単複を笑うものは単複に泣く

こんにちは、はしくれです。

皆さんは、馬券の種類は何が一番お好きですか?

高配当が狙える三連単馬券ですか?

それともwin5(ウインファイブ)

 

馬券の種類は数あれど、

はしくれが最も好きな馬券はずばり、「応援馬券」です。

 

これは2006年10月7日から全国発売された馬券で、

馬券の中では比較的新しい部類に入ります。

 

ですが、この応援馬券の中身というのは

選んだ馬の単勝+複勝ですので、

馬券の中では最も歴史ある二つの式別を、

セットにしただけの馬券と言えます。

 

ではなぜこの「応援馬券」が最も好きなのかと言いますと・・・。

それは馬券に「がんばれ!」という文字が印字されている事と、

馬券を買う上で必要な要素が、一枚に詰まっているから

という理由です。

 

 

馬券を買う上で必要な要素と言えば、

「勝ち馬を当てる事=1着馬を当てる事」

であり、

「自信に応じて式別を選んでいく事」

だと昨日お話しました。

 

これらは実際馬券を買う段階になると

非常に頭を悩ませるところで、

オッズや賭け金、お財布の状況に応じて、

更に事態は混迷を深めてしまいます。

 

その上はしくれはパドック党なので、

パドックを見終わってからの馬券検討時間は僅か15分ほど、

毎回毎回、発券窓口の締め切り時間との戦いになってしまいます。

 

人間、焦ると上手くいかないものですから、

とにかく本命を選び抜いたら、

迷わず、そして時間をかけずに買える応援馬券は

買い目を間違えるリスクも減らせる、非常に親切な馬券

だとはしくれは思うのです。

 

 

ここで更に突っ込んだ話をしましょう。

 

勝ち馬予想をしっかりとやって、

馬券の買い目を応援馬券にしたとしましょう。

もし単勝オッズが2倍前後の馬だったら・・・あなたは買いますか?

 

この買い目では利益が出づらいのではないか?

という考えも、当然あるかと思います。

 

ですが何度もお伝えしてきたように、

馬券の回収率が100%を上回る事が、どれだけ大変な事か。

それを思い出してください。

 

全てのレースで難度の高い馬券を取るのは不可能です。

競馬をやり続けていく時に、意識する必要がある重要な事は何でしたでしょう?

そう、勝てないまでも、負けない競馬ができる事です。

 

高額の払い戻しを妄想するのは勝手ですが、

そもそも本命が選び切れているなら、

その馬だけで勝負をかければ良いだけです。

 

とはいえ、競馬に絶対は有りませんし、

選び切れたと思っても、2着になる事はしばしばあります。

ですから、長く続けていく上でも、

複勝で回収できるという事は、次に繋げていく上で重要です。

不的中が重なると、精神の安定がはかれずに、

自滅してしまうのは良くある話です。

 

 

今回の表題は、

「単複を笑うものは単複に泣く」でした。

応援馬券の凄いところは、

3着以内に応援した馬が来さえすれば、50%以上の回収が約束される

事にあります。

 

もちろんこの論理なら複勝だけを買い続けるのも手です。

ですがこれは、「勝ち馬を予想する」

という競馬本来の在り方ではありませんし、

何よりも予想力の低下が懸念されます。

 

1着を狙い続けるからこそ、当たる論理が築かれていく

とはしくれは信じています。

 

ですから、複雑な馬券ですっからかんになるよりも、

回収しながら上が目指せる、応援馬券や単勝・複勝の存在

皆さんにもっと身近に感じて頂けたら幸いです。

 

単複を笑うものは単複に泣く。

買い目に迷ったとき、

あくまで単複が競馬の基本である事を、

皆さんが思い出して下さる事を願って。





にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です