2017みやこステークス予想・本命はモルトベーネ

皆さんこんにちは、はしくれです。

今年は3歳馬エピカリスの参戦に注目が集まる

GⅢみやこステークスですが、

枠順を見てびっくり、

同馬はなんと大外枠に入ってしまいました。

 

それというのも過去7回の開催を分析すると、

8枠馬の馬券圏内が一度も無いという状況だからで、

更に人気を分け合うテイエムジンソクと揃っての大外枠という、

何やら波乱含みの枠順となってしまいました。

 

この結果を受けてはしくれが

本命◎に指名したのが、最内枠のモルトベーネ。

前走のシリウスステークスでは11着に敗れていますが、

果たしてこれを巻き返す走りができるかどうか・・・。

 

その根拠は出馬表の後に記述しました。

それでは、どうぞご覧下さい。

 

 

<2017 みやこステークス予想 印&買い目>

◎モルトベーネ

○キングズガード

▲エピカリス

☆タガノヴェリテ

買い目・・・単勝◎・○各100円、ワイドボックス◎○▲各100円、ワイド◎ー☆100円、計600円。




本命◎はモルトベーネです。

今回、同馬を本命に据えた最大の理由は、

人気両頭が揃って大外枠を引いた事によります。

 

過去7年のデータしかないこのみやこステークスですが、

8枠馬の不振だけでなく、

そもそも外枠各馬の活躍があまり見られません。

 

乾いたダートで先行有利な京都1800mの舞台ですから、

当然スタートさえ五分に決めれば、内枠馬が有利です。

同馬は前走11着と大きく敗れてはいますが、

2走前のアンタレスステークスでは、

ロンドンタウンに快勝しました。

 

このロンドンタウンはエルムステークスでテイエムジンソクを破っていますし、

着差の比較から言えば、こちらが上と見る事もできます。

また、前走は5ヶ月振りの実戦だった事もありますし、

一叩きされた今回は、上昇の余地は大きいでしょう。

 

最内枠からスタート五分なら、

勝機は十分あると思います。

 

対抗○にはキングズガードです。

同馬は2走前、プロキオンステークスで、

念願の重賞ウィナーの仲間入りを果たしました。

 

これまでの戦跡からも1400mはベストでしょうが、

実は一度だけ経験した1800m戦も2着と好走例があります。

特にこのみやこステークスでは、

上がり最速馬の馬券圏内が7年で6度と突出しており、

後方から鋭く切れる同馬には追い風になるデータです。

 

枠も外目の6番枠ならむしろ競馬はしやすいでしょうし、

テイエムジンソクが引っ張る事から最後流れも向いて来そうです。

関西圏ではデビュー戦を除く19戦全てで3着以内で、

地の利を生かす立場となるのは間違いなくこの馬でしょう。

 

そして▲にエピカリスです。

大外枠に入った事は残念でなりませんが、

それでも期待を抱かせるだけの素質を感じるのが同馬です。

 

人気を背負って3着に終わったレパードステークスの結果を見ても、

それほど信頼が置けるかどうかはまだはっきりとは分かりません。

それでも1番人気の馬券圏内という役目はきっちり果たしましたし、

今回は外枠故にマークが薄くなるのは良いです。

 

この前走では海外の除外明けとベストとは言えない状態でしたし、

全馬にマークされる立場で辛かったと思います。

バランスに優れた馬で、スタミナ十分の体つきです。

多少外を回したとしても、持ち堪えられると思います。

 

最後は☆にタガノヴェリテです。

同馬は今回3番枠と、ロスのないところを引き当てました。

前走の平城京ステークスで、

有望株のテンザワールドに快勝、

勢いに乗るセン馬というのも怖い存在です。

 

データ的にも4コーナーで上昇を開始するのは吉で、

勝負になる位置取りから競馬ができる期待があります。

ペースを作るテイエムジンソクが大外から先行すれば、

ペースが速くなりやすい為、最後の一差しも有り得ます。

枠、展開、勢い、共に侮れない一頭です。

 

買い目は単勝オッズがつくので、◎・○の単勝を重視し、ワイドを足して臨みます。

 

さて、波乱含みの枠順となった今回のみやこステークスですが、

ゴール地点ではどんな結果が待ち受けているでしょうか。

JBCは終わりましたが、

チャンピオンズカップに東京大賞典と、

ダート路線もビッグレースが続く季節です。

その後のレースが楽しみになるような、

各馬の活躍に期待しましょう。

 

それでは、皆さんの競馬観戦が、

良いものになりますように・・・。

3日間開催の最終日も、楽しんで参りましょう。

グッドラック☆

 

アルゼンチン共和国杯の予想はこちらからご覧ください。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「2017みやこステークス予想・本命はモルトベーネ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です