ダイヤモンドステークス2018結果&京都牝馬ステークス2018結果

 

通算3度目の優勝。

1番人気に応えたフェイムゲームですが

これでダイヤモンドステークスは

1着→1着→2着→6着→1着

という成績で

長距離巧者健在を強くアピールしました。

 

今回は予想時から

京都牝馬ステークスとの2本立て

でお送り致しましたが

回顧もそのように致しますので

どうぞよろしくお願い致します。

 

それではまず

はしくれの予想からご覧いただき

レースの結果と回顧へと移って参りましょう。

 

<ダイヤモンドステークス2018予想>

◎リッジマン

買い目・・・◎単勝・複勝各200円、計400円。

 

はしくれの予想は以上のとおりでした。

結果は・・・

 

<ダイヤモンドステークス2018結果>

優勝馬・・・フェイムゲーム(462kg)

2着馬・・・◎リッジマン(444kg)

3着・・・ソールインパクト(490kg)

払戻金・・・複勝230円×2=460円

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)

 

それでは次に繋がるような回顧をしていきたいと思います。

 

・馬場状態=良。土煙が上がる乾燥著しい馬場。

・走破タイム=3分31秒6

・1000mの通過タイム=62秒4

・ペース=スローペース

・レース上がり(3ハロン)=35秒8

 

 

まず、優勝馬フェイムゲームですが・・・

同馬はスタート直後にインの中団後方でじっくりと構え

2周目の向こう正面でポジションを押し上げました。

スローと見て動いていった

ルメール騎手の判断が光りましたね。

 

長距離戦のスローペースで前有利となりそうですが

意外と差し馬が強いこのレースの傾向通り

最後は外を回って差した同馬の優勝となりました。

インは変わらず生きていましたが、最後はばらけましたね。

 

ハンデ58,5kgをものともしない走り

を同馬は披露しましたが

同馬の馬体の出来自体は

前走ステイヤーズステークス時より落ちていた

と思います。

 

それでもあっさり勝つのですから

やはり舞台適性を問われるレース

と考えて間違いないでしょう。

走破タイムがこの馬にとってぴったり

でもありました。

 

また、このレースは500kgを超えるような

大型馬があまり来ないレースですが

その傾向通りに3着以内馬が収まりました。

 

それから

パドック速報の結果

は以下のとおりでした。

 

 

☆1着→◎2着→○5着→▲7着です。

メルマガ読者の方から嬉しい的中のメールも頂戴し

本当にありがとうございます(*^^*)

 

それではここからは写真を参考にして

1着~3着馬までの馬体も回顧して参りましょう。

 

 

まず、優勝馬フェイムゲーム

筋肉の張りがまだ万全ではありませんでしたが

それだけに今後も上積みが見込めると思います。

多少冬毛も見られましたが

太め感はない仕上がりで

動きそのものも重たいところはありませんでした。

 

 

2着リッジマンもツヤは今一でしたが

その他の点はバランスよく、全て合格点でした。

444kgにはとても見えない体つきで

大きく見せていたのが好印象でした。

お腹もきっちり絞れていますし

やはり長距離向きの馬体をしていると思います。

 

 

ソールインパクトは少し緩く見えましたが

3着に入線しましたので

これで良かったのかも知れません。

ただ前走ではもっと良く見えたのに11着でしたし

やはり東京コースが合っているのかなという印象です。

この馬は距離適性を推察しにくいタイプでもあり

別段長距離が向いているかは何とも言えないところです。

 

今回は100%の仕上がりの馬がおらず

中々苦労して選びましたが結果には安心しました。

この点では次走以降も上昇する馬が多そうですし

特に上位3頭の今後は注目が必要でしょう。

 




 

それではここからは京都競馬場で開催された

GⅢ京都牝馬ステークス2018

の回顧に参りましょう。

 

はしくれの予想は以下の通りでした。

 

<京都牝馬ステークス2018予想>

◎ミスパンテール

買い目・・・◎単勝・複勝各200円、計400円。

 

それでは結果です。

 

<京都牝馬ステークス2018結果>

優勝馬・・・◎ミスパンテール

2着馬・・・デアレガーロ

3着・・・エスティタート

払戻金・・・単勝310円×2+複勝140円×2=900円

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)

 

それでは回顧に参りましょう。

 

・馬場状態=良。荒れて完全に外差し馬場。

・走破タイム=1分23秒0

・600m通過=36秒1

・ペース=スローペース

・上がり3ハロン=34秒7

 

優勝馬はミスパンテールでした。

芝状態が読みどおりの荒れた外差し馬場でしたが

内側で競馬した馬は全滅の結果でしたね。

 

同馬はスタートを5分に決めて中団に控えましたが

仕掛けどころの4コーナーではエンジンのかかりが遅く

外に振られてヒヤッとする場面もありました。

 

ただ追われてから力強く伸び

隣から差してきたデアレガーロと競り合えたので

最後はスタミナの差もあって差し切りに成功しました。

 

こういう荒れた馬場では設定された距離よりも

長い距離を走れるタイプがやはり強いです。

オーバーシード馬場への適性も

十分見る事ができましたね。

 

ペースは遅かったのですが馬場がタフで

インも伸びない状態なので短距離馬には苦しかったです。

ただ、同馬の状態自体が良かったかというと・・・

 

パドック速報での印は以下のとおりでした。

 

 

◎2着→○5着→▲10着→☆11着です。

なんと、非常に珍しい事に

当ブログ予想の本命馬を抜いてしまっての失敗でした。

 

つまりはしくれの相馬眼では

ミスパンテールは買えなかった

という事になります。

 

これは恐らく

今まで一度も無かった予想パターンですが

それくらいミスパンテールの仕上がりは疑問でした。

更にこのレースのパドックとしては

全体的に仕上がりの良い馬が少なかった

と思います。

 

正直一番手のデアレガーロが唯一の及第点で

全体的に太いか緩いか

という仕上がりが多かったです。

 

特にミスパンテールは体型は維持していましたが

+6kgも出ていましたし発汗も目立ちました。

当ブログ予想がピシャリという結果でしたので

パドック予想にはかなり厳しい一戦だったと思います。

 

これについては

パドックでは分からない3つのこと

にて詳細をご覧下さい。

 

さて

今回の京都牝馬ステークスは

例年にない荒れた馬場を上手く読む事ができました。

これは昨秋から続く流れを見てきた事が役立ちました

ミスパンテールと横山騎手の手が合う事も一因でしょう。

 

これでマイル以下では4-1-0-1となったミスパンテール。

直線坂が有るコースはより向いていそうですし

ヴィクトリアマイルも視野に入って来たことでしょう。

今後もこの路線での活躍が期待できますね。

 

また今回は

両重賞の的中という好結果になりましたが

これに奢らずデータ予想も磨いていく所存です。

 

ご覧下さる皆さんの収支改善のお役に立てますよう

これからも努めて参りますので

どうぞ当ブログを末永くよろしくお願い申し上げます。

 

*好調!はしくれの個人配信

パドック速報「パドックロード」

2月の重賞実績公開中です。

今週末の中山記念・阪急杯も配信予定!

ぜひご覧下さい☆

 




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です