ダノンプレミアム快勝!弥生賞2018結果

 

ダービー制覇へ。

そんな予感を覚えた圧勝劇でした。

弥生賞2018の結果は

1番人気ダノンプレミアムが

1馬身半差で快勝しました。

 

今回の回顧では

このダノンプレミアムの強さの秘密と

今後の展望について

お話していきたいと思います。

 

まずは弥生賞の予想と結果からご覧頂き

回顧へ移って参りましょう。

 

<弥生賞2018予想>

◎ダノンプレミアム

○サンリヴァル

▲ワグネリアン

買い目・・・単勝◎・○各100円、ワイドボックス各100円、計500円。

 

はしくれの予想は以上の通りでした。

結果は・・・

 

<弥生賞2018結果>

優勝馬・・・◎ダノンプレミアム

2着馬・・・▲ワグネリアン

3着馬・・・ジャンダルム

(○サンリヴァル4着)

払戻金・・・単勝180円、ワイド150円。

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)

 

ガミってしまいましたが、66%は回収できましたね。

サンリヴァルがハナ差で惜しかったですが・・・

それでは早速、回顧へと移って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

ダノンプレミアムがポンと好スタートを切ります。

特に大きな出遅れはなく

各馬ポジションの探りあいになりました。

外からサンリヴァルが

ダノンプレミアムを制して先頭に立ちます。

 

 

予想時はてっきりリビーリングか

ダノンプレミアムが先頭に立ち

サンリヴァルが2番手の絶好のポジションを取る

と思いましたが

サンリヴァルがあっさり交わして先頭に立ち

代わりにダノンプレミアムが絶好位につけました。

 

 

最初の1000m通過は61秒5。

川田騎手も伸びない最内を避けて

絶妙な位置取り(2番手)で進みます。

ペースと位置取りからこの時点で既に

勝利を予感させてくれた川田騎手は

かなりの好騎乗でした。

 

 

4コーナーです。

ここでダノンプレミアムが

芝の荒れた部分を避けて

一気に先頭を窺います。

 

外で3番人気のオブセッションが

更に外側に逃避しようとし

アサクサスポットに接触したため

ルメール騎手は追えませんでした。

 

また、9頭が映っていますが

初出走のへヴィータンク

唯一画面外の後方に置かれてしまいます。

 

 

最後の直線ではダノンプレミアムが

最内を突いて粘るサンリヴァルをあっさり交わし

外からは末脚自慢のワグネリアンが追い込んできます。

また、インからは芝の良い内2頭分を狙って

武豊騎手のジャンダルムも追撃してきます。

 

サンリヴァルは

「予定通りの走りだった」と

藤岡騎手は回顧していますが

やはり最内で凌ぎ切れるほど

馬場が生きてはいませんでした。

 

 

激しい2~3着争いを尻目に

余裕を持ったままのゴール。

ダノンプレミアムの強さが一際目立った一戦でした。

 

ここで一旦データをまとめます。

 

弥生賞データ

・馬場状態:良。インから2~3頭分外が伸びる馬場

・走破タイム:2分1秒0

・1000m通過:61秒5

・ペース:スローペース

・レース上がり3F:34秒3。ダノンプレミアムは34秒1。

 

それではパドックでの仕上がり

確認して参りましょう。

「パドックロード」の印は以下の通りでした。

 

 

◎1着→○2着→☆3着→▲7着で・・・

やりました、3着独占です(*^^*)!

 

短評にある通り

上位勢は各馬好仕上がりで

1~2着馬は印通りに本線的中となり嬉しいです。

 

この弥生賞のパドックでは

やはり人気馬がよく見えましたが

中でもダノンプレミアムは

まだ伸び白が期待できます。

 

それでは冒頭でお伝えした

この馬の強さの秘密

パドック狂いのはしくれが

解説したいと思います。

 

 

まずこのダノンプレミアムですが・・・

まだ成長しています。

これだけの強さを誇りながら

馬体は未完成で緩い部分もあり

それでいて一目見ると引き込まれる魅力があります。

 

こういう馬は本当に僅かしかいないタイプですから

それだけにはっきりとは魅力を言葉で表せませんが

この未完成でありながら一番良く見えてしまう

のは、同馬の持つ馬体の土台が抜きん出ている証拠です。

 

また、予想時にも馬体面から

万能タイプとお伝えしましたが

距離の壁が存在しないという事は

今回の走りからもお分かり頂けたと思います。

 

ちなみに

馬体から距離適性を見極める方法につきましては

距離適性とは?見極め方法を伝授します!

