京都新聞杯2018予想

 

コース適性。

エリザベス女王杯が開催される

この京都2200mですが

長い末脚が要求される

巧者の居る舞台です。

 

今回の京都新聞杯2018が開催される

Cコースはカーブが大きく

それだけにスタミナのロス

考えなくてはなりません。

 

インで温存したいですが

内目の芝に傷みが見られ

単純に経済コースを

進めば良いとも限りません。

 

前年の勝ち馬

プラチナムバレットをはじめ

毎度差し馬が台頭する

レース展開になりやすい舞台。

 

長い末脚を発揮できて

コースの中を割れるタイプ

今回の本命に抜擢したいと思います。

 

それでは早速

京都新聞杯2018の予想印と

買い目を公開致しましょう。

 

<京都新聞杯2018予想・印&買い目>

◎レイエスプランドル

買い目・・・単勝&複勝各200円、計400円。

 

本命◎はレイエスプランドルです。

同馬は前走・山吹賞で

ハナ差の勝利をものにしましたが

この時と今回は同じ

10番枠からのスタートです。

 

頭数は増えていますが

似たような走りができそう

馬場の中ほどを中団より

やや前で運べそうです。

 

残り800mから

長く末脚を使った前回

坂でストップする事もなく

上がり最速で差し切りました。

 

前走は遠征競馬で

馬体も増えていましたが

減った馬体が戻ったようで

無駄のないつくりでした。

 

今回は地元・関西での一戦となりますし

スタミナ面でも2200mは

得意にできると思います。

 

5戦して馬券圏外は

一度もない堅実派

ここを勝ってダービーに駒を

進めてくれれば嬉しいです。

 

印は絞ってレイエスプランドルの

単・複で臨みます。

 

キズナの優勝から早5年が

経過した当レースですが

今年のメンバーから注目馬が

現れることに期待しましょう・・・☆

 

*月初めがやっぱりお得!

はしくれの「パドックロード」は

パドックロード(2018)5月度会員募集中!

よりご覧ください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です