京成杯オータムハンデ2018結果・優勝馬はミッキーグローリー

 

重賞初挑戦初制覇。

 

安定感ある成績を挙げ

着々と実績を積み重ねてきた

遅咲き5歳の関東馬

ミッキーグローリー。

 

騎手の手腕が問われるところと

予想時にもお伝えしましたが

ルメール騎手の完璧な騎乗で

直線弾けるように伸びました。

 

持ちタイムを1秒3短縮する

自己ベストを記録してのゴール。

その一戦をまずは予想から振り返り

回顧して参りましょう。

 

<京成杯オータムハンデ2018予想・印&買い目>

◎ミッキーグローリー

〇ヤングマンパワー

買い目・・・単勝◎100円、複勝◎300円・〇100円、計500円。

 

それでは結果です。

 

<京成杯オータムハンデ2018結果>

優勝馬・・・ミッキーグローリー(◎)

2着馬・・・ワントゥワン

3着馬・・・ロジクライ

(○ヤングマンパワー8着)

払戻金・・・単勝330円、複勝140円×3

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)

 

はしくれの本命◎ミッキーグローリーが優勝。

それでは早速今回の一戦を

振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

外枠のワントゥワンが

やや立ち遅れ気味になります。

その他の各馬は大体揃った

スタートを切りました。

 

前半の600mは34秒7のタイムで

前後半のラップ差からは

スローペースとなりました。

 

開幕馬場でスローペースなら

前が残りそうなところですが

例年ペースに関係なく

外差しが決まるこのレースです。

 

ルメール騎手とミッキーグローリーは

中団の外で待機しました。

 

 

赤丸がミッキーグローリーですが

4コーナーでも慌てずに

外を回って追い出してきます。

 

ワントゥワンはほぼ最後方で

ロジクライは好位のインに居ます。

この位置取りの差をみて大体

勝負は決したように見えました。

 

 

そして直線に入ると瞬時に

加速したミッキーグローリー。

完全に例年の勝ち馬と同じ

外差しを見せてくれました。

 

最後方からワントゥワンも

勢いよく追い上げますが

スタートで後手を踏んだことと

大外のロスも堪えました。

 

 

最後は完璧な競馬を見せた

ミッキーグローリーが伸びきってゴール。

ルメール騎手もステッキを振るって

嬉しそうな勝利でした。

 

今回のレース予想時には

最初評価に悩みましたが

騎手の要素を重視した点

特に功を奏しました。

 

折り合いをつけるのが抜群に上手い

ルメール騎手がこの枠ですから

ミッキーグローリーにとっては

かなり競馬がしやすかったでしょう。

 

あとは展開的にもやはり

恵まれたと思いますが

1分32秒台の時計も

今回は向いた感があります。

 

持ちタイムに不安があったので

この点走りやすい条件でした。

 

これらを考慮した実際の予想は

京成杯オータムハンデ2018予想・本命はミッキーグローリー

で公開した通りですので

回顧と併せてご覧いただくと

復習に役立つと思います。

 

そして今回のパドック速報

パドックロードの印ですが・・・

 

 

☆1着→◎2着→〇4着→▲8着でした。

 

4着がハナ差で惜しかったですが・・・

早速回顧して参りましょう。

 

 

まずは優勝馬ミッキーグローリーです。

 

同馬はご覧いただいたとおり

腹袋が出ているタイプで

こういう仕上げは国枝調教師の

管理馬に多く見られます。

 

筋肉量がとにかく豊富で

馬体の厚みが特段凄く

ボールのような体型からは

マイルが特に合いそうでした。

 

実際予想時にもマイル戦は

向いているとお伝えしましたが

それに加えてパワータイプで

坂が得意にできるタイプです。

 

ただバランスではパドックの時点で

やや疑問が残るところでもあり

☆まで評価を下げましたが

返し馬ではピカイチでした。

 

配信の時間的には

無理のある時間帯ですが

確認できる方であれば

有効にお使いいただきたいです。

 

ただ発券窓口に進むとき

焦ってしまうこともありますが・・・。

 

 

2着馬はワントゥワンです。

 

