パドックは当たる!

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は「パドックは当たるのか?」

という疑問にお答えするべく、

パドック狂いのはしくれがお話をさせて頂きます。

どうぞよろしくお願い致します。

 

では、この質問にいきなり、お答えする事に致しましょう。

パドックは当たるのか?

答えは「当たる」です。

 

そもそもなぜこのような質問が出るのかが、

はしくれには良く分かります。

 

皆さんの中には、

「馬なんてどれも同じ」

に見えている方が多いのではないでしょうか?

これは決して恥ずかしい事ではありません。

かく言うはしくれも皆さんと同様、

最初のうちは、皆同じに見えていました。

 

パドックに信憑性が有るか無いかの議論というのは、

そもそも競馬サークルの人間でさえ、

馬が見た目では分からないと思っている事が原因です。

ちょっとこの事実には驚かれるかも知れませんが、

これは本当に事実ですので、今回はその内容をお話しましょう。

 

まず、天才・武豊騎手の発言ですが、

「皆さん良くパドック見ただけで馬が分かりますね」

というセリフを、

以前テレビでされていたのを、はしくれは記憶しております。

 

これは騎手独特の発言と言えるのですが、

馬に跨って馬の状態を確かめられるジョッキーは、

その精度よりも不確実な、見た目を重視しない傾向

があると思います。

 

これは、「崖っぷちジョッキー」を執筆された、

谷中公一元騎手も本の中で紹介しているのですが、

「騎手は馬に乗ればその馬の強さが分かる」

という話からも、騎手特有の現象だと判断できます。

 

この谷中騎手、中央の騎手時代、地方競馬の馬券を買って外し、

見た目では馬は分からないし、負けて野次を飛ばした

という逸話も綴っていますね。

本自体が大変面白いので、よろしければこちらから。

 

とにかく、

馬に乗って勝負を賭けるジョッキーですら分からないパドックを、

ずぶの素人の私達が分からないのは当たり前

と考えてしまうのも納得です。

 

ですが、これは違います。

様々な競馬の本も使って馬の見方を勉強してきたはしくれですが、

はしくれが納得行く見方は、今まで一つも本の中には有りませんでした。

これでは分かる人が増えないのは当たり前だと思います。

 

そもそも相馬眼というものは、

馬を取引するときに、馬の値段を決める為にこそ重要

なものです。

 

馬券を買うときに必要となるのは、あくまでファン目線での話。

走る馬を見抜く事は、仔馬が産まれた瞬間から始まっています。

 

こういう馬産に関わるプロが、

自身で執筆して世に相馬眼を問う事は殆ど有りませんし、

抽象的な話も多く、まとまらないのが現実でしょう。

よく、「分かっていれば教えられるはず」

という言葉を耳にしますが、

理解する事と教える事は、全く別の技術です。

 

以上のような事から、良く知りもしない方が

パドックは当たらないなどと話していると、

はしくれは「そんな事ありません」と反論したくなります。

 

因みに、現役のパドック解説者で相馬眼が優れているのは

元騎手の細江純子さんです。

この方はフジテレビ系の日曜の競馬番組に出演されていますので、

解説を聞いてみるのも良いかと思います。

地上波で無料、プロの解説が聞けるなんて素晴らしい事です。

この方は元騎手ですが、必死に勉強されたのでしょうね。

ご立派です。

 

さて、はしくれのパドック論ですが、

それは以下のリンクに任せるとします。

パドックの見方、お教えします!

 

細江さんは細かく解説して下さいますが、

はしくれは要点重視ですので、

抑えるべきポイントは少ないです。

せっかくの極意なので、ぜひ使ってみて下さい。

パドックの見方が変わりますよ。






投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

“パドックは当たる!” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です