フローラステークス2018結果

 

瞬発力。

スタートで出遅れながら

後方から鮮やかに差し切った

サトノワルキューレの勝利。

 

距離が伸びても更にやれそうな

その末脚は圧巻でした。

開幕週のきれいな芝で力を競った16頭。

その一戦をまずは予想から

振り返りたいと思います。

 

<フローラステークス2018予想・印&買い目>

◎オハナ

○ノームコア

買い目・・・単勝&複勝◎○各100円、計400円。

 

それでは結果です。

 

<フローラステークス2018結果>

優勝馬・・・サトノワルキューレ

2着馬・・・パイオニアバイオ

3着馬・・・○ノームコア

(◎オハナ14着)

払戻金・・・複勝260円

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)

 

ただでさえガミった上に

はしくれの◎オハナは14着に沈みましたが・・・

それでは早速レースを回顧して参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

なんといきなり1番人気の

サトノワルキューレが出遅れます。

他にもスタートが今一な馬もいて

バラっとしたスタートになりました。

 

 

先頭に立ったのは7番のデュッセルドルフで

前半の1000Mは61秒1で進みます。

芝状態も良かったので

後続には厳しいスロー展開です。

◎オハナは先行集団のインで

悪い位置ではありません・・・

 

 

直線に向くと

デュッセルドルフの外に付けていた

ノームコアが先頭に立ちます。

緩い流れときれいな芝で

抜け出してからもかなりの粘りを発揮した同馬ですが

それを見ていたパイオニアバイオ

中から交わしにかかります。

これで決着するかと思われたところでしたが・・・

 

 

何と最後は外から伸びてきた

サトノワルキューレがまとめて前を交わし去りました。

これには東京競馬場も大歓声に沸きましたが

はしくれも驚きの15頭一気のごぼう抜きでした。

 

前後半のラップ構成を

比較してみると分かるのですが

このサトノワルキューレは

2秒以上のスローラップを

最後方から差し切っています。

 

これは並みの馬には

まずできない芸当ですし

出遅れてのごぼう抜きには

正直度肝を抜かれました。

 

因みにこの一戦のパドックロードの印ですが・・・

 

 

▲1着→☆3着→◎7着→14着でした。

なんとか2頭3着以内に入線してくれましたね。

 

優勝馬サトノワルキューレ

まだ馬体がこじんまりと見え

バランス・筋肉の質ともに一番の仕上がりでしたが

ツヤが今一な事も含めて

▲の評価としました。

馬体重は446kgでしたが

はしくれの目には420kg台くらいに映りました。

それでこのパフォーマンスですから

本番もかなり期待できそうです。

 

2着馬パイオニアバイオ

悪くはない仕上がりでした。

ツヤ・張りともに気になるレベルで

及第点は付けられましたが

はっきりとした特徴の無い馬

この点無印評価でした。

結果論にはなりますが

かなり好調だったと見て良いと思います。

 

3着のノームコア

まだ緩いところがあります。

これは前走時にも見られた

同馬の特徴のひとつですが

これは芦毛馬の中で時々見られる特徴のひとつです。

近年ではアエロリットの中山記念がそれでしたが

どうも3着になりやすい仕上げという事でしょう。

実はこの3着が定位置だろうと

☆評価に止めました。

この部分はかなりピンポイントで的中したのが面白かったです。

 

◎に推したレッドベルローズ

きれいな馬だと思いました。

若干汗はかいていましたが

バランスが良く良質な筋肉を持ち

かなり良い仕上がりでした。

馬体重は±0kgの発表でしたが

この馬はあと少し絞っても良いと思います。

切れ味がありそうなので東京は向いていそうでしたが

どうも最後の一伸びを欠いたのは

スタミナ切れに映ります。

中距離までならこなせそうという

判断で臨みましたが

マイルあたりの距離の方が分があるかもしれません。

 

そして○のオハナですが

これもかなり好仕上がりでした。

レース運びも悪くなく

スタミナの問題からの敗戦かなと思います。

柔軟性に乏しい馬体で

その点距離が伸びるとあまり歓迎できませんが

今回の敗戦だけでは決して見限れない馬です。

マイル辺りの距離に戻せば

すんなり復活もあるでしょう。

 

それから4着に来たサラキア

中々に好仕上げでした。

この馬も馬格的にかなり小さく感じますので

この点は馬体に幅が出てくるかが鍵でしょう。

ただ柔軟性に富んだ馬体で

距離はどこでもこなせそうです。

 

という事で・・・

今回のフローラステークス2018の結果は

スローペースを出遅れて大外から

全頭まとめて差し切るという

サトノワルキューレの豪快な勝利で幕を閉じました。

 

この結果はオークスにも結びついてきそうなので

強敵揃いの本番でも楽しみなところです。

走破タイム1分59秒5も非常に優秀な時計ですので

デムーロ騎手を背に再びの好走へ

十分期待が持てるところです。

 

本番では桜花賞組との対戦も

パドックでしっかりと見極めたいと思います。

 

フローラステークス2018結果・データ

馬場状態:良。開幕週のきれいな馬場。

走破タイム:1分59秒5(レースレコード)

1000m通過:61秒1

ペース:スローペース

レース上がり3F:34秒5=優勝馬33秒4(最速)




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です