分かりやすいパドックでの勝負気配

(*写真は、サウンドトゥルーという現役の名馬なのですが、

目をつぶっているのがお分かり頂けますでしょうか・・・?)

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

唐突な質問で失礼致しました。

今日お話しする内容は、

パドックで馬を選ぶときの

「分かりやすい勝負気配の読み方」

についてです。

 

経験が無い方でも分かりやすい内緒話を、

このブログを読んで下さったあなたにだけ、

今回、お話してしまおうと思います。

それではご覧下さい。




・・・早速ですが皆さんは、

パドックで馬を選ぶ時、

どのような情報を元に

判断を下していますか?

 

上の写真の馬みたいに、

眉間に意識を集中させて、

目をつぶり、

そして直感を頼りにしていますか?

 

それともじっくり細部を観察して、

なめるように尻尾の先まで見ますか?

 

・・・実ははしくれも「直感を大事」にしているのですが、

はしくれが思うにそういう直感はただの勘ではなく、

今まで見てきた馬達の膨大なデータがあるおかげで、閃いているもの

だと思っていまして・・・。

 

その為、初心者の方がいきなり

これをアテにするのは危険かと思います・・・。

 

そこで!

初心者の方はまず、このポイントに注目してみて下さい・・・。

それは・・・

 

 

「スーツ(&ネクタイ)」です!

 

・・・・・・え?

と思ったあなた、ごめんなさい。

 

だって、馬の話してたら、いきなりスーツって・・・。

って、普通は思いますよね。

でも実はこれ、間違いじゃないんです。

 

パドックの馬って、

必ずその馬を連れている人がいますよね・・・。

 

これは馬が寝泊りしている「厩舎」(きゅうしゃ)のスタッフの方で、

「厩務員」と言うのですが、

この方達がしているファッションが、

競馬において何の意味もないなんてこと、

有ります?

 

実はこの方々の服装には、

重要なサイン

が隠されているのです・・・。

そのサインとは・・・。

 

ずばり!

「自分の馬が勝ったとき、写真撮影をする為に身なりを整えている」

というサインです!

 

 

これは意外と知られていない事実で、

実ははしくれが知ったのも、

競馬を始めて随分経ってからでした・・・。

 

・・・・どうです?

馬を見るにはそれなりの経験が必要ですが、

この方法なら誰でもすぐ、簡単にマスターできます。

 

もちろん、複数の馬が「自分の馬が勝つ」

と思われているようなレースでは、

スーツ姿の厩務員さんは多くなります。

ですが、逆に少ない時は・・・。狙い目です。

はしくれは実際にこの理論で、馬券を獲った事があります。

 

また、この方法には一つ注意点が有るのですが、

「厩務員さんがジャンパーを着ている事がある」

というのがそれです。

 

冬は寒いので当然なのですが、

これではスーツが隠れてしまいます。

百人一首の「隠れ坊主」、蝉丸みたいですね。

 

ですがこの場合は

ズボンを見れば一発

で見破れますのでご安心を。

 

・・・いかがでしたか?

馬にばかり目を向けていると気付かないポイントですが、

このような判断方法もパドックには有るのです。

競馬の奥深さを少しでも、感じて頂けましたでしょうか・・・?

 

*本格的にパドックの見方を知りたい方はこちら。

「パドックの見方、お教えします!」

*競馬に関わる職人達から、馬券のアプローチをする方法はこちら。

職人競馬論



 

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です