この馬はパドック予想では

本命◎の評価でしたが

その点は特に修正すべきではない

と感じています。

 

スタートで後手を踏んで

スロー展開を大外一気

上がり最速の末脚(33秒0)を見ても

仕上がりは一段上でした。

 

あまり追い込みのイメージがない

戸崎騎手が騎乗でしたし

デムーロ騎手をラブカンプーに

譲った点も今回はあります。

 

バランスがよく張りのある筋肉で

柔軟性も感じられました。

パドックでは分からない3つのこと

が影響した一戦でした。

 

 

3着馬はロジクライです。

 

この馬はギリギリの5番手で

印を回すまではいきませんでした。

 

前走よりもバランス面で

強調できなかったことと

毛ヅヤの割にはまだ筋肉が

パンパンに張っていなかったからです。

 

ただお尻の丸いラインは

瞬発力を感じましたし

塞がったインを割って出たのは

能力のある証拠です。

 

今回は枠があまり恵まれず

タフな展開になってしまいました。

それでこれだけ来るのですから

強い馬だと思います。

 

マイルばかりを使っていますが

距離の融通は利きそうです。

短いところも長いところも

試した時は要注意でしょう。

 

それから阪神で開催された

セントウルステークスの結果ですが・・・

 

 

◎1着→〇2着→☆5着→▲10着でした。

 

こちらは本線のワンツーでしたが

2頭とも仕上がっていました。

特にファインニードルはお腹が

絞れてよい体型になりました。

 

 

こういうすっきりした絞れ方は

重馬場にも強いです。

58kgは心配でしたが

馬体に不安はありませんでした。

 

よく「重馬場では蹄を見ろ」

まことしやかに言われますが

難しい上

お腹周りの絞れ具合を見る方が

はしくれはよく当たります。

 

今週は3重賞で全て

ワンツーを見抜けましたが

このような実績もない内から

パドック論をぶつブログもあります。

 

そのあたりに引っかからぬよう

こちらのコラム

競馬に勝ちたい

もお読みいただければ幸いです。

 

はしくれはもうかれこれ15年以上

パドックにこの身を捧げてきました。

生半可な経験の上で

語っているわけではないのです。

 

パドック速報「パドックロード」

常に全力で取り組んでいます。

ご興味をお持ちでしたら

パドックロード(2018)9月度会員募集中!

をご覧下さい。

 

それでは秋競馬開幕初戦を

見事勝利で飾れましたので

この波に乗って行けるように

努めていきたいと思います。

 

また来週の当ブログ予想の

的中と皆さんの健康を祈りつつ・・・

今回はこの辺で。

失礼致します。



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「京成杯オータムハンデ2018結果・優勝馬はミッキーグローリー」への2件のフィードバック

  1. お疲れ様です!
    先週は台風21号通過後の修繕工事でバタバタして競馬は出来ませんでした^^;
    今週末も行けるかどうか微妙な感じですが…
    しかし京成杯のミッキーグローリーの1番人気は幾ら何でもあんまりでしたよね〜
    今週末はローズSだけでもやりたいと思ってます^ ^

    1. 炭酸水さん!なんと・・・
      そのような状況とは知らず、コメントまでいただき申し訳ございません(TT)
      お体はお変わりございませんか。
      修繕工事の早期完了と炭酸水さんもご自愛下さいますよう、心よりお見舞い申し上げます。

      なるほど、ローズステークスにご注目なさってらっしゃるのですね。
      今週末は3日間開催でセントライト記念の記事を作成予定でしたが、
      ローズステークスを全力で予想公開させていただきたいと思います。
      少しでもお役に立てれば良いのですが・・・。頑張ります。

      それと京成杯ですが、おっしゃるとおりオッズには驚きで(^^;)
      最初2番人気でしたし、あそこまでオッズが落ちるとは思いませんでした。
      仕上がり的にはロジクライより良かったことは確かでしたが・・・(^^)

      今週土曜日は配信を休ませていただき、日・月での予定となりますので
      その旨のちに連絡させていただきたいと思います。

      いつもお心遣いいただき、ありがとうございます。
      どうぞご自愛下さいますよう、重ねてお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です