2017みやこステークス結果・優勝馬はテイエムジンソク

皆さんこんにちは、はしくれです。

先日の日曜日には京都競馬場で、

GⅢみやこステークスが開催されました。

 

人気2頭が大外枠に入って波乱ムードが漂いましたが、

終わってみれば大外枠のテイエムジンソクの快勝でした。

まだまだ予想家としての詰めの甘さを痛感しますが、

しっかりと回顧をして、次に繋げたいと思います。

 

それではまずははしくれの予想からご覧頂き、

みやこステークスの結果を回顧して参りましょう。

予想は以下の通りでした。

 

<2017 みやこステークス予想 印&買い目>

◎モルトベーネ

○キングズガード

▲エピカリス

☆タガノヴェリテ

買い目・・・単勝◎・○各100円、ワイドボックス◎○▲各100円、ワイド◎ー☆100円、計600円。

 

それでは結果です。

 

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、大変申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの◎モルトベーネは5着・・・。

早速みやこステークスを振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

なんとはしくれの◎モルトベーネが出遅れます。

発走前には穴人気を集めていたトップディーヴォが除外となり、

波乱のムードが漂いましたが、

とにかく、モルトベーネはこれで一気に窮地に立たされました。

これにははしくれも思わずわっと声を上げてしまいました。

 

大外枠からテイエムジンソクが仕掛けて行くかと思いきや、

先手を切って逃げたのはサルサディオーネでした。

テイエムジンソクは古川騎手がそろっと追い出して先団、

外目から追走して上手く流れに乗りました。

 

 

1000mの通過タイムは60秒1。

予想通りのハイペースになりましたが、

出遅れて追い出して行った◎モルトベーネが気掛かりでした。

そんな中、4コーナーを回るテイエムジンソクが更に勢いを増します。

 

 

直線に入ってからは独走状態になりまして、

2番手に追い上げてきたルールソヴァールが粘ります。

このルールソヴァールが前を必死に追いかけますが、

離れた差は圧倒的で、全く縮まりませんでした。

 

エピカリスが後退し、

キングズガードやモルトベーネがようやく後方から追い上げてきましたが・・・。

最後は後続を完全に振り切ったまま、悠々のゴールでした。

 

 

しかしテイエムジンソクは、本当に強かったですね。

大外枠に入った2頭からはエピカリスを選びましたが、

同馬が精彩を欠く中での、

見事な重賞初制覇でした。

 

このあたり、人馬の絆を大事にする竹園オーナーのお手馬で、

前走の敗戦を糧に、見事にチームで巻き返してきました。

 

対してはしくれの◎モルトベーネは5着。

出遅れて厳しい流れになったとはいえ、

残念な結果でした。

 

今回のみやこステークスの最大の敗因は、

テイエムジンソクの強さをはかりきれなかった事です。

 

やはり予想時には印を下げる事はあっても、

バッサリと切ってしまったのはさすがにまずかったと思います。

充実度の高い同馬の無印の決断を、

大外枠の影響ひとつで決断したのは早計でした。

大変、申し訳ございませんでした。

 

さて、この結果でテイエムジンソクは、

ダート中距離路線で注目の存在となりました。

JBCが終わって間もないですが、

チャンピオンカップに向けて順調に進んでほしいですね。

 

また、今回敗れたエピカリスですが、

好仕上がりの馬が少ない中で、一番良い出来に見えたのですが・・・。

大外枠の影響は、この馬に有ったかなとも思います。

馬体には問題が無いだけに、まだ見限れないと思います。

 

それでは、今回は残念でしたが、

はしくれもまた精進致しまして、的中をお届けして行きたいと思います。

皆さんにはどうぞこれからも引き続き、

当ブログをご覧下されば幸いです。

 

また、テイエムジンソクの関係者の方々、

及び馬券的中者の皆様に心よりお祝い申し上げます。

今回は本当に、おめでとうございました。

 

明日は京王杯2歳ステークスの回顧をお送り致しますので、

そちらもぜひ、ご覧になって下さいね☆

 




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です