ワグネリアン快勝!東京スポーツ杯2歳S2017結果

 

小雨が降る中開催された東京スポーツ杯2歳S。

2017年の今年は7頭と少頭数になりましたが、

質の高いメンバーが集って注目が集まりました。

 

断然人気の◎ワグネリアンが快勝しましたが、

今後を占うためにもしっかり、

パドック診断も含めて回顧して行きましょう。

 

それではまずは、はしくれの予想からご覧頂き、

結果の回顧へと参りたいと思います。

予想は以下のとおりでした。

 

<東京スポーツ杯2歳S2017・予想 印&買い目>

◎ワグネリアン

○コスモイグナーツ

▲シャルルマーニュ

☆カフジバンガード

買い目・・・馬連流し◎ー○▲☆、ワイドボックス○▲☆、各100円=計600円。

 

結果はこちらです。

 

 

はしくれ・・・完敗です。

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの◎ワグネリアンは1着でしたが・・・。

 

それでは非常に堅い決着となった東京スポーツ杯2歳Sを、

早速振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

最内枠から○コスモイグナーツがダッシュ良く飛び出します。

2番手にはケワロス、そして3番手にはシャルルマーニュで、

この3頭が先団を形成します。

 

馬群が二つに割れる形で縦長の展開となり、

先行集団もコスモイグナーツが振り切って、

単騎逃げになりました。

 

この時、スタンドで観戦していたはしくれのすぐ近くで、

「そのまま、そのまま」と早くも叫ぶお兄さんがいました。

確かにはしくれもそのまま決まればプラスは確定だったのですが

1000Mの通過タイムがターフヴィジョンに映し出されると、

これは明らかに前に行く馬に厳しい展開とわかりました。

 

 

その1000Mの通過タイムは58秒5。

これにはたまらずお兄さんも、

「無理だよお~!大知~!!」

の一言でした。

 

 

それでも4コーナーを回った時点ではまだ隊列は変わらぬままで、

最後の直線、いよいよ瞬発力の見せ所になりました。

 

 

こうなると俄然、優位なのが末脚自慢のワグネリアンでしたが、

エンジンがかかると凄い勢いで一気に前を飲み込みました。

その後も後続との差は広がるばかりで、

終わってみれば3馬身差の大楽勝。一頭強さが際立ちました。

 

 

2着にはルーカスがなんとか追い上げ、

3着にはシャルルマーニュが粘り、

4着には一旦、2番手もあったカフジバンガードが入りました。

 

終わってみれば人気通りの堅い決着に収まりましたが、

離された2番手以下は大混線の結果でした。

 

的中ならず残念な結果となりましたが、

その代わりパドックはばっちり確認しましたので、

その診断も含めながら、しっかり復習して参りましょう。

 

まず、◎ワグネリアンですが・・・

 

 

これはまた凄い楽しみな馬が現れたなあ

と言う感じです。

 

この馬の特筆すべき点は、

発達したトモの筋肉で、

はしくれの後ろにいたおじさんも、

「すっげえトモ!」

と絶賛していました。

 

この御仁、中々に見る目が有るなと感心しつつ、

はしくれが気になる点も1つ思い浮かびました。

それは…

この馬の距離適性です。

 

ワグネリアンは確かに素晴らしい馬なのですが、

体の作りがずんぐりしていて、いかにも中距離体型です。

こういう馬体はトップスピードに素晴らしいものがある反面、

距離が伸びるとスタミナ面で不安も残ります。

 

もう少し腹袋が小さめならなあ・・・と思いつつ、

ダービーは距離的にギリギリじゃないかと感じました。

 

今回は中距離でしたが、むしろマイラーかもしれません。

血統と馬体がリンクしているタイプだと思います。

ただ、とにかくトモが素晴らしいので、

瞬発力は間違いなく破壊力があるでしょう。

 

 

そして2着のルーカスですが・・・

この馬もかなり良い馬ですね。

ブログ予想では外してしまいましたが、

パドック配信では2番手でした。

因みに配信結果はこちら・・・。

 

 

大本線のワンツーでしたね。

☆のカフジバンガードが3着に入ってくれたら嬉しかったのですが・・・。

 

因みにこの2着のルーカスですが、

こちらはむしろ万能タイプで、

距離が伸びても良いと思います。

 

今回仕上がりが少し緩くて、

間隔が開いた影響はやはり有ったと思います。

ただ、それを差し引いても良い馬体の持ち主で、

兄のモーリスとはまた別のタイプで良い馬だと思います。

こちらは叩いた上積みも見込め、

次走はより怖い存在になりそうです。

 

 

そして3着のシャルルマーニュですが・・・

この馬には驚きました。

 

というのも、馬格は優れていたのですが、

馬体は太め残りだし、

緩さはあるしイレ込んでるしで、

挙げ句速い流れを前で追走して3着に粘り込むとは、

大した勝負根性の持ち主です。

 

今回は相手も強力でしたし、

展開を考えれば、次もまだ十分に上を狙える存在です。

 

