競馬の賞金の内訳は?誰にどれくらい渡るの?

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

毎週開催される中央競馬でありますが、

その中でも破格の賞金が設定されているレースがあります。

そう、メインの重賞レースですね。

 

その1着賞金となれば、1億円を超えるものもあり

やはりそれだけ注目度の高いレースと言えるわけです。

1億と言えば大金ですが、

この宝くじのようなお金がどのように支払われているか、

皆さんはご存知でしょうか?

 

お金の流れには理由がある、

それがビジネスの鉄則ですから、

競馬の収支改善にもこれは関わってくることです。

今日はこの賞金の使われ方について

分かりやすくお話したいと思います。

 

まず、賞金の中で一番の取り分を得るのは誰でしょうか?

え?全部馬主じゃないのかって?

これは違います。

では何割でしょうか??

・・・考えても分かりませんよね(汗)

正解は8割です。

 

馬が有っての競馬ですから、

馬主が一番取り分が多いのですが、

まずはその8割を馬主が持っていきます。

 

1億円なら8千万円、豪気な話であります。

で、これが高い割合かどうか?

これは様々議論されますが、

ここではまず、

残りの取り分の割り振りを見ていく事にしましょう。

 

 

では、次に賞金を多く取るのは誰になるのか。

それは・・・。

馬を管理している調教師、これが1割を持っていきます。

 

え?そうなの?調教師ってそんなに偉いの?

とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、

この方達が割合を多く取ることは、非常に重要な事なんです。

 

なぜならば、

調教師は馬を管理すると同時に、

複数いる厩務員(きゅうむいん・世話する人)の給料や、馬のケアの為に必要な道具、

飼い葉などの必要経費を、自分で賄っているからです。

 

ご存知無い方は調教師と言うと、

馬のお尻を気持ちよく叩く方という(?)

漠然としたイメージをお持ちかもしれませんが、

調教師の仕事というのは、

一言で言えばビジネスなんです。

馬を預かっている厩舎(きゅうしゃ)の経営、社長にあたるのがこの方達です。

 

では、残りの1割は?

この1割は・・・実は5分ずつ分かれます。

その内一つが騎手であり、

もう一つが厩務員です。

 

これはどういう事なのか。

考えてみると競馬というものが良く分かります。

命がけで乗っている騎手がたったの5%で、

苦労してお世話している厩務員が同じく5%。

その上に厩舎経営をしている調教師が10%で、

所有するだけの馬主が80%。

これって何か不思議じゃないですか?

はしくれは最初、この事実がとても不思議に感じられました。

 

だって、ファンにとって身近なのは馬主じゃありません。

馬券で競馬が成り立ってるのに、

ファンに近い方々の取り分が少ないというのは

おかしいじゃないか、と。

 

しかし、競馬はビジネスですから、

胴元に近い存在がもちろん優先になるのです。

ここに実は馬券の収支改善のポイントが潜んでいます。

 

 

ではこの事実を、どう考えるか見て行きましょう。

まず、馬主です。

この方達は普段忙しい方が多いです。

その上、レースの場所が住居と遠ければ、

愛馬を逐一見に行くという事も中々出来るものではありません。

 

ダイユウサクという馬が有馬記念を勝った時、

勝つと思っていなかった馬主がその場にいなかった為に、

表彰式には他の関係者が出ざるを得なかった

というエピソードもあるくらいです。

 

ですが、もし馬主の住んでいる場所の近くで競馬があるとしたら、

どうでしょうか?

観戦機会も自然と増えます。

これを良く競馬会では「馬主のお膝元」とか言うのですが、

こうなると調教師はアピールの為にも仕上げて出す事が多いです。

 

ちょうどサラリーマンが、上司が近くに居るときに背筋が伸びるようなものです。

となれば、これを馬券の組み立てに活かす手はあります。

実際にはパドックで確認すべきですが、

新聞やデータで予想する際、馬主の地元が把握できれば

予想に活かす事も可能になってくるのです。

 

次に調教師ですが、

この方達の手腕としては、良い馬を馬主に預けてもらう

という、これが一番です。

 

まずは素質の高い馬を仕入れる。

これが何より大切です。

そうでなければ、結果を出すことはできません。

馬を買ってくれる馬主というのはこの方達にとって、

間違いなく生命線なのです。

その為、馬主の前では無様な競馬は出来ないのです。

 

 

そして騎手。

これはもう言わずもがな、良い馬に乗りたいことは間違いありません。

 

となれば、馬主とのパイプ、

そして管理する調教師との信頼は、

絶対に裏切れないところです。

 

ですから、この要素が噛み合った場合、

好走確率が上がることは目に見えています。

競馬はチームプレイなのです。

 

最後に厩務員ですが、

これは調教師の判断どおりに馬作りをしていく役目です。

ですので、この方個人の影響力というよりは

厩舎の思惑が強く作用している、

という考えが成り立ちます。

 

もちろん、

馬の健康状態を直接把握する方達ですから、

そのコメントには十分単独の価値があります。

ただ、馬券としては厩舎力への寄与

という面が大事でしょう。

 

いかがでしたでしょうか。

今回は賞金がどのように渡っているかを見ることで、

競馬界の仕組みの一つをざっとお伝えしてきました。

 

馬券を組み立てる上で、これらの知識は役に立ちます。

以前もお話した事ですが、この世界は「知る者が強い世界」です。

時には馬を見つめるのではなく、人を見つめる、

という発想も必要です。

 

収支改善の為に役立つ知識は色んな所に眠っています。

はしくれも時間をかけてこれらを吟味してきました。

これからも沢山の情報の中から、

役立つ記事をお伝えしたいと思います。

 

それでは今度の週末を楽しみにしながら・・・。

ここで失礼致します。


職人競馬論

*今回お伝えしたように、馬ではなく人に重点を置いた予想の仕方があります。

「職人競馬論」ではそれを簡単に説明し、馬券の組み立てに応用しています。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です