中山金杯2018予想・本命はセダブリランテス

 

☆中山金杯2018予想・本命はセダブリランテス

 

皆さん明けましておめでとうございます。はしくれです。

2018年最初の重賞はこの中山金杯となりますが、

年明け最初のこのレースはハンデ戦という事もあり、

毎年混戦ムードになる事でも知られています。

 

出走メンバーを見渡すと、

ウインブライトやカデナ、

ダイワキャグニーといった明け4歳馬が名を連ねている一戦ですが、

はしくれの本命◎はセダブリランテスに致しました。

 

このセダブリランテスですが、

4歳になったばかりとはいえ、まだ4戦のキャリアと浅く、

それでいてGⅢラジオNIKKEI賞を制するなど、

今年の飛躍に大きな期待のかかる一頭です。

 

前走のアルゼンチン共和国杯の優勝馬・スワーヴリチャードは有馬記念4着で、

このスワーヴリチャードから3馬身差の3着なら力量も十分です。

 

それでは詳しい予想の根拠はこの後に述べるとして、

まずは中山金杯2018の予想と買い目の発表に参りましょう。

 

<中山金杯2018予想 印&買い目>

◎セダブリランテス

買い目・・・単勝◎100円、複勝◎300円、計400円。





本命◎はセダブリランテスです。

同馬は先述したとおり前走アルゼンチン共和国杯3着という成績でしたが、

この時はしくれは実際に同馬を見て、

まだまだ良くなる余地が十分にある事を感じました。

 

それはこの時点ではまだ馬体に緩さがあった事、

完璧に絞りきった状態ではなかったからで、

全体の肉付きに関しても上積みが見込めると思いました。

 

それでいてステイヤーズステークスを完勝したアルバートよりも仕上がりがよく、

中距離向きの体型からも今後の期待が膨らみました。

アルゼンチン共和国杯では3着という成績でしたが、

2500mの舞台よりも2000mは合うはずです。

 

これら馬体の特徴からも今回は狙い目な上、

逃げ馬がマイネルミラノだけという展開も理想的です。

予想としては先行馬が固まって3~4番手あたりを追走すると思いますが、

中山の2000mはスタート後の直線が長い上、急坂が控えています。

前半からあまり飛ばしていく展開にはならないでしょう。

 

また、今週からCコースに変わって芝もきれいな状態ですので、

先行する馬にとっては走りやすいと思われます。

この記事を公開した時点では枠順を考慮していませんが、

スタートの良い同馬の事なら問題はないと思います。

年の初めの重賞を制するのに相応しい一頭でしょう。

 

尚、中山金杯2018の買い目に関してですが、

2017年の当ブログ予想では、必ず相手を立ててきました。

ですが一年予想を公開してみて、

より回収率を上げるために様々な挑戦をすべきだと思いましたし、

今回の予想はその挑戦のひとつです。

良い結果が得られるように、はしくれ自身セダブリランテスを応援したいと思います。

 

また、今年からKLANの終了に伴い出馬表の掲載を廃止しまして、

その分予想の根拠を詳しく記していく所存です。

結果の掲載も形が変わりますが、

何卒ご了承下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

さて、いよいよ真冬の寒さとなり、

競馬場観戦も冷たい風との戦いとなりますが、

皆さんにおかれましては、

お風邪など召しませんよう、どうぞご自愛ください。

そして、2018年最初の中央競馬が楽しいものになりますよう、

心よりお祈り申し上げます。

 

*京都金杯2018のはしくれの無料予想は下記リンクからご覧ください。

京都金杯2018予想




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「中山金杯2018予想・本命はセダブリランテス」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です