中山牝馬ステークス2018結果・優勝馬はカワキタエンカ

 

稍重馬場の中山競馬場。

先週からのBコースから

今週はAコースに替わり

芝は内目が生きている馬場状態でした。

 

ハンデ戦で混戦模様となった当レースですが

果たしてはしくれの予想は的中したのでしょうか。

先ずは予想からご覧頂き

結果と回顧へと移って参りましょう。

 

<中山牝馬ステークス2018予想 印&買い目>

◎マキシマムドパリ

買い目・・・単勝100円、複勝300円、計400円。

 

それでは結果です。

 

<中山牝馬ステークス2018結果>

優勝馬・・・カワキタエンカ

2着馬・・・フロンテアクイーン

3着馬・・・レイホーロマンス

(◎マキシマムドパリ12着)

 

はしくれ・・・惨敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの◎マキシマムドパリは12着・・・

それでは非常に残念な結果となった

中山牝馬ステークス2018を

早速回顧して参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

エテルナミノルが立ち上がったものの

落ち着いてからスタートが切られ

各馬大体揃った飛び出しになりました。

 

外枠に入った優勝馬カワキタエンカが

予定通りに先手を奪いに

内側へと切れ込みます。

 

 

このカワキタエンカが後続を引っ張りますが

競り合おうとする馬はいません。

また、はしくれの本命マキシマムドパリは

行き脚がつかず中団のインで

馬群に包まれてしまいます。

 

稍重馬場は予想通りでしたが

先頭を進むカワキタエンカも

1000M通過61秒3の絶妙のスローペース

これは後続が届かないかも・・・

と早くも厳しい結果を覚悟しました。

 

 

4コーナーを回ってからも

先頭のカワキタエンカの手応えは残ったままで

後続が追いすがりますが

届く気配がありません。

 

内からフロンテアクイーンが追い上げ

外からレイホーロマンスが迫りますが・・・。

 

 

結局終始先頭を走ったカワキタエンカが鮮やかなゴール。

無駄のない走りを見せてくれた

池添騎手もお見事でした。

 

今回の敗因は

このカワキタエンカの単騎逃げを軽視したこと

に尽きます。

 

同馬は前走で10着に沈むなど

調子に不安があったこともあり

Aコース替わりといえど

楽に逃げ切れるとは思っていませんでした。

 

また

ハンデ戦とはいえ必ずしも

軽量馬で決まるレースとも言い切れないため

データ的にもこの軽ハンデを重くは扱えませんでした。

 

稍重馬場の影響なのか

トップハンデ56㎏組は3頭とも馬券圏外でした。

レースデータを記しておきます。

 

中山牝馬ステークスデータ

・馬場状態:稍重。Aコース替わりでインが伸びる馬場状態。(週中の芝刈りによる高速化の影響も見られた)

・走破タイム:1分49秒0

・1000m通過:61秒3

・ペース:スローペース(1~2着馬は常に3番手以内)

・レース上がり3F:35秒4(優勝馬同タイム)

 

因みに今回のパドック配信結果は・・・

 

 

▲2着→☆6着→○11着→◎12着でした。

こちらも残念な結果でした・・・。

 

今回の一戦は非常に難解な一戦でしたが

その中でもマキシマムドパリ

85点の仕上がりでした。

 

優勝馬カワキタエンカ

まだツヤも今一で

筋肉の張りは中々でしたが

70~80点くらいの仕上がりでした。

地力の高い馬ですね。

 

2着馬フロンテアクイーン

まだ緩さがあるものの

前走よりも良化しており

85点の仕上がりでした。

次走更に楽しみです。

 

3着馬のレイホーロマンス

馬体重が408kgで-12kgでしたが

実際もかなり小柄に映りました。

ただ、バランスがよく柔軟性があり

80点は付けられました。

成長が感じられます。

 

とにかく80%の馬が非常に多い一戦で

各馬これといった決め手に欠ける印象

は拭えませんでした。

それだけにデータ予想では

なんとかしたいところでしたが・・・。

無念です。

 

代わりといっては何ですが

中山10Rサンシャインステークスのメルマガ配信では・・・

 

 

☆1着→▲2着→◎3着→○4着で、4着以内独占でした(*^^*)

メインレースは難解でしたが

こちらは上手く乗り切れました。

同じ中山競馬場でも

やはり難度にはばらつきが生じますね。

 

今回の中山牝馬ステークス2018は

稍重馬場のハンデ戦でAコース替わり

という事が大きく影響したと思います。

これらをもっと吟味して予想せねばなりませんでした。

 

カワキタエンカの単騎逃げが決まる下地はありました。

見抜けなかったことが残念でなりません。

これからも馬場状態と展開には注意して

当ブログ予想をお届けしたいと思います。

 

いつもご覧くださっている皆さん

誠にありがとうございます。

これからも精進致しますので

どうぞ末永くお付き合いくださいますよう

よろしくお願い申し上げます。

 

*優勝馬カワキタエンカと関係者の皆様、及び馬券的中者の皆様に、心よりお祝い申し上げます。

*パドックロードの実績はパドックロード(2018)3月度会員募集中!よりご覧ください。



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です