競馬をどうやって楽しむか?⑤

こんにちは、はしくれです。

今回は馬券を買ってからの続き、

おススメの観戦スポットについてお話したいと思います。

 

さあ、馬券を手にして発走が迫ったら、まずは外に出ましょう!

競馬場のスタンドからは、広い空と遠くの景色が広がっています。

特に東京競馬場は、西側(外に出て右手)に、

天気が良ければ富士山を望む事ができます。

日本一の競馬場から、日本一の富士山が見えるとは、何と素晴らしい光景でしょう。

その富士山に近づくように、スタンドの外を歩いて、まずはゴール前を目指しましょう。

なんと言っても最初は、

雌雄を決するゴールの瞬間をこの目に焼き付けたい

ところです。

 

ゴールを目指すには、

コース内に立つゴール板を目がけて進んで下さい。

この場所のスタンド観覧席は大抵混んでいますので、

もし座席を確保される時は、早めの行動が吉でしょう。

ここでは、立ち見を想定していますが、

空いていれば座っての観戦も良いものです。

 

東京競馬場のターフヴィジョンはとにかく大きく、

それ自体が見ものですが、

レース映像が映し出されると、その迫力に圧倒されます。

画面の中に吸い込まれるような引力を感じずには居られません。

発走が近づくとテンポの良い音楽が鳴り、いよいよ発走となります。

 

ファンファーレがなり、馬達がゲートに収まりました。

「スタートしましたー!」

競馬ファンにはお馴染みのフレーズでレースが幕を開けます。

自分の応援していた馬は何番だっけ・・・。と、

握り締めた馬券を確かめる人もいます。

短距離戦なら約1分、長距離戦なら3分程、

僅かの時間が永遠に感じられるときです。

 

さあ、レースも中盤を迎え、

徐々に進出を開始する各馬が、

3コーナーから名物の大欅(けやき)を回って、

いよいよ最後の4コーナーへと差し掛かって参りました!

ここからが勝負どころ!

 

あなたの応援する馬が、

騎手と一体になって東京コースの坂を駆け上がってきます!

ゴール板はまだ遠く、今はヴィジョンに視線が釘付けです!

隣の馬との競り合いはもつれにもつれ、

いよいよ肉眼ではっきりと捉える事ができました!

ここで、応援馬券に書かれたとおり、声を出して叫びます!「がんばれ!」

 

ドドドッ、ドドドッ!ターフを蹴り上げる蹄の音が胸の鼓動に重なります。

周りの人も、スタンドの上階からも、声援は飛んできます。

恥ずかしい事はありません。必死に応援しましょう、「がんばれー!!」

 

・・・勝負は写真判定にもつれ込みました。

ゴール前にいたあなたなら、その結果が分かっているかもしれません。

着順掲示板に中々表示されない1着、2着に気を揉みつつも、

期待感を拭う事ができません。

3着でも的中の応援馬券ですが、せっかくなら勝っていて欲しい・・・。

そんな思いが頭を過ぎります。

 

そして・・・あ、たった今、着順掲示板に数字が表示されました!

結果は・・・。

あなたの馬の番号が一番上に表示されています!あなたの馬の勝利です!

おめでとうございます!

 

いかがでしたか?

ドキュメントタッチで説明致しましたが、

臨場感を味わって頂ければ幸いです。

 

やはり、接戦時のゴールほど緊迫するシーンは有りません。

この緊張感は競馬の醍醐味です。

 

このゴール前の他にも、

観戦スポットは多々有りますが、

最初の経験としてはこれが一番だと、はしくれは思います。

これを一度経験してしまったら、もう後には戻れなくなりますよ!

 

(・・・次回は、「馬券の払戻し」についてお話したいと思います。)




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です