きさらぎ賞2018結果・優勝馬はサトノフェイバー

☆きさらぎ賞2018結果・優勝馬はサトノフェイバー

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

日曜日は京都競馬場でGⅢきさらぎ賞2018が開催されました。

これからのクラシック戦線を占う重要なこの一戦で、

優勝したのは4番人気のサトノフェイバーでした。

 

人気に推されたダノンマジェスティはどんな走りをしたのか。

そして、はしくれが本命◎に推したカツジの着順は・・・。

パドック予想の結果も踏まえて後述したいと思います。

 

それでは先ずははしくれの予想からご覧いただき、

結果の発表へと参りましょう。

 

<きさらぎ賞2018予想・印&買い目>

◎カツジ

○サトノフェイバー

買い目・・・単勝◎・○各100円、馬連&ワイド◎ー○各100円、計400円。

 

それでは結果です。

 

<きさらぎ賞2018結果>

優勝馬・・・○サトノフェイバー

2着・・・グローリーヴェイズ

3着・・・ラセット

(◎カツジ5着)

払戻金・・・単勝690円

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)!

 

はしくれの○サトノフェイバーが見事優勝してくれました・・・!

それでは早速、きさらぎ賞2018の結果を振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

外の方で◎カツジが良いスタートを切ります。

1番人気のダノンマジェスティがやや後手を踏んでいますが、

そこまで大きな出遅れもなく、各馬が飛び出して行きました。

 

 

序盤は何が行くのかという探り合いになりましたが、

やはり大方の予想通りサトノフェイバーが先頭に立ちました。

これに続く2番手にレッドレオン、

3番手にニホンピロタイドが続きます。

 

 

1000mの通過タイムは61秒3というタイム。

序盤もゆったり流れたのでサトノフェイバーは手ごたえ十分です。

このスローペースを読んで動いたM.デムーロ騎手騎乗のグローリーヴェイズが、

外を回って早めに進出、サトノフェイバーに並びかけます。

 

 

4コーナーを回って直線、

サトノフェイバーが手ごたえ良く後続を突き放しますが、

隣で一旦息を入れていたグローリーヴェイズも譲りません。

スローペースと荒れ馬場で後方待機馬は置かれていました。

 

今の馬場はこういう展開になると内が有利な状態でもあり、

粘り込みを図るサトノフェイバーにはこれも追い風になりました。

グローリーヴェイズも必死に追いすがりますが、

僅かなその差が詰まりません。

 

 

結局全てを味方につけたサトノフェイバーがハナ差の先頭でゴール。

デビューからの2連勝を重賞で飾りました。

 

今回は予想通り、馬場・展開がはまってくれました。

◎カツジにとっては少しペースが遅かったようですね。

好スタートからぴったりサトノフェイバーの外を付けられれば良かったのですが、

距離延長の一戦でもあり、難しいところでした。

 

このサトノフェイバーですが、

馬場・展開・血統面(ゼンノロブロイ産駒は先行するとしぶとい)の3拍子が揃い、

またこの血統面の証拠ともなる馬体の仕上がりも一番でした。

 

 

ご覧の通り、はしくれの「パドックロード」の配信結果も◎という結果でした。

4頭の着順は◎1着→▲2着→☆6着→○9着と、

嬉しいワンツーフィニッシュとなりました。

それではここからはパドック診断の解説に参りたいと思います。

 

まず優勝馬サトノフェイバーですが、

同馬は今回100%仕上がっていました。

524kgという大型の馬体ですが、この時期でありながらきっちり絞れていました。

これは見てすぐに本命と決まった程でしたが、

冬場のこの時期にこれだけ見事に仕上げた南井調教師は素晴らしいと思います。

無駄の無い体つき、黒光りする馬体・・・。

この馬はかなり次位を離した仕上がりにありました。

切れ味勝負を挑むよりも粘りが利く大型馬で、先行策がいかにも向いています。

同じサトノの冠名で言えば、サトノノブレスに似たタイプです。

 

次に2着のグローリーヴェイズですが、

こちらもきっちり絞れており、それでいて小さくならずに良い仕上がりにありました。

ただ、やはり馬格の面ではサトノフェイバーが目立ちましたし、

もう一回り成長するかが今後の鍵になりそうです。

毛ヅヤはとても良かったですし、この馬は操縦性に良いものがありますね。

気性の良い小柄なタイプで、小回りも得意そうです。

 

そして3着のラセットですが、

正直はしくれの目には少し馬体が寂しく見えました。

実際馬体重の発表も-6kgと出ていましたし、

この点は数字どおりの仕上がりだったと思われます。

それでも流れが向かない中で3着に食い込んでいますし、

むしろ多少細く見えた方が良いタイプかもしれません。

 

1番人気のダノンマジェスティは9着でしたが、

それほど仕上がりが悪かったとは言えないと思います。

ただ、-6kgの発表でしたが、むしろはしくれにはやや太めに見え、

このあたりの矛盾が結果に繋がったのかもしれません。

ただ、この馬は勝負どころで斜行したりしていますし、

気性の問題で走らなかった可能性も大いにあります。

そういう点では次走以降も狙い辛い一頭です。

 

最後にパドックで☆をつけたスラッシュメタルになりますが、

この馬はいつもパドックでは良く見える一頭です。

線の細さがありますので成長を待った方が良いタイプですが、

バランスの良い体つきで全体的に好感が持てます。

基本的にどんな時でもツヤが良いのも目を引きますし、

これからも活躍の余地は十分にある一頭でしょう。

 

以上がパドック診断の解説になります。

 

上位2頭は好仕上がりで納得の結果でしたが、

展開面が優位に働いたのも間違いないと思います。

とにかく今の京都の芝は相当ダメージを受けていますから、

今回のようなスローペースでは、

最内・前残りのケースに常に警戒が必要でしょう。

 

こういった特殊な馬場状態がいつまで続くか分かりませんが、

あと2週間で重賞が2つ予定されている馬場ですから、

この点はぜひ頭に入れておきたいところです。

 

それでは、きさらぎ賞2018の結果報告は以上となります。

まだまだ寒さが続きますので、

これからも競馬場に足を運ばれる皆様におかれましては、どうぞご自愛下さい。

今回も当ブログをご精読下さいまして、誠にありがとうございました。

 

*優勝馬サトノフェイバーの関係者の皆様、及び馬券的中者の皆様に、心よりお祝い申し上げます。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です