でお話したので省きますが

こういうスタミナをロスしないスピードタイプは

広い東京コースではより走りやすい

と思います。

つまりこの先のダービーも期待できるでしょう。

 

今後の展望としましては

次走は皐月賞になるでしょうが

出走頭数が増えますので

今回のように楽ができるか

それは正直分かりません。

 

展開と枠順、馬場状態によっては

マークが厳しく進路が取れない事態も想定されます。

ただ前目で競馬ができるので

よっぽど内に入らなければ

基本的には不利を受けにくいと思います。

 

今回もスタートが上手でしたし

まだ上積みが見込めますから

2冠は完全に視野に入った

と言って良いでしょう。

 

ちなみにこのダノンプレミアムですが

仕上がりは90点でした。

実は○を付けたワグネリアンが

はしくれの中では100点でしたが

なんというか雰囲気的に

90点の仕上がりでも100点の仕上げの馬に勝っている

そんな馬なのです。

 

本当にこういう事は滅多にありませんが

これだけ強い競馬をしても

まだ上積みが見込めます。

馬体重が重いので凱旋門賞は微妙ですが

凱旋門賞で日本馬が勝てない理由

3冠を狙うならずっと主役を張れそうです。

 

 

そして2着のワグネリアンですが

この馬は距離に壁がありそう

以前お話しましたが

ワグネリアン快勝!東京スポーツ杯2歳S2017結果

今回は馬体が絞れて

より良い馬になっていました。

 

今回の仕上がりならば

ぎりぎり2400mはこなせておかしくなさそうですが

やはりダノンプレミアムを逆転するのは難しいでしょう。

ただ、この2頭がマイルで戦ったら

その差は接近しそうです。

とにかく好仕上がりが目立つ一頭でした。

 

ジャンダルムはオブセッションと

ほぼ同等に良く見えました。

中山向きの馬体をしており

皐月賞も要注意ですね。

仕上げは95点くらいで

かなり仕上がっていたと思います。

この馬はレースセンスも

メンタルも素晴らしいですね。

 

オブセッションはこれもまた

素晴らしい馬体の持ち主です。

仕上がりとしては95点ですね。

同じ元・藤沢厩舎の

ペルーサとスピルバーグを足して2で割ったような馬体

をしており(分かりづらくて済みません。)

筋肉質でも柔軟性に富んだ楽しみな逸材です。

 

舌を出して走ったり

今回は外に逃避したりと

精神面が成長すればもっと走ってくれるはずです。

ですので今後も全く見限れません。

ただ、飛びが大きいタイプなので

コーナーが広いコースの方が向いていそうです。

 

それと最後に無印にしたサンリヴァルですが

やはり中山向きの馬体が目を引く一頭でした。

ただ、今回は仕上げが80点

上位陣が良かったために外さざるを得ませんでした。

皐月賞に出走すれば状態は上がって来そうですから

まだまだ上位に食い込むチャンスは十分あると思います。

 

と、いうことで・・・。

ダノンプレミアムの強さの秘密は

垢抜けた馬体にあり

距離の壁を感じさせないスタミナも特筆ものです。

その上、好位脚質ですから

レースで不利を受けにくく

今のところ欠点らしい欠点は無い

と言って良いでしょう。

 

ただでさえ素晴らしい馬たちが揃ったこの世代で

これだけの次元を保てる同馬は異質の存在です。

これからどこまで活躍してくれるか

非常に楽しみです(*^^*)

 

ダノンプレミアムの関係者の皆様には

このようなわくわくを与えて下さったことに

この場を借りて心より感謝申し上げます。

 

また、次回の重賞でもパドックロード

気を引き締めて配信に臨みますので

当日の馬体診断がご必要な方はぜひご利用下さい。

そして春競馬を思いっきり

楽しんでいきましょう☆

 

*はしくれのパドックロードは・・・

パドックロード(2018)3月度会員募集中!

のリンクからご覧下さい。



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「ダノンプレミアム快勝!弥生賞2018結果」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です