愛知杯2018予想・本命はリカビトス

 

☆愛知杯2018予想・本命はリカビトス

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

13日の土曜日は中京競馬場で、

GⅢ愛知杯2018が開催されます。

 

予想に悩むハンデ戦らしいメンバーとなりましたが、

はしくれは2枠4番のリカビトスに本命◎。

今週から開幕となる中京競馬場ですが、

この時期はとにかく外差しが決まりやすい事を重視しました。

 

詳しい予想の根拠はこのあと解説して参りますので、

まずは予想印と買い目の発表に参りましょう。

 

<愛知杯2018予想 印&買い目>

◎リカビトス

○アンドリエッテ

買い目・・・単勝&複勝◎・○各100円、計400円。




本命◎はリカビトスです。

今回の一戦でまず重視したのは、

開幕週の馬場状態です。

 

愛知杯は例年外差しが決まる特徴のあるレースで、

今年も馬場の発表に特段変わった点がない為、

この傾向は継続されると予想しています。

 

次に重要なレース展開についてですが、

これはタニノアーバンシー陣営が積極的に行くというコメントもあり、

逃げて競馬をするコパノマリーンも外枠から巻いてくるため、

ペースは序盤速めに流れると予想しています。

 

更に当レースの特徴であるハンデ戦の性質から、

斤量の重い人気馬を敢えて買う気にもなれません。

これらの事を総合するとハンデ51kgと軽い上に、

デビューから3戦連続上がり最速を計時している、

リカビトスが浮上しました。

 

同馬は前走・秋華賞では重馬場で出遅れて10着でしたが、

今回は多少の出遅れもカバーできそうな展開予想で、

左回りも2戦2勝と相性の良いコースです。

休養明けは毎度の事で最早馴染みのローテーションで、

経済コースを進んで最後外から一発を狙うと見ます。

 

対抗○にはアンドリエッテです。

同馬は今回3着以内が一度もない2000mに挑戦しますが、

前走の1800m戦も初めて勝利を挙げてきました。

 

東スポの厩舎コメントではこの時期に冬毛が抜けてきたとあり、

これはかなり同馬の代謝が高まっていると見ています。

前走で勝利経験のない距離で勝利して好調も見て取れ、

ハイペースのやや重馬場で上がり最速と内容も濃いです。

 

冬場の芝は基本的に洋芝のオーバーシードで、

力の要る馬場ですからこれも合うと思います。

苦手の左回りも2走前に初めて馬券圏内突入で、

ハンデも手ごろな52kgで波乱演出も有りそうです。

 

買い目は特に単勝狙いで、2頭の単複を買っておきます。

 

さて、愛知杯2018の予想は以上の通りとなります。

2013年には二桁人気馬3頭が上位を独占した当レースですが、

果たして今年はどんな結果が待ち受けているでしょうか。

はしくれも楽しみに、見守りたいと思います。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です