朝日杯フューチュリティステークス2018結果・優勝馬はアドマイヤマーズ

 

無傷の4連勝。

 

今回最も注目されたのは

牝馬のグランアレグリアでしたが

優勝したのは2番人気の

牡馬のアドマイヤマーズでした。

 

4角先頭のいつもの競馬を

しっかりと遂行する形で

最後は2馬身突き抜けて見せた

貫禄の戴冠劇。

 

当レースはライヴで観戦できずに

録画再生を見てまとめますが

パドック診断もしっかりと

行って参ります。

 

そんな結果となった朝日杯ですが

まずは予想から振り返り

レース回顧と馬体診断へと

移行して参りましょう。

 

<朝日杯フューチュリティステークス2018予想・印&買い目>

◎グランアレグリア

〇アドマイヤマーズ

▲ケイデンスコール

買い目・・・馬連◎ー〇100円、ワイド◎〇▲ボックス各100円、計400円。

 

それでは結果です。

 

<朝日杯フューチュリティステークス2018結果>

優勝馬・・・アドマイヤマーズ(〇)

2着馬・・・クリノガウディー

3着馬・・・グランアレグリア(◎)

(▲ケイデンスコール13着)

払戻金・・・ワイド180円

 

はしくれ・・・ガミっています!

なんとも言えない結果となりました・・・ご了承下さいませ(・・;)

 

はしくれの本命◎グランアレグリアは3着・・・

 

それでは早速この一戦を

振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

最内のクリノガウディーに加え

アドマイヤマーズが好スタートを切りました。

対して外枠各馬は少々

バラけ気味のスタートとなります。

 

レースの主導権を握ったのは

逃げ馬イッツクールでしたが

人気のグランアレグリアもやはり

2番手と前につけて行きました。

 

 

前半の800m通過は

47秒7のタイムで

前後半のラップ差からは

1秒5差のスローペースでした。

 

前はやや離す形でしたが

2番手以下は更にスローです。

そんな中優勝馬アドマイヤマーズ(赤丸)は

絶好の3番手をキープしています。

 

 

4コーナーを回ったところで

アドマイヤマーズ(矢印)はこの位置。

4角先頭を意識した競馬で

あっという間に前を捉えます。

 

隣に併せられたグランアレグリアも

一旦は差し返す素振りを見せましたが

末脚切れずに後退すると

クリノガウディーにも交わされてしまいます。

 

 

最後は抜け出したアドマイヤマーズが

後続を2馬身差振り切り快勝。

黄金パターン極まる走りで

無傷の4連勝を飾りました。

 

今回の予想を振り返って

残念に思うことは

予想時逆転も有り得ると見ていた

アドマイヤマーズの単勝を買えなかったこと

です。

朝日杯フューチュリティステークス2018予想・本命はグランアレグリア

 

こういう時はしくれは多分に

本命・対抗の単勝を買いますが

馬連とワイドで攻めた点を

反省しているところです。

 

このところこの方法を使っては

回収が出来ていなかったこともあり・・・

この点が悔やまれます。

 

そして

レース内容を評価するなら

アドマイヤマーズは実にスムーズで

ここまで消化した3戦全てが

活かせているという感じでした。

 

2着馬クリノガウディーについても

4角で不利を受けても動じずに

立派に競馬したと思いますし

フロックではないと感じています。

 

3着グランアレグリアは何分

末脚を活かしたいところでしたが

外から捲られる競馬に加え

初の遠征の影響も感じられ・・・

よく持ち堪えた3着だと思います。

 

そしてペースがスローだったため

かなり前残りが顕著であり

外枠から最後4着に追い上げた

ファンタジストも良い走りをしていました。

 

それではここからはパドックのプロ

はしくれの馬体診断に参ります。

 

 

まずは優勝馬アドマイヤマーズです。

 

同馬は予想時にも伝えたとおり

非常にバランスに優れており

張りツヤ共に抜きん出たところを

今回も感じられました。

 

もし速報を配信できたなら

本命も十分に有り得ましたし

録画画像から問題点は

特に感じられませんでした。

 

マイラーとは言い切れない馬体ですし

距離の融通は利きそうですので

これからどんな馬に育っていくのか

非常に楽しみなところです。

 

肩の筋肉は特に目を引き

バランスの良さが引き立っていました。

坂を得意にできるタイプですので

皐月賞も狙える位置にあるでしょう。

 

 

2着馬はクリノガウディーです。

 

同馬は人気こそ一息でしたが

馬体はかなり立派な見た目で

現時点での成長度からは

上位入線も頷けるところです。

 

幅のあるタイプでダート適性も

有りそうな馬体をしていますが

4角で寄られても動じなかったのは

このあたりも影響していそうです。

 

流れに乗って押し上げる競馬が

最も合っていそうなタイプで

瞬発力より持久力に富む

パワータイプと見られます。

 

距離の融通は利きそうですので

展開面が重要です。

好スタートを切れたことも少なからず

好走要因と言えるでしょう。

 

 

そして3着にグランアレグリアです。

 

今回同馬は+8kgと

馬体を増やして臨みましたが

はしくれのジャッジでは太目感より

筋肉の張りに疑問が残りました。

 

この点は輸送を考えたことと

牝馬である点も感じられ

調整が少し難しかったかなと

感想を持ちました。

 

ただそれでも馬格がありますし

優れたバネも感じられたので

もし配信が可能だったら

本命も十分考えられました。

 

牝馬でありながら牡馬に混じって戦い

立派に結果を出していますし

これが良い経験となってこの先

活かされてくることに期待しています。

 

ということで・・・

 

やっぱりパドックは重要な要素と

改めて感じる一日でしたし

早く次の土曜日のパドックに

臨みたいという気持ちになりました(><)

 

このうずうずをぶつけるべく有馬記念週は

頑張りたいと思いますので

会員の皆様にはお楽しみに

していただければ幸いです。

 

また

アドマイヤマーズの他にも牡馬で

目立った存在を挙げるとなると

京都2歳ステークスを勝利した

クラージュゲリエにも注目しています。

 

それにしても今回の朝日杯は

1分33秒9という好時計でしたし

競走馬は日々進化を遂げていると

感じずにはいられません。

 

はしくれも一予想家としてだけでなく

人間としても成長したいですし

競馬を通じてそうなるように

努めていきたいと思います。

 

それには皆様からの温かい

ご声援が必要ですので

これからも当ブログを変わらずに

ご覧いただけますと幸いです。

 

そして今年のフィナーレに向かって

全力でぶつかっていきますので

有馬記念の予想もぜひ

お楽しみになさって下さい・・・☆

 

*はしくれのパドック速報詳細は

パドックロード(2018)12月度会員募集中!

よりご覧ください。

 




2 COMMENTS

マコト

お疲れ様でした。

アドマイヤマーズのパドック良かったですよね。
個人的にはファンタジストのパドックも良かったと思いましたが。
どうなんでしょうか?

返信する
はしくれ

マコトさん、ありがとうございます(*^^*)
はい!ファンタジスタも良かったですよね~(>_<) 今までで一番よく見えました! 腹袋のあるタイプで少し買いづらい点は有るのですが、おそらく映像からはこの馬を3番手に挙げただろうと思います。あまり静止画が上手く撮れずに診断には載せませんでしたが、マコトさんと同じく好仕上がりだと思いました(*^^*) あとはドゴールなんかもかなりよく見えた1頭でしたね。各馬の成長が楽しみです☆

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です