新潟2歳ステークス2020結果・優勝馬はショックアクション

 

連勝。

 

新馬戦からの参戦が強い

この新潟2歳ステークスですが

未勝利戦での経験を糧に

直線伸び切ったショックアクション。

 

その前走時は稍重の中を

4馬身差つける走りでしたが

メンバー強化となった今回も

1馬身4分の3離しました。

 

過去の傾向通りに前走で

左回りからの勝利でしたが

新潟2歳ステークス2020の

結果を振り返って参ります。

 

<新潟2歳ステークス2020結果

優勝馬・・・ショックアクション

2着馬・・・ブルーシンフォニー

3着馬・・・フラーズダルム

 

<新潟2歳ステークス2020予想・印&買い目>

本命◎ブルーシンフォニー

買い目・・・◎単勝100円、複勝300円、計400円。

(予想結果=的中:複勝140円×3=420円)

新潟2歳ステークス2020予想・本命はブルーシンフォニー

 

勝ちタイム=1分34秒6(晴れ・良)

前半800m通過=47秒3

ペース=ミドルペース(タイム差なし)

勝ち馬上がり3F=34秒1(最速)

レース上がり3F=35秒1

 

☆レース後のまとめ

・優勝馬ショックアクションは3走目で重賞初制覇

・戸崎圭太騎手は当レース初制覇。今夏は関屋記念で優勝しており新潟競馬場で重賞連勝

・大久保龍志調教師は当レース初制覇

・戸崎圭太騎手のコメント「馬が良く走ってくれて感謝したいと思います。祐一さんから乗りやすいと聞いていました。前も流れて、いいところで収まったかなと感じていました。ばらけると思ってたので、馬場の良いところを走れたかなと思います。先頭立ってからもしっかり走れてたんで、少し緩いところがありますが先々しっかりして楽しみな馬になると思います。」

・ショックアクションはアイルランド産の外国産馬(マル外)

・優勝馬ショックアクションは5分のスタートから道中4番手。馬場のど真ん中を真っすぐ走り250mから先頭に立ち、そのまま同馬主のブルーシンフォニー以下を抑え切って快勝した

・優勝馬ショックアクションの上り3Fタイムは最速計時で、これで2011年から10年連続最速馬が馬券圏内に。長い直線に芝の良い馬場でペースもあまり上がらない傾向

・優勝馬は前走左回りでこの傾向も10年以上継続。前走新潟は2018年から3年連続となる記録

・ショックアクションは乗り替わりで戸崎騎手の初騎乗。前走騎乗の福永祐一騎手はフラーズダルムに騎乗して3着(同馬は前走右回りの阪神)

・ショックアクションの父グレンイーグルスは愛2000ギニーなどを優勝。マイルを得意としておりGⅠ4勝を挙げたアイルランド産馬。その父はガリレオ

・1~2着馬は同馬主(ゴドルフィン)が独占

・2着田辺裕信騎手「前回はスタートが遅くなりましたが盛り返すという内容で、今回はコーナーを上手く回って挽回することができました。最後は勝ち馬が上でしたね。」

・3着福永祐一騎手「2走目でスタート後気持ちが入った感じでしたが、どれくらいこの馬場で脚を使えるか楽しみなところでした。瞬発力というよりも長く脚を使うタイプかもしれません。」

・優勝タイム1分34秒6は2017年フロンティアと同タイムで過去8位タイ。近5年の走破タイムは1分34秒台以降で、馬場のクッション性が多少高まっている可能性も

・上位3頭の4コーナー通過順は5→3→7番手

・当ブログ予想は今週で3週連続的中となり、2018&2019年に次ぐ3年連続年間回収率100%越えに向けて更に前進(「競馬で生活する僕は」2019実績報告

 

☆はしくれ個人配信「パドックロード」の結果

 

 

〇2着→▲5着→☆7着→◎8着でした。

以下馬体診断を実施します。

 

 

まず優勝馬ショックアクションです。

 

同馬は幅があってトモの張りが

目立つ柔らかい仕上がりでしたが

まだ全体に多少緩さがあり

若駒らしいつくりに見えました。

 

腰も少しパンとしていないかと

懸念して無印にしたのですが

あれだけ直線伸びてくるのなら

完全に杞憂だと思いました。

 

マル外らしく産駒の特徴が

掴みづらい部分もありましたが

大久保厩舎らしい柔らかさで

フワフワのツヤも目立っていました

 

このあたり経験よりも未来に

しっかり懸けられるかどうかが

問われている仕上げだと思いましたが

次回も楽しみにしています。

 

 

2着馬はブルーシンフォニーです。

 

同馬は前走時に手が出せずに

非常に悔しく感じましたが

その時のようにいなないてもいず

すぐに狙えると判断しました。

 

ふっくらとしたつくりは前走も

変わらず見せていた特徴ですが

更に一段とボリュームアップし

プラス4kgは良い仕上げでした。

 

良質な筋肉からスピードの

活かせる競馬場は得意ですが

夏場にもまるで変わりがないので

ダメージも残りそうにありません。

 

距離的にはマイル前後の距離が

適性を感じる馬体ですから

2歳戦の重賞では今後も

注目が必要な存在です。

 

 

3着馬はフラーズダルムです。

 

同馬もプラス12kgとあり

少し腹周りが太目でしたが

半分は成長分と思える

全体の筋肉も見られました。

 

ただ他馬が仕上がって見えたために

いっそ腹周りが太く見えるのなら

切ってしまおうと決断したのが

裏目に出てしまった感じでした。

 

全体的にバランス良好で

太目でこれだけ走りましたから

絞れてくれば更に切れる脚を

発揮できる馬だと思います。

 

牝馬ですしこの腹周りからは

重たいイメージを感じましたが

ふっくらとしていてこの先更に

楽しみが持てる一頭でしょう。

 

それと今回は札幌の重賞

キーンランドカップの結果も伝えます。

 

 

〇2着→☆3着→▲14着→◎15着でした。

 

ダイアトニックはふっくらしていて

かなり良い仕上がりにありましたが

内で捌き切れず外優勢の

馬場状態も影響しました。

 

その中で☆に推した穴馬の

9番人気ディメンシオンでしたが

同じようにふっくらとしていて

札幌向きの馬体に見えました。

 

ちょっと画像がないので説明が

難しいところではあるのですが

洋芝向きのコロンとまとまった

ふっくら感のある仕上がりでした。

 

このあたり皮膚の感じは先週

回顧記事で説明しましたので

気になるかたは下記の過去記事から

ご確認くだされば幸いです。

札幌記念2020結果・優勝馬はノームコア

(4着馬ポンデザールの皮膚感です。)

 

ということで・・・

 

たかが複勝と思う方々も

いらっしゃることだとは思いますが

オッズを読み切って20円ほど

プラスが出た事実が嬉しいです。

 

こういう小さな積み重ねにより

回収率が向上しますので

的中されたかたは「うまい棒」で

美味しい思いを共感しましょう。

 

はしくれはコーンポタージュ味から

買って食べたいと思っていますが

もう一本を楽しみにしながら

今週も暮らしたいと思います。

 

それではついに来週で競馬も

夏開催が終わりとなりますが

あと一週的中できるように

応援お願い申し上げます。

 

*GⅢキーンランドカップ2~3着馬選出

パドックロード(2020)8月度会員募集中!

(記事内リンクより9月度申し込み可能)

*また、はしくれの相馬眼の秘密は―

「シークレットオブパドック」




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です