ドバイワールドカップ2017速報

こんばんは、はしくれです。

ドバイワールドカップの前に!なんと、日本馬が快挙です!

 

同じくGⅠのドバイターフを・・・。

なんと、日本の所属馬ヴィブロスが快勝してくれました!!

おめでとうございます!

なんと、13頭立ての10頭目辺りの後方からレースを進め、
最後の直線に向くとインを強襲、
詰まった内側から切り替えて、
最後外から差し切る素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました!

馬主はあの野球界の元名投手、ハマの大魔神・佐々木主浩さんです。
野球界を引退しても、馬主として素晴らしい活躍をみせている同氏、
本当におめでとうございます!

さあ、盛り上がって参りました!これは次も楽しみです・・・!

ドバイターフ 芝1800m 優勝馬ヴィブロス 優勝騎手J.モレイラ 1着賞金360万米ドル タイム1分50秒2 半馬身差

次はドバイシーマクラシックです。

ここにはサウンズオブアースが出走しましたが・・・。

結果は6着でした!・・・残念!

道中はゆったりと外目の4番手を追走も・・・最後は失速。

勝ったのはイギリスのジャックホブスでした。
パドックからはち切れんばかりの好馬体が目につきましたが・・・。
やはり、それに違わず直線抜け出しての快勝でした。

 

ドバイシーマクラシック 芝2410m 優勝馬ジャックホブス 優勝騎手W.ビュイック 優勝賞金360万米ドル タイム2分32秒39 2馬身半差

そしていよいよ、ドバイワールドカップの速報です!

勝ったのは・・・やはり!アロゲートでした!!

単勝1.1倍の圧倒的人気に応え、2分2秒15の好タイムで快勝しました!

道中は後方3番手からと、この馬には無い後ろからの位置取り。
全ての競馬ファンが息を呑む中、
最終コーナーから何もかもを飲み込むような捲りを繰り出して1着。
日本馬はアウォーディーの5着が最先着でした・・・。

これで、2001年から世界の賞金王だった、
日本のテイエムオペラオーを抜いて、世界歴代賞金王に輝きました。

テイエムオペラオーの大大大ファンだったはしくれには複雑ですが、
アロゲートの恐るべき強さには正直感嘆しました。

歓喜の渦に消えていくアロゲートとスミス騎手・・・。
世界の分厚い壁を感じずにはいられない一戦でした。
現在世界ランク1位の馬ですが、
これは世界歴代の名馬の中でも、トップクラスの活躍と言えるでしょう。

アメリカの皆さん、おめでとうございます!

ドバイワールドカップ オールウェザー2000m 優勝馬アロゲート 優勝騎手M.スミス 優勝賞金600万米ドル タイム2分2秒15 2馬身半差

アウォーディー5着
ラニ8着
アポロケンタッキー9着
ゴールドドリーム14着

はしくれとしては初めての速報記事で、拙い点も多かったと思います。
最後までお付き合い下さった皆様、本当にありがとうございました!

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です