タワーオブロンドン優勝!アーリントンカップ2018結果

 

絶対的なスピード能力。

それを見せ付ける結果となった

タワーオブロンドンの優勝。

アーリントンカップ2018は

同馬の鮮やかな差し切りによって

幕を閉じました。

 

NHKマイルカップへ向けて

これ以上ない臨戦過程で

同馬は本番を迎える事ができそうです。

 

その視界良好と言える走りを

まずは予想から振り返り

レース内容と馬体診断も

続けてお伝えしたいと思います。

 

<アーリントンカップ2018予想・印&買い目>

本命◎タワーオブロンドン

買い目・・・単勝&複勝各200円。

 

それでは結果です。

 

<アーリントンカップ2018結果>

優勝馬・・・◎タワーオブロンドン

2着馬・・・パクスアメリカーナ

3着馬・・・レッドヴェイロン

払戻金・・・単勝310円×2、複勝150円×2。

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)

 

はしくれの本命◎タワーオブロンドンが優勝・・・☆

それでは早速レースを振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

ややバラっとしたスタートになります。

赤丸で囲ったタワーオブロンドンはこの位置。

このスタートについては

レース後にルメール騎手が

「スタートがあまり良くなかった」

と回顧しています。

休み明けの影響もあったかもしれません。

 

 

最初の600m通過は34秒5。

全体的にはミドルハイのペースで

淀みなくレースが流れていきます。

先頭にはラブカンプーで

タワーオブロンドンは中団後方で控えています。

 

 

4コーナーを回って直線を迎えると

後続の各馬があっという間に差を詰めてきます。

タワーオブロンドンは進路を塞がれる形となり

前がバラけるまでは満足に

スパートする事ができません。

抜け出したインディチャンプが

内々で粘りますが・・・。

 

 

坂を上ってから爆発的に伸びた

タワーオブロンドンが差し切って優勝。

2~3着にも差し込んできた

パクスアメリカーナとレッドヴェイロンが入りました。

 

今回はレース展開も思い描いたとおりに運んで

きっちりとタワーオブロンドンが

勝ち切ってくれて嬉しかったです。

予想が上手く行きましたので

参考にしていただければ幸いです。

アーリントンカップ2018予想・本命はタワーオブロンドン

 

そしてパドックロードでの印ですが・・・。

 

 

◎1着→○2着→▲3着→☆4着でパーフェクト的中でした!

4連単があったらなあ・・・

という結果でしたが

きちんと3連単と3連複は押さえておきました(*^^*)

 

 

普段はしくれは1レースで600円買いですので

買い目の点数は6点以内、競馬を長く続けていくなら・・・

当ブログ予想と合わせて

この分だけ買い足しました。

本当に4連単があったら面白かったのですが・・・。

それにしても3連単の破壊力は凄いですね。

 

因みに優勝馬タワーオブロンドンですが

今日の仕上がりは8割でした。

それでも本命に推した理由は

バランスが良かったことと

豊富な筋肉量です。

 

やはり休養を挟んでも

この点の見栄えはピカイチでしたし

他の追随を許さない迫力がありました。

馬体的には1400m辺りが

ベストな体をしていますが

マイルまでならこなせる体で

次走は上積みも見込めます。

 

 

次に2着馬パクスアメリカーナ

ほぼ100%仕上がっていました。

さすがダノンプレミアムの

調教師さんだなと思いますが

今回は相手が悪かったなと思います。

 

素質で勝るタワーオブロンドンに

及ばなかったのは無念でしょうが

これだけきちんと仕上がる同馬は

中々の逸材です。

今後の成長が楽しみです。

 

3着のレッドヴェイロン

まだ緩いところがあります。

それでいてこの競馬ですから

伸びしろは十分でしょう。

 

均整の取れた馬体は

好感が持てますし

切れ味のあるシャープな体は

距離が伸びてもこなせそうです。

活躍の場がこれから

広がっていくと思います。

 

最後に4着のインディチャンプ

胴が詰まってマイルまでのタイプに映りました。

前走時も思いましたが

仕上がりは良好でしたし

最後差された分はおそらく

スタミナの差だと思います。

1400mくらいがベストの距離と言えそうで

直線もできれば短い方が良いと思います。

 

因みにこれら競走馬の

距離適性に関しましては

距離適性とは?見極め方法を伝授します!

で詳しくお伝えしていますので

そちらもどうぞご参考になさってみてください。

 

皐月賞に目もくれずに

マイル路線を突き進むタワーオブロンドンが

NHKマイルカップでどんな競馬を見せてくれるのか。

今から楽しみでなりません。

 

アーリントンカップ2018データ

・馬場状態:良。ややインが荒れ気味。

・走破タイム:1分33秒4

・600m通過:34秒5

・ペース:ミドルハイ

・レース上がり3F:34秒7=優勝馬34秒2

 

*4月も好調「パドックロード」は・・・

パドックロード(2018)4月度会員募集中!

をご覧ください☆



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です