新潟記念2018結果・優勝馬はブラストワンピース

 

35年振り。

 

久しぶりの3歳馬の優勝となった

新潟記念2018。

そのジンクスを破ったのは

ダービーで僅差の5着に敗れた

1番人気のブラストワンピースでした。

 

こういうローテの馬は少なく

ジンクスを信じるのは危険

予想時にもお伝えした通りでしたが

果たしてはしくれの予想結果は・・・

 

まずは印と買い目からご覧いただき

結果を回顧して参りましょう。

 

<新潟記念2018予想・印&買い目>

◎ブラストワンピース

〇グリュイエール

▲セダブリランテス

☆レアリスタ

買い目・・・ワイドボックス◎〇▲各100円、複勝☆100円、計400円。

 

それでは結果です。

 

<新潟記念2018結果>

優勝馬・・・ブラストワンピース(◎)

2着馬・・・メートルダール

3着馬・・・ショウナンバッハ

(〇10着、▲7着、☆12着)

 

はしくれ・・・外れです!

応援下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><)

 

8週連続の的中を目指しましたが

ついに的中ストップです。

非常に残念な気持ちです・・・。

 

単勝を上手く買えていれば

後悔もありますが

これが今の実力だなと

痛感する次第です。

 

ただ、本命◎のブラストワンピースが優勝してくれ

それ自体は救われました。

悩みに悩んだ今回の一戦でしたが

しっかり回顧して参りましょう。

 

ではまず、スタートですが・・・

 

 

大体揃った飛び出しになりました。

ここからマイネルミラノが押し上げ

赤丸のブラストワンピースは

後ろへとポジションを下げます。

 

池添騎手の話によると

ゲートはあまり得意ではないので

尚更早めにポジションを下げて

外を確保したかったでしょう。

 

 

最初の1000mの通過は

59秒2というタイムで

金曜夜の時点で不良と

発表していた馬場とは思えません。

 

水はけが相当によく

馬場は乾いてきていたようで

発表通りの良馬場という

時計の推移を見せました。

 

ブラストワンピースは後方ですが

既に外に持ち出されており

最後の直線勝負に出たのが

この時点で見て取れました。

 

 

最後の400m地点で

ブラストワンピースは大外。

予想通り内外離れて

最後は末脚勝負になりました。

 

ペースとしてはスローでしたが

馬場が乾いて時計が速く

思ったよりも前が流れたなと

いう印象を受けました。

 

伸びあぐねるグリュイエールや

セダブリランテスを置き去りにして

大外を豪快な脚で

ブラストワンピースが駆け抜けます。

 

 

最後も1馬身3/4差で

悠々と先頭でゴール。

鞍上の池添騎手も

スタンドへアピールしていました。

 

今回は本命馬の

オッズがかなり低配当で

単複重視のはしくれとしては

馬券の買い目でかなり悩みました。

 

結果ブラストワンピースの

単勝を厚めに買えていれば

この点は反省です。

 

ただ少しでも良かったところは

本命を選び違えなかったことと

普段より購入額を抑えたところです。

この点はうまくいきました。

 

特に本命馬の選定にあたっては

グリュイエールと悩んで

鞍上も重視しました。

 

やはり長くコンビを組んでいる

池添騎手とブラストワンピースは

3歳馬といえどこの点で

強みがあったと思います。

 

このあたりは

騎手はどの馬を選んだか?

で既に詳述していますので

こちらもぜひご覧ください。

 

それではパドックロードの印と

診断に参りましょう。

まず配信結果ですが・・・

 

 

◎1着→〇7着→☆8着→▲10着でした。

 

では優勝馬ブラストワンピースから

お伝えして参りましょう。

 

 

これはもうコメント通りの

好仕上がりを見せていました。

調教も動いていたと

情報が入っていますが

一頭かなり際立って

仕上がっていたと思います。

 

ダービーの時からマイナス2kgと

体重を落としていますが

その時よりも更に筋肉が

充実しているのが分かります。

 

夏場にこうして身が入る馬は

成長力のある証ですし

秋の活躍も十分に

期待ができると思います。

 

菊花賞もこなせそうですが

個人的には天皇賞秋が合うと思います。

万能タイプの馬体ですが

ステイヤータイプではありませんので・・・。

それでも楽しみは尽きませんが(^^)

 

 

そして2着馬はメートルダールです。

 

この馬には驚かされました。

プラス20kgが示すとおり

馬体はまだかなり緩かったですし

最後あれだけ良い脚を使って

2着に飛び込むとは思いませんでした。

 

ただデータ予想の際には

かなり最後まで迷った馬で

ここまで馬場が回復するなら

有り得た一頭だと思います。

 

何より福永騎手がわざわざ

乗ることを選んでいますし

それなりの勝算はあると

踏んでいたということでしょう。

 

もう少し絞れていたら

更に切れ味を発揮したでしょう。

新潟コースも合っていると

その走りから思いました。

 

 

そして3着馬はショウナンバッハです。

 

この馬は13番人気と

人気こそ一息でしたが

馬体自体はかなりハイレベルな

仕上がりにありました。

 

正直2着のメートルダールより

遥かにこちらが良いと思いましたし

最後まで悩んで切った

残念な一頭です。

 

今回は人気馬は総じて

良い仕上がりにありましたし

それでいて3着するのだから

この馬も大したものです。

 

ハンデ差もあったとはいえ

驚けない結果でした。

 

そして同日開催された

小倉2歳ステークスの配信結果

ですが・・・

 

 

▲5着→〇8着→◎10着→☆11着でした。

 

なんと4頭全て馬券圏内から

外れる結果となってしまいました。

会員の皆様には大変申し訳ございません(><;)

 

このレースははしくれも手痛く

やられてしまいました・・・。

来週は巻き返したいです。

 

さて

今週の結果は外れて

残念な気持ちですが

夏競馬が終わり来週からは

秋競馬が開催されます。

 

また的中を重ねられるよう

力一杯取り組みますので

どうぞ皆さん変わらぬご声援を

よろしくお願い申し上げます。



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です