買い目の点数は6点以内、競馬を長く続けていくなら・・・

 

う~ん、馬連にしようかな

それともワイドにしようかな・・・

あ!単複も良いよね・・・

 

馬券を買う段になると

わたしたちは迷うものです。

 

そこで今日は

当ブログがこだわっている

買い目の点数は6点以内

という数字について

詳しく説明したいと思います。

 

競馬が当たらない理由は大きく分けて二つある

という事は以前

こちら の記事でお話しましたが

 

馬券の種類や組み合わせ次第では

予想の印が今一つでも

利益を出す事が可能です。

 

当ブログは基本的に

お小遣いで競馬を楽しむ方向け

に作成していますから

大きく当てに行く三連系馬券よりも

単複がメインです。

 

そして、お小遣いで競馬を楽しむ方に向けて

それこそ

お小遣いの範囲内で買える総額を重視

しています。

 

その為

購入金額が抑えられ

且つ多くの馬券種を扱える

買い目の点数は6点まで

を実践しています。

 

 

6点までと決まっていれば

今後どれくらいお金がかかって

どれくらい当たれば安泰なのか

という計算もしやすいです。

 

また、「競馬のいろは」を覚えて頂き

自身の馬券に活かすとき

馬券の式別選択の悩み

を大きくしないためにも

基本的な馬券の扱いを少点数でお見せしたい

と思っています。

 

それでは、前置きはこれくらいにして

実際に買い目が6点あれば

どんな馬券が買えるのか

を実例を踏まえて説明したいと思います。

(実例はレース結果のリンクをご参照下さい)

 

 

まず、何と言っても6点という数字は

馬連・ワイドのボックス馬券を買うのに適している

と言えます。

 

これは

当ブログの予想印の基本が、4つまで

という事と関係がありますが

その4頭でボックスを組んだ場合は

買い目が丁度6点となります。

( 夏至ステークス結果 )

 

そしてこのボックス馬券の6点は

もし印を3頭に絞った場合

馬連・ワイド両方のボックスが買える点数

でもあるのです。

 

更に、6点という数字は偶数ですから

応援馬券を買う際も使い勝手が良いんです。

 

単・複を同時に買う時

割り切れない数字だと

応援馬券は買えません。

 

その点、6点という数字なら

予想印を3頭に絞り

3頭の応援馬券をそれぞれ買う

という方法も取れるわけです。

函館スプリントステークス結果 )

 

そして

大きく狙いたい時にも、この6点買いは役に立ちます。

三連単を買う時は

◎→○▲△の2~3着づけや、◎→○▲→○▲△×のように

本命◎を1着固定で流せば良いのです。

 

するとこれも買い目は丁度6点。

三連単なので難度は高くなります

はしくれは個人的に

何度もこの馬券にはお世話になりました。

福島牝馬ステークス結果:大川の予想より )

 

馬連やワイドの流し馬券でも

本命を軸に固定すれば

◎から○▲△それぞれに流せます

 

買い目の点数は6点もあれば

かなりの数の馬券を扱う事ができます。

 

はしくれは

競馬は一点に大きく張るより

買い目を工夫して利益を上げる

のを信条にしていますから

馬券の扱いに慣れるためにも

この6点買いはおすすめです。

 

 

ところで

利益を大きくしたい

と思ったら

あなたはどうしていますか?

 

はしくれは普段から6点買いが普通ですが

自信のレースはこれに倍額賭ければいい

と思っています。

 

そもそも

不慣れな三連単で勝負に出ても、そうそう当たるものではありません。

かと言って

単・複だけでは足りない事もあります。

 

これは扱い慣れた上ですべき事だと思いますが

単純に倍額賭けるというだけの方法でも

三連単にも劣らない爆発力

きっと実感できる事でしょう。

 

とにかく

競馬は買い目を鍛えないと

中々勝たせて貰えません。

 

もしあなたが

予想の印が良くても馬券が中々当たらない

という時は

ぜひこの機会に買い目の点数の見直し

されてみてはいかがでしょうか。

 

競馬予想は

印と買い目が噛み合って初めて利益を産む

ものです。

 

あなたどうかも挫けずに

ぜひ楽しんで買い目の上達をされて下さい。

その馬券のヒントをこれからもお届けできるよう

当ブログは努めて参ります。

 

それでは最後に今回のまとめをして

お別れする事に致しましょう。

 

☆買い目は6点以内(まとめ)

 

・お小遣いで買える総額である

・十分な馬券種を扱える

・資金計算が容易

・買い目出しに悩みにくい

・ボックス・流しが使える

・勝負時は倍額にすればいい

 

以上です。

 

6点以内の買い目に慣れて

更なる上達を目指しましょう!




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「買い目の点数は6点以内、競馬を長く続けていくなら・・・」への5件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です