福島牝馬ステークス2018結果

 

重賞初制覇。

今年の福島牝馬ステークスは

キンショーユキヒメの差し切りによって

鮮やかに幕を閉じました。

 

パドックの際も

遊ぶように歩いていましたが

相変わらずの意外性を

遺憾なく発揮した同馬。

 

この福島牝馬ステークス2018の結果を

まずは予想から振り返り

回顧して参りましょう。

 

<福島牝馬ステークス2018予想・印&買い目>

◎トーセンビクトリー

○カワキタエンカ

▲ゲッカコウ

買い目・・・単勝◎100円、ワイドボックス◎○▲各100円、計400円。

 

それでは結果です。

 

<福島牝馬ステークス2018結果>

優勝馬・・・キンショーユキヒメ

2着馬・・・デンコウアンジュ

3着馬・・・○カワキタエンカ

(◎トーセンビクトリー4着、▲ゲッカコウ9着)

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ごさいませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎トーセンビクトリーは4着・・・。

それでは早速

レース内容を振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

かなりバラっとしたスタートになります。

ベアインマインドやワンブレスアウェイ

そして赤丸で囲った

優勝馬キンショーユキヒメも

後方からのスタートでした。

 

 

そしてまずは逃げることが予想された

カワキタエンカが定位置を確保しますが

2番手以下も固まって馬群は凝縮しています。

前半800Mの通過は47秒2

この時点でスローな流れとは言えない展開となりましたが

やはりカワキタエンカの単騎逃げを警戒して

各馬早めについて行きます。

 

 

4コーナーを回って

キンショーユキヒメはこの位置。

勢いはありましたが

まだ届きそうにはありません。

粘るカワキタエンカを巡って

デンコウアンジュとトーセンビクトリーが

段々と差を詰めますが・・・

 

 

最後は矢のように外から差してきた

キンショーユキヒメが先頭でゴール。

これで同馬は念願の

重賞初制覇を飾りました。

 

同馬の最後の直線の伸びには

正直かなり驚きましたが

内が思ったより荒れた馬場で

ペースも速くなりました。

この展開を考えれば結果には納得です。

 

また、この勝利で鞍上の秋山騎手は

JRA全10場の重賞制覇を達成しました。

おめでとうございます。

 

因みにパドック配信の結果ですが・・・

 

 

〇2着→◎4着→☆5着→9着でした。

今回はかなり難しいパドックでした・・・。

 

それというのも

◎トーセンビクトリーは

すぐに決まったのですが

他の3頭を選ぶのにかなり骨が折れました。

 

短評にもあるとおり

◎トーセンビクトリーはかなりの好仕上がりでしたが

それ以外の馬たちには一癖も二癖もありました。

 

トーセンビクトリー自体は

4コーナーを回ってからの伸び方が今一で

このあたり最内の荒れた馬場の影響も感じられました。

 

ただそれでも

単勝を買い増す程の仕上がり

でしたし

◎は他には考えられないつくりでした。

バランス良好、張り良好で

95点の仕上がりです。

 

対して優勝馬キンショーユキヒメ

非常に判断に迷いました。

馬体的には正直かなり良いように思えましたが

何分パドックで前脚をバタつかせて

遊んでいるような仕草でした。

 

この仕草は同じ芦毛の

ゴールドシップがよくやった仕草

こういう仕草が見られるときは

あまり良績を残していません。

そのため外してしまいましたが

これが失敗の元でした。

パドック会員の皆様には大変

申し訳ごさいませんでした。

キンショーユキヒメに関しては

好調のサインと見るべきかもしれません。

 

2着馬カワキタエンカ

まだ仕上がりが8分でしたが

それでも〇に推したのは

前走と似ていたからです。

この馬は良く見せなくても

悪く見せなければ走るようです。

 

そして3着馬デンコウアンジュ

これも中々の仕上がりでした。

まとまりが有りツヤがよく

状態は良かったと思います。

ただ体型的にはマイル向きなので

このあたりが疑問でしたが

ペースと馬場を上手く捌いた

蛯名騎手もお見事でした。

1800Mまでなら大丈夫ということでしょう。

勉強させられてしまいました。

 

総評としてはカワキタエンカは

前走からの修正が上手く行きましたが

何分1、3着馬の仕上がりには惑わされました。

これからも「パドックロード」が皆様のお役に立てるよう

精一杯精進していきたいと思います。

 

他には

4着馬レイホーロマンス

も馬体を増やして好感でしたし

9着のゲッカコウ

もハリのある仕上げが目を引きました。

 

この辺りは

各馬のキャラの把握

が問題になりますが

牝馬は特にこの辺りが重要になりやすいです。

着実に記憶しておき

次に生かしたいと思います。

 

今回はデータ予想では

ペースも馬場も展開も全く読み切れませんでした。

前年とはまた違った一戦だったと思います。

パドック予想も含めてまだまだ鍛えなければなりませんが

これからも一段と気を引き締めて参りますので

どうぞこれからも当ブログを

よろしくお願い申し上げます。

 

福島牝馬ステークス2018結果・データ

馬場状態:良。基本的にインがやや荒れ気味の馬場。

走破タイム:1分46秒8

800M通過:47秒2

ペース:ハイペース

レース上がり3F:36秒1=優勝馬35秒4



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です