&ヴェルトライゼンデが1~2着。3着に前走1勝クラス2着のロバートソンキー

・2着池添謙一騎手「春に比べて落ち着いていました。返し馬はまだ緩さがあって、次は良くなるだろうという中でのレースでした。本番は状態が上がりそうです。

・3着林徹調教師「この馬が伸びてきたときは体が震えました。折り合いがついて馬群の中でも平気でしたし、伊藤騎手が完璧に乗ってくれました。菊花賞へ向かうかどうかはオーナーと相談して決めようと思います。」

・上位3頭の4コーナー通過順は6→16→10番手

 

☆はしくれ個人配信「パドックロード」の結果

 

 

◎1着→☆2着→▲17着→〇18着でした。

以下馬体診断を実施致します。

 

 

まず優勝馬コントレイルです。

 

同馬は相変わらず無駄肉なく

すっきりとしたツヤのある馬体で

皮膚の滑らかさに動きの良さは

他馬を寄せ付けない仕上がりでした。

 

ダービーの時も仕上がりが良くて

素晴らしい馬だと思いましたが

今回もコメントを付けるほどの

文句ない好仕上がりにありました。

 

それでいてまだ上昇できそうで

腹目ももっと締まりそうですから

一体どこまで伸びていくのかと

溜め息が出るほどの馬体です

 

重心が低くバランス良好

寸の詰まった感じもないため

距離延長はむしろ好都合で

隙の無い人気馬となるでしょう。

 

 

2着馬はヴェルトライゼンデです。

 

同馬はコントレイルと同様に

ダービーからの一戦でしたが

大外枠の不利を跳ね返して

上がり最速で2着としました。

 

元々万能タイプの馬体で

距離延長は気にならないですが

仕上がりもまだ8割5分なので

本番は上昇してくるでしょう。

 

このあたり池添騎手の言葉に

まだ緩さがあると出ていましたが

全くその通りですしそれでいて

2着ですから強い競馬でした。

 

本番はおそらく腹目を絞り

ツヤも増してくると思われますが

バランスの良さが目立つ馬なので

その点がポイントになるでしょう。

 

 

3着馬はロバートソンキーです。

 

同馬はルーラーシップの産駒で

胴長な特徴が見えましたが

ステイヤータイプの体型であり

驚けない結果となりました。

 

見た目にはしぶといタイプでしたが

上りを駆使して追い込みましたし

距離が伸びて明らかに良さが出て

これからが楽しみだと思います。

 

今回は穴馬となりましたが

菊花賞でも侮れない馬で

決してフロックでこの着順を

確保したのではないと思います。

 

474kgの数字より

馬体も大きく感じましたので

ここにきて成長を感じられる

伏兵の活躍となりました。

 

ということで・・・

 

コントレイルが勝ってくれましたが

意外に2着馬の配当がつき

買い目は連を流せば良かったと

後悔しているはしくれです。

 

あと一歩で3連複が一点で

的中できたところでしたが

もっとオッズが読み切れていたらと

反省する結果ともなりました。

 

ですが今月はパドックロードも

重賞の複数上位が多く

充実した9月となったことを

会員様に心から感謝します。

 

やはり人は支えられていないと

頑張れないものだなと思いつつ

ご覧下さるあなたに渾身の

配信を届けたいと思います。

 

それでは今回もご覧くださり

誠にありがとうございました。

どうぞこれからも当ブログ予想を

よろしくお願い申し上げます。

 

☆昨年は3着以内独占。来週はGⅠスプリンターズステークス☆

パドック速報・はしくれの「パドックロード」開幕!

*その、はしくれの相馬眼の秘密は―

「シークレットオブパドック」

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「神戸新聞杯2020結果・優勝馬はコントレイル」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です