優勝馬はガンコ!日経賞2018結果

 

上昇急。

まさに春の上がり馬として

先行から見事押し切ったガンコ。

人気は3番人気でしたが

走りは堂々たるものでした。

 

このガンコが優勝した

日経賞2018の結果

まずは予想の回顧から

お届けしたいと思います。

 

<日経賞2018予想・印&買い目>

◎キセキ

買い目・・・単勝&複勝各200円、計400円。

 

それでは結果です。

 

<日経賞2018結果>

優勝馬・・・ガンコ

2着馬・・・チェスナットコート

3着馬・・・サクラアンプルール

(◎キセキ9着)

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの◎キセキは9着・・・。

それでは早速レースを回顧して参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

外枠でソールインパクトが

好スタートを切ります。

他の各馬は大体揃ったスタートで

◎キセキは後ろに下がります。

 

 

序盤は大方の予想通り

赤丸のガンコが先手を奪いまして

各馬これを見る形で

自分のポジションを取っています。

ここまでは思った通りの展開となりましたが・・・

青丸のキセキがここで予想外の動きに出ます。

 

 

12~13馬身はあろうかという先頭との差を

なんとスタンド前から仕掛けていき

一気に逆転してしまいます。

さすがにこれには一体何が?

と思わずにはいられませんでした。

1000mの通過タイムは62秒8です。

 

 

そのまま隊列が変わらず

逃げの手に出たキセキを

最後の直線でガンコが差し返します。

このあとキセキはずるずると後退し

見せ場を作る事はできませんでした・・・

 

大外からサクラアンプルールと

チェスナットコートが差してきますが

ガンコとの差は縮まりません。

 

 

結局最後までガンコがリードし

見事初重賞制覇を飾りました。

 

結果としては今回の予想は

復習しづらい敗戦でした。

ルメール騎手の判断には

正直疑問が残りますが

ペース自体は確かにスローで

それは当たっていたと思います。

 

ただ、インが良くない馬場ですので

外を回るはめになりますし

スローでも外から差せる

瞬発力のあるキセキです。

 

馬場は良に回復したとはいえ

パンパンではありませんし

敢えて先手を奪う走りを

する必要がありません。

 

ガンコと並んで行くくらいなら

まだ納得ができるのですが

交わし去って差をつけての

先頭を走るとなると・・・

正直暴走のようでした。

 

因みにパドックロードの印は・・・

 

 

☆3着→◎5着→▲6着→○9着でした。

う~ん・・・

3着以内に1頭とは残念です。

 

◎トーセンバジルは85点の仕上がりでしたが

まだツヤもそこまで良くなく

体型維持を上位にとっての1番手評価でした。

 

○のキセキはブログ予想より

印を落としたのですが

腹回りが絞りきれずに80点というところでした。

これが影響したのかルメール騎手が

前に行ってしまいました。

ルメール騎手は馬が太いと

前に行く傾向がありますので・・・。

 

▲はゼーヴィントですが

これも80点の仕上がりでした。

まだ緩さがありますから

休み明けも影響しているでしょう。

ただ、やはり素質の良さには

特筆すべきものがあります。

 

☆はサクラアンプルールでしたが

いかにも中山向きの馬体で

お腹が少し張り出しているのが

選出のポイントでした。

 

優勝馬ガンコは5番手評価でしたが

前走よりも上昇しており

非常に悩むところでした。

ただバランスでやや難があるので

選びにくいところでした。

 

2着馬チェスナットコート

思いのほか走った印象です。

まとまりの良い馬体ですが

特筆すべき点がなく

ちょっと驚いています。

この馬は完全にノーマークでした。

 

しかしガンコは藤岡騎手が

実に見事に捌いていました。

荒れたインを最後も通らず

自身のペースを守って走り

美しい競馬でした。

 

以前から逃げるのが上手い騎手ですが

絶妙な手綱捌きで

これも功を奏した感はあります。

絆の力でしょう。

 

ガンコはこれで同騎手が乗って

3戦全勝としましたし

クリンチャーが武豊騎手に

手綱が移ってしまったので

この点でも同馬に賭ける思いの強さを感じました。

 

このあたりが見抜けなかったのは

残念なところです。

今回このような結果が出たので

天皇賞春に向かえば

面白い一頭になります。

どんな競馬をしてくれるのか

楽しみなところです。

 

そして予想の腕を磨いて

これからも的中へと

精進したいと思いますので

これからも当ブログを

どうぞよろしくお願い致します。

 

日経賞データ

・馬場状態:やや重から回復した良。インが死んで荒れ馬場。

・走破タイム:2分33秒9

・1000m通過:62秒8

・ペース:かなりのスローペース

・レース上がり3F:36秒0=勝ち馬35秒6




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です