小倉記念2018結果・優勝馬はトリオンフ

 

楽勝。

小倉記念2018の結果は

2番手から楽々と抜け出した

トリオンフの優勝で幕を閉じました。

 

近年1番人気馬は勝利から

遠ざかっていましたが

レコードを更新する走り

見事ジンクスを跳ね返して優勝。

 

小倉競馬場を得意とする

武豊騎手の手腕も光った一戦でしたが

まずはこの一戦を予想から振り返り

いつも通り結果を回顧していきたいと思います。

 

<小倉記念2018予想・印&買い目>

◎サンマルティン

〇マウントゴールド

買い目・・・◎・〇単勝&複勝各100円、馬連◎ー〇100円、計500円。

 

それでは結果です。

 

<小倉記念2018結果>

優勝馬・・・トリオンフ

2着馬・・・サトノクロニクル

3着馬・・・マウントゴールド(〇)

(◎サンマルティン7着)

払戻金・・・複勝250円

 

はしくれ・・・的中です!

が、かなりガミッてしまいましたね。

申し訳ございません。

 

対抗〇のマウントゴールドが

なんとか3着に粘ってくれて

半分は回収することが出来ましたが・・・

はしくれの本命◎サンマルティンは7着。

 

それでは早速今回の一戦を

振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

大体揃った飛び出しになりました。

赤丸で囲った優勝馬トリオンフはこの位置で

ここから序盤は何が行くかの

探り合いになりました。

 

先手を切っていったのは

大方の予想通りマウントゴールドでした。

これに赤丸のトリオンフが続き

内にエーティーサンダーと

外からはサトノクロニクルが並びます。

 

 

レースはこのあと特段流れに

変化が見られないまま進み

前半を1分丁度の

スローペースで流れました。

 

こうなると最早後続に

出番は全くありませんでした。

2番手から満を持して

トリオンフが追い出しを図り

粘るマウントゴールドを

置き去りにしていきます。

 

 

残り200M時点で

既に勝負あったという走りで

2着には外からなんとか

サトノクロニクルが追い上げました。

 

そして最後は3馬身差をつける

レコードの大楽勝。

同馬はこれで2月の小倉大賞典と

小倉重賞を連勝です。

 

 

今回の予想の反省点は

ペースが読めていたにもかかわらず

直線での瞬発力を重視した点です。

末脚よりも立ち回りの方を

より重視すべき一戦でした。

 

因みにパドックロードの印ですが・・・

 

 

☆1着→〇5着→◎7着→▲10着でした。

それでは早速パドックの状態も

回顧して参りましょう。

 

 

まず優勝馬トリオンフですが・・・

相変わらず良い馬っぷりでした。

馬格のある体つきに

豊富な筋肉量といい

最初は本命でも良いかなと思ったのですが・・・

 

よくよく見るとお尻が少し

小さく見えたのが引っかかり

悩んだ末に4番手まで

印を下げてしまいました。

 

絞り切れないところが同馬の

難しいところですが

この点は今回かなり

クリアされていたと思います。

ツヤも良かったですからこれで

十分だったということでしょう。

 

 

2着はサトノクロニクルでした。

この馬も別段悪い点はありませんでした。

バランスも張りもよく

他にもっと仕上がりが良いと

判断した馬が別にいただけで

この馬なりの仕上がりには

あったと思います。

 

あまりツヤをよく見せないタイプで

この点は以前からです。

筋肉も柔らかくまだ

若いところがある馬です。

 

 

3着馬はマウントゴールドです。

この馬は当ブログ予想では

対抗の評価でしたが

まだ体全体が細く見え

この点から切ってしまいました。

 

発表ではプラス10㎏と

かなり増やして臨んでいますが

まだ物足りない感じがして

成長途上と判断しました。

 

今回は流れも向いて

3着という結果でしたが

地力の高い証拠でもあると

改めて感じられました。

 

線の細さが解消するのか

このまま細いタイプで行くのか

今後の同馬はこの点が気になるところです。

 

また距離的には現状もっと

長い方が良いと思います。

それであればこの作りでも

上が目指せると思います。

 

ということで・・・

今回の小倉記念は

スローペースが結果に大きく

影響を及ぼした一戦でした。

馬場もまだかなり内が生きていて

インで先行する馬にとって

走りやすい一戦でした。

 

それから新潟の重賞

レパードステークスの結果ですが・・・

 

 

▲4着→☆5着→◎6着→〇9着でした。

こちらは更に良いところ無く

会員の皆様には大変申し訳ございませんでした(>_<)

 

正直人気馬はどれも良く見え

結果には驚いています。

人気上位馬4頭全てが

馬券圏外の決着でした。

 

優勝馬グリムに関しては

やや腹袋が張ったタイプで

いつもこんな感じの馬体で

穴を開けてくる印象です。

今後もこの点に関しては

警戒が必要になるでしょう。

 

また

この土日も猛暑で馬の

発汗が目立ちましたが

当ブログをご覧下さる皆さんも

熱中症にはご注意下さい。

 

今週は台風の影響もありそうですので

はしくれ自身も体調管理をしっかりとして

また土日を迎えたいと思います。

 

そして今回も当ブログ予想を

ご覧下さった皆さんと

パドックロードの会員の皆さんに

心より感謝申し上げつつ

予想力向上に一層精進したいと思います。

 

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です