ターコイズステークス2017予想・本命はバンゴール

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今週の土曜日には中山競馬場で、

GⅢターコイズステークス2017が開催されます。

 

牝馬限定のハンデ重賞としては今年で3回目の開催となりますが、

第1回は二桁人気馬が3着以内を独占するなど、

難解なイメージの強い重賞レースです。

 

この一戦ではしくれが導き出した本命◎はバンゴールですが、

その予想の根拠は出馬表と印の後にお話したいと思います。

 

それではまずは出馬表からご覧頂き、

予想印と買い目の発表、予想の根拠へと参りましょう。

 

<ターコイズステークス2017出馬表>

 

<ターコイズステークス2017予想 印&買い目>

◎バンゴール

○ラビットラン

▲ペイシャフェリス

買い目・・・単勝◎、ワイド◎~▲ボックス各100円、計400円。

 




 

本命◎はバンゴールです。

今回、予想で重視したのは、

ペース・馬キャラ・オープン実績です。

 

今回で重賞としては3回目を迎えるターコイズステークスですが、

過去2回の傾向を探ると、

ペースによる位置取りの差が結果に反映されている

事が、はっきりと分かります。

 

そこで今回のメンバーを見渡して展開を予想してみましたが、

先手を切るのはおそらく軽量のディープジュエリーか、

ペイシャフェリスのどちらかでしょう。

 

先行馬そのものは揃っているメンバー構成ですが、

はっきりと先手を主張するタイプに乏しいのが特徴で、

このためペースはやや落ち着いてミドル~スローになりそうです。

 

となれば前で競馬ができて、

最後に一脚使えるタイプが理想的です。

その点に加え、同馬は前々走でマイル戦を勝利しており、

距離適性の面からも期待が持てると判断しました。

 

鞍上には先週GⅠを勝利した石橋騎手が騎乗しますし、

府中牝馬ステークスからのローテーションも好感が持てます。

大事に使われながらオープン入りした好素材で、

これからまだまだ活躍できる一頭だと思います。

 

対抗○にはラビットランです。

同馬はダート戦から転向した3走前に芝で勝利し、

その余勢を駆って出たローズステークスを快勝しました。

 

この時負かした相手にはモズカッチャンも居た訳ですが、

秋華賞の重馬場でも中団から競馬を進め、

不利な差し脚質ながら4着に飛び込みました。

 

前出バンゴールよりも重賞実績で勝っており、

過去2回のターコイズステークスの傾向からも、

重賞勝ちは追い風です。

 

スローペースもOKな上、

急坂もこなせるだけのパワーと瞬発力があります。

前走の激走の反動とトップハンデが心配ですが、

総合力の高い同馬なら、期待できると思います。

 

最後に▲はペイシャフェリスです。

同馬は福島牝馬ステークス以来、約8ヶ月振りの実戦になります。

休養に充てて復帰がここまで伸びてしまいましたが、

休み明けのデータに乏しく、それだけに一発が怖い馬です。

 

過去に6ヶ月振りのレースで僅差6着の実績があり、

新馬戦では重賞馬バウンスシャッセの2着もあるので、

休み明けに関しては得意な可能性も有ります。

 

それに加えてオープンクラスで走ってきた実績もありますし、

先手を主張して粘りやすそうな展開も魅力です。

外枠13番のスタートですがスタートは良い馬ですし、

インを取れればハンデ53kgが助けになってくれそうです。

 

中山マイルはこの馬としては最も得意な舞台ですし、

ペースさえ守って行ければ際どい勝負に持ち込めるでしょう。

先行して思い切りの良い、三浦騎手とも合いそうです。

 

買い目はバンゴールの単勝を狙いつつ、ワイドボックスで好配当も狙います。

 

さて、荒れるイメージの強い牝馬限定のハンデ戦ですが、

今年のターコイズステークス2017はどのような結果になるでしょうか。

これから来年を見据える各馬の奮戦が楽しみですね。

 

はしくれも本命◎バンゴールを精一杯応援します。

初の重賞タイトルを取り、

これからの古馬牝馬路線を盛り上げて欲しいところです。

 

それでは、皆さんの馬券の的中と収支改善を祈って・・・。

 

グッドラック☆

 

*GⅠ朝日杯フューチュリティステークスのはしくれの予想はこちらからご覧下さい。



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です