キーンランドカップ2018結果・優勝馬はナックビーナス

 

逃走。

 

逃げて競馬をすると思われた

大外枠のオールインワンですが

これを制してハナを叩いた

ナックビーナスの見事な逃げ切り。

 

稍重馬場だったこともあり

同馬の鞍上モレイラ騎手が

果敢に先手を主張していき

完璧に捌いた結果でした。

 

マジックマンの異名をとり

JRAの移籍に向けて

全開モードのモレイラ騎手。

 

昨年も3着していた

惜敗続きのナックビーナスに

鮮やかな逃走劇で

ついに勝利をもたらしました。

 

そんな結果となった

キーンランドカップ2018を

まずは予想から振り返り

回顧して参りましょう。

 

<キーンランドカップ2018予想・印&買い目>

◎ダノンスマッシュ

〇レッツゴードンキ

買い目・・・◎〇単勝各100円、◎複勝200円、◎〇馬連100円、計500円。

 

それでは結果です。

 

<キーランドカップ2018結果>

優勝馬・・・ナックビーナス

2着馬・・・ダノンスマッシュ(◎)

3着馬・・・ペイシャフェリシタ

(〇レッツゴードンキ5着)

払戻金・・・230円×2

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)

 

少しガミッてしまいましたが

これで函館記念から7週連続的中・・・

レース数を絞った効果が

実感できる結果です。

 

今回は台風の影響もあり

馬場状態を推測するのに

中々頭を悩ませましたが・・・

的中は嬉しいです。

 

それでは早速的中となった

キーランドカップ2018を

まずはスタートから振り返り

回顧して参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

優勝馬ナックビーナス(赤丸)が

ポンと好スタートを決めます。

その隣でトゥラヴェスーラが

やや後手を踏みました。

 

序盤は外のオールインワンが

ハナを切ると予想しましたが

これがすっかり空振りに終わり

ナックビーナスがハナに立ちます。

 

最初の600M通過は

33秒7でしたが

これは稍重馬場を踏まえると

時計通りのハイペースでした。

 

 

レースが中盤に差し掛かっても

ナックビーナスが引く気配はなく

むしろ4コーナーに向かって

後続を離して行きます。

 

 

直線に入ると隣から

ダノンスマッシュも追いすがりますが

インを真っ直ぐ突き進んでいく

ナックビーナスが逃げていきます。

 

そのまま着差は開くばかりで

ダノンスマッシュも粘りましたが

結局2馬身半の差をつけて

ナックビーナスが貫禄のゴール。

モレイラ騎手も嬉しそうに

相棒を讃えていました。

 

 

今回は逃げ予想の

オールインワンが逃げなかった上

思ったよりハイペースになり

予想のズレも生じていました。

 

ただそれでも的中が叶ったのは

やはり

馬場が読めていたこと

が大きいです。

 

今回の札幌の馬場状態は

稍重ということに加えて

インがまだまだ生きていたこと

がかなり大きく影響しました。

 

外を回った馬は全滅

この点が読めていたので

先行しそうなダノンスマッシュを

選ぶことができました。

 

稍重実績もありますし

5年前のレースも稍重で

先行馬が粘りましたから

この点を重く見たのは

正解といえるでしょう。

キーンランドカップ2018予想・本命はダノンスマッシュ

 

あとは札幌競馬場は

直線距離が短いので

ペースが多少速くなっても

馬場が渋ると粘りやすいです。

 

これらを総括的に捉えた

モレイラ騎手はやはり凄いです。

マジックマンの本格参戦が

待ち遠しいところです。

 

次に上位入線馬の

パドック診断に参りますが・・・

「パドックロード」の予想印

以下の通りでした。

 

 

▲1着→〇2着→◎5着→☆9着でした。

 

それでは早速パドック診断を

実施して参りましょう。

 

まず優勝馬ナックビーナスですが・・・

 

 

この馬は最初

本命候補の一頭だったのですが

前回も既に仕上がっており

特段変化はありませんでした。

 

そのため▲にしましたが

モレイラ騎手の好騎乗もあり

前回より更に前進が

可能になったのだと思います。

 

520kgを超える

馬体重の通り筋肉が多く

とても牝馬とは思えないほど

重厚感のある馬体です。

 

いかにも短距離戦が合うという

スプリンターの好例でしょう。

 

 

次に2着馬ダノンスマッシュです。

 

この馬は夏を迎えて

一回り成長しました。

若干発汗は目立ちましたが

絞れた馬体も好印象で

バランスもきちんと整っていました。

 

さすが短距離戦が得意な

安田厩舎といったところで

やや胴が詰まった感じも

むしろ適性を感じました。

 

まだ仕上げとしては八割で

更に上昇も臨めそうです。

 

 

そして3着ペイシャフェリシタですが・・・

 

この馬も前回同様

好仕上がりを維持していました。

 

前走で印を打って

案外な結果だったので

今回は外しましたが

不思議ない好走でした。

 

決してフロックなどではなく

地力を証明してくれました。

インを突いた田辺騎手にしても

好判断だったと思います。

 

この馬は特にバランスに

良いところが有ると思います。

コロッとした馬体的にも

短距離は向いているでしょう。

 

それから同日開催された

新潟2歳ステークスの配信結果は・・・

 

 

◎1着→〇2着→▲4着→☆6着でした。

 

本線のワンツーとなり

これも嬉しい結果です。

 

優勝馬ケイデンスコールは

ダノンスマッシュの安田厩舎・・・

本当に腕のある

調教師さんだなと感心します。

 

付くべきところに筋肉をつけて

絞れてくるのだから凄いです。

成績に安定感が

あるのも頷けるところです。

 

ということで・・・

今週の当ブログ予想も

見事的中となりましたし

パドック予想も両重賞で

ワンツーを見抜くことができました。

 

ライヴ観戦が一切無かった

夏競馬のシーズンでも

モニターがあれば相馬眼は

十分活かせると証明中です。

 

パドックのことが分からない人が

疑問視する声もありますが

モニターでも相馬眼は

鍛えていくことができます。

 

パドックで実績も出せない内から

見方をどうこう言ういかがわしい

競馬ブログも中にはありますので

皆さんはご注意ください。

競馬に勝ちたい

 

これからも当ブログ予想は

日夜研鑽に励みますので

どうぞ応援下さいますよう

よろしくお願い申し上げます。

 

*9月のパドック会員予約受付中です☆

詳細は下記リンクをご覧下さい。

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です