2017新潟記念予想&小倉2歳ステークス予想

皆さんこんにちは、はしくれです。

いよいよ夏競馬も最終章。

新潟競馬場では「サマー2000シリーズ」の最終戦、

新潟記念が行われます。

 

また小倉競馬場では、

今年の桜花賞馬レーヌミノルを排出した、

小倉2歳ステークスも開催。

両重賞が夏競馬に最後の華を添えます。

 

土曜日を4週連続のプラスで乗り切ったはしくれ、

今回もじっくりと予想しましたので、

どうぞご覧ください。

 

それではまず、新潟競馬場で開催される

新潟記念の予想

から参りましょう。

出馬表とはしくれの予想は、以下の通りです。

 

 

<2017 新潟記念予想 印&買い目>

◎アストラエンブレム

○ハッピーモーメント

▲ロッカフラベイビー

☆タツゴウゲキ

買い目・・・ワイドボックス各100円、計600円。




本命◎はこの馬にしました。

今回の新潟記念は、

大外枠のウインガナドルがハナを切り、

レースを引っ張る展開が予想されます。

 

馬場状態も内目が伸びにくくなってきている事から、

コーナーをロスなく先行して、

最後外に持ち出して仕掛けるパターンが好走の鍵になりそうです。

 

新潟の外回りである程度瞬発力も必要ですし、

コース適性の高い同馬なら本命に推せると判断しました。

今回は休み明けですが、

実績がありますし、

騎手の手腕も頼みです。

 

○はハッピーモーメントです。

同馬も休み明けですが、

2-2-1-2の実績の通り、休み明けは得意です。

当ブログでは目黒記念時に本命に推し、

見事13番人気で3着入着と期待に応えてくれました。

 

この事からも長距離志向があるように思われますが、

実際は2000mでも2勝しており、

今回の距離も守備範囲です。

ミドルスローは得手のタイプで、

展開もはまりそうです。

 

▲はロッカフラベイビーです。

新潟記念は荒れ傾向が目立つ夏競馬らしい重賞ですが、

穴馬の傾向として同馬はかなり合致します。

それは、

上がり最速が見込める、追い込みの軽量馬

というものです。

 

同馬は前走の佐渡ステークスで優勝、

オープン入りを果たしたばかりですが、

その末脚は2戦連続上がり最速、

この脚力は十分に通用すると思います。

 

☆はタツゴウゲキです。

同馬は新潟記念の好走ローテである、

小倉記念を優勝。

着差こそ僅かでしたが、

仕上がりの良さが目を引きました。

 

ここに来て急成長してきた夏の上がり馬で、

1枠1番は不利な枠ですが、

旬の力でカバーできると思います。

鞍上も小倉記念でピンチヒッターとして活躍した秋山騎手で、

同騎手の連続騎乗も好感です。

 

買い目は荒れ傾向に注意して、ワイドボックスで行きたいと思います。




それでは次に、

小倉2歳ステークスの予想

に参りたいと思います。

出馬表とはしくれの予想は以下の通りです。

 

 

<2017 小倉2歳ステークス予想 印&買い目>

◎モズスーパーフレア

○ヴァイザー

▲スーサンドン

☆アイアンクロー

買い目・・・ワイドボックス各100円、計600円。

 

本命◎はこの馬です。

同馬は新馬戦を好タイムで快勝してきましたが、

その反動もなく、

カイバも順調に食べているという情報が出ています。

牝馬ですが馬格があり、

タフさが備わっているのは完成度が高い証拠です。

 

また、このレースは先行力がモノを言いますが、

同馬は十分クリアしており、

初戦の内容からも、番手でも競馬ができそうです。

スタートも良く、大崩れは考えにくい一頭です。

 

○はヴァイザーです。

同馬は開幕週の阪神芝1400m戦を、

1分21秒9の好タイムで快勝しました。

好位で折り合って抜け出したレース振りは、

高いセンスを感じさせるもので、

先行馬乱立のここでも自分の競馬ができそうです。

 

スタミナ切れに不安がないので、

飛ばして行っても問題ないと判断。

ゆったりと使われているローテーションも好感です。

 

▲はスーサンドン

ここ数年、勝ち星を伸ばして来ている和田騎手ですが、

今回の相棒は、新馬戦からの連続騎乗の同馬になります。

ここは人気上位の馬のレースを見てきた回数も多く、

実際に和田騎手が跨った馬も見受けられる一戦です。

 

その中から選んだ同馬は、

馬主・調教師とも縁のある馬でもあり、

和田騎手渾身の騎乗が期待できます。

追い通しの競馬にも対応可能な同騎手なら、

外枠からのスタートでも持たせられそうです。

 

☆はアイアンクローです。

メンバーを見渡すと殆どが先行馬なのですが、

その中で差して結果を出してきた同馬を最後に選出しました。

 

同馬の前走はフェニックス賞で、

1番人気で3着と人気を裏切ってしまいましたが、

新馬戦からのタイムは、きちんと詰めてきました。

差して上がりも2位を記録と、

2戦連続で早い上がりを使っているのも特徴です。

 

鞍上の浜中騎手は、

当レースの過去10年で4勝と相性が良く、

昨年もレーヌミノルで見事優勝しています。

前がバテる展開なら、同馬に浮上の目がありそうです。

 

買い目はワイドボックスで、的中の抜けを防止します。

 

さて、

以上で今年の夏競馬の予想は全て終了となります。

いつもご覧下さっている皆さんには、

心より感謝申し上げます。

 

この夏最後の思い出に、

当ブログ予想がお役に立ち、

皆さんが的中を手にされますよう・・・

心から祈っています。




 

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です