最高に嬉しかった昇竜ステークス

こんにちは、はしくれです。

今日はあまりに感動した、
中京10レース「昇竜ステークス」
について感想を述べたいと思います。

今日の昇竜ステークスの勝ち馬ですが、なんとなんと・・・
はしくれの大大大好きなテイエムオペラオーの仔、「テイエムヒッタマゲ」でありました!うわ~!おめでとうございます!(拍手)

今から19年前、はしくれは馬券こそ買えませんでしたが、競馬を見始めた最初の頃、一番に好きになったのがテイエムオペラオーでした。
オペラオーの誕生日が明日に迫った今日、出走頭数も僅かな子供達の中から、まさか「中央のオープン勝ち馬」が出ようとは、夢にも思わない、夢のような出来事でした。

このテイエムヒッタマゲ、驚くべきは、オーナーの意地で配合され続けたテイエム牧場生産馬なのであります。なにが驚きって、九州産馬が限定戦以外の「中央の平地オープン」を勝利するなんて、8年振りの快挙なんです!

これははしくれの調べによりますが、最後に九州産限定戦以外で、中央の平地オープンを勝った九州産馬というのは、2009年1月18日の紅梅ステークスを勝ったコウエイハート以来になります。

また、オペラオー産駒としては、同じく2009年5月16日に、テイエムトッパズレ京都ハイジャンプでGⅡを勝っていますが、九州産限定戦以外では、中央の平地オープン勝利馬は2008年8月30日の、阿蘇ステークスを勝利したダイナミックグロウ(オペラオーの産まれ故郷、北海道・浦河の杵臼牧場生産馬)以来、実に9年振りの快挙でありました(感涙)。

まさにオーナーの意地と、今尚残る根強いファンの祈りの賜物であった今日の昇竜ステークス。テイエム牧場(及び九州)産の中央平地オープン勝ち馬は、オペラオー産駒としては初の快挙。本当におめでとうございます!

今日の昇竜ステークスはきっと、竹園オーナーやオペラオーファンの方々、そしてはしくれにとっても、心に残る忘れられないレースとなるでしょう。北海道産馬が全盛の競馬界ではありますが、オペラオーに良く似た金色の馬体を弾ませて、頑張ってくれる「テイエムヒッタマゲ」が、これからも元気に末永く活躍してくれる事を心から願い、そして応援したいと思います。頑張れ!

※馬名の意味・・・馬名の「ヒッタマゲ」とは九州弁で、「ひったまげた」=「大変驚いた」という意味です。馬名通りの「驚き」をこれからも与えてくれる事を願っています。

※データ・・・勝ちタイム1分25秒3(1400m)、上がり3ハロン37秒2、1枠1番、田中健騎手56kg、9番人気、482kg。福島信晴調教師、竹園正継オーナー。鹿児島・テイエム牧場生産、栗毛、牡3歳(2014年4月4日生まれ)。父テイエムオペラオー、母テイエムクレナイ(母父ティンバーカントリー)。



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

“最高に嬉しかった昇竜ステークス” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です