 

あとは4着のカフジバンガードも、かなりの好仕上がりでした。

全体の厚みが増せばもっとやれると思います。

バランスの良い馬なので、成績に安定感がある事も頷けます。

現時点ではこの馬なりに、

かなり良い仕上げで臨んだ一戦だったと思います。

 

 

コスモイグナーツに関しては、

もう少し肩の筋肉が付けば面白いと思います。

 

後ろのおじさんも言っていましたが、

父エイシンフラッシュに似て、

馬体に締まったところが有り、

良い所を受け継いでいますね。

 

今回は展開も厳しくなってしまいましたし、

展開に問題が無さそうならば、

次走は見直せる一頭でしょう。

 

・・・それにしてもこのおじさん、中々やりますね・・・(・・+)

 

最後に買い方の反省ですが、

これは流すべきだったなと思っています。

 

本命を外して買う時も、

本命を重視した上で買うように常に心がけたいですね。

今回は高めを狙いすぎてしまった事を反省しています。

申し訳ございませんでした。

 

さて、以上が東京スポーツ杯2歳Sの回顧になりますが、

今回の出走メンバーの今後には、大いに期待が持てました。

 

この世代には既にタワーオブロンドンもいますし、

特にマイル前後の距離では白熱の戦いとなりそうです。

今後も各馬の動向を見守りながら、楽しみにしたいですね。

 

それでは今回は的中とはなりませんでしたが、

また今週の週末も、ぜひ予想をお楽しみになさって下さい。

寒さが増してきていますので、

どうぞお風邪など召しませんよう、どうぞご自愛下さい。

 

勝利されたワグネリアンの関係者の皆様、及び馬券的中者の皆様に、心よりお祝い申し上げます。誠におめでとうございました。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「ワグネリアン快勝!東京スポーツ杯2歳S2017結果」への7件のフィードバック

  1. こんばんわ、はじめまして。ボルタレンと申します。
    競馬歴17年ほどの32歳の男です。
    最近、パドックに興味があって色々調べていたらはしくれさんのところにたどり着きました(^_^)

    パドックの見方をはしくれさんのブログ漁って読み返して多少わかるようになったかなというパドック初心者てす。
    とはいえ、仕上がりの良さは分かるような感じはするんですが、今回のようなワグネリアンの発達したトモというのが、イマイチ判断できません。ルーカスはまだまだこれからかなーという風には感じたんですが…
    他、トモが抜群な馬の例を聞きたいと思いまして。初めてなのに図々しくすいません。
    夜分遅くに申し訳ないです(>_<)

    1. ボルタレンさん、こんばんは。
      コメントありがとうございます(^-^)
      はい、トモとは後肢の筋肉のことで、平たく言えばお尻ですね。
      ここが凄かったのは引退してますが短距離馬ならモーリス、ビッグアーサー、中距離馬ならダイワスカーレットが特に凄かったです。もう、バーンと張ってて一目見て驚きました。
      やはりこのタイプは短距離馬に多いですね。
      ダッシュ力と瞬発力、両方を司る部分です。

  2. 早速の返答ありがとうございます(>_<)

    YouTubeからその3頭しっかり見てみます!
    やはり短距離馬に多いんですね、そうすると、ダイワスカーレットは異色ですかね??

    きっと中長距離馬はそういう筋肉ではないですよね?となるとどう見ればいいのかまた難しい感じがします(^^;)

    1. ありがとうございます(^-^)
      はい、是非その三頭はご覧になってみて下さい。
      あと、そうですね…やはり馬体を見るのは簡単ではないですから、とにかく数をこなして頂きたいというのと、パドックに臨む時は先に距離、コース、クラスを確認しておく事で馬体の特徴を見極めやすくなります。
      お尻は短距離馬だと横から見たときの面積が馬体に対して大きく見えますし、中距離馬だとこちら側に張り出して見えます。これがポイントですね。

      1. 夜遅くなのにありがとうございますm(_ _)m

        とりあえず去年の高松見てみました。
        ビッグアーサーは確かに分かるような感じはしました!と同時にミッキーアイルもいいように感じました!ただアルビアーノはこの2頭とは少し違うかなとも思いましたけど…(^^;)
        やはり数見ることですよね、まだまだ長い道のり…トモを見るだけでも難しいのに

        なるほど、条件を確認してからの方がいいんですね!逆に条件見ないでパドック見てました(^-^;
        がんばって見てみます、ありがとうございます!
        またコメントさせていただきます!

        1. はい、ありがとうございます(^-^)
          ミッキーアイルもアルビアーノも良い馬ですね。
          ミッキーアイル、仰るとおりです。
          はい、慣れれば馬を見てクラスや距離を当てる事も可能ですが、最初は条件を確認した方が効率的だと思います。
          あと、パドックの見方でもお伝えしていますが、あくまで全体を見ることを心がけて下さい。
          一カ所に集中すると分かりづらくなりますから…。
          またのご質問もお待ちしています